イケメン 戦国 光秀 情熱。 イケメン戦国、情熱と幸福の違いは?

[イケメン戦国]織田信長 攻略

」 そう言うと、信長は一筋の涙を流します。 これ以上ないくらいの幸せに、くらくらとめまいがする。 今度は、俺たちが報いる番です。 常に百歩以上こはるから離れていろ」 義元「顔も見えないよ、それじゃ」 光秀「では千歩」 義元「増えたよね」 「あの、光秀さん……、もしかして焼きもちですか? なんて……」 光秀「そうだが、何か?」 っ、冗談のつもりだったのに…… 平然と言い返され、頬がカッと熱くなる。 私はここで出会った人たちと……光秀さんと、新しい人生を歩むって」 目を見開く佐助くんに、私は自然と微笑んでいた。 敵軍である佐助くんは危険と知りながらも、主人公のために陣営までやってきてくれたのでした。 日ノ本全土を手に入れようとなさっている。

Next

【イケメン戦国】光秀をリアルタイムで一緒に攻略ー情熱の恋ルート編|アリポの乙女な世界

つかいで出ていたらしい政宗の家臣の方たちが、本能寺へと帰ってきた。 それを知った主人公は自分がこれまでの信長を変えてしまったことを謝ります。 義元「……」 「佐助くん……!?」 佐助「ひとまずこの場を離れてもらいます、義元さん」 義元「佐助、俺は美術品収集の途中で……」 きのこに伸ばされた義元さんの腕を、佐助くんがパシッと叩く。 こうして安土に戻って来られて。 そこにやってくる三成くん。 あ・・・GO繋がりで実はハリポタGO! Contents• 「た・・・たびたびご迷惑をおかけして、すみません」 政宗「謝るなよ。

Next

【イケメン戦国】光秀をリアルタイムで一緒に攻略ー情熱の恋ルート編|アリポの乙女な世界

顔ぶれさえわかれば、計画の目的もおのずと読み解ける」 じゃあ、サプライズ帰還祝いの計画はバレバレだったんだ……。 湖に落ちたり、肩撃たれたり、炎に巻かれたり・・・・俺のいろんな初体験をことごとく奪っていったからな、お前は」 できれば一生味わいたくない初めてばかりですね 「うっ・・・・・・」 意地悪く微笑まれて、いろんな記憶が脳裏をよぎる。 「この花畑って・・・もしかして佐助くんを見送ったときに、野営したところ?」 政宗「ああ。 再び戦が起これば、ためらいなく刀を抜き何も感じず人を斬るだろう。 俺とひとつ、約束をしろ」 約束……? 光秀「お前は金輪際、戦場に立ち入るな」 「え……?」 光秀「できることなら、義元殿の説得にもお前を連れて来たくはなかった。 その代わり、俺が、お前を絶対に幸せにしてやる。

Next

「イケメン戦国 THE STAGE ~織田信長編~ 」情熱ルート GW直前 ニコ生3夜連続ふりかえり上映会 DAY2

どうやら、天はこの俺を生かす気がないらしい」 信長が息を詰めたのと同時に、また雷鳴が鳴り響きます。 お前なら、泣いて喜ぶかと思ったんだが。 光秀に張り付かせていた使者がもたらした知らせに、本能寺で負った傷口が疼く。 人の手が造りだす美も素晴らしいけど、自然の生みだす美も格別だ」 相変わらずマイペース……。 義元殿の元へ急ぐぞ」 ………… いた……! 森の奥深くを流れる小川のほとりで、義元さんはひとりきりでうずくまっていた。 生涯かけても、貴様を愛し足りない」 そう言うと、首元を甘噛みする信長。

Next

イケメン戦国 明智光秀の攻略~情熱ルート~

顔、熱くなってきた…… 光秀「三日後には休みが取れる。 すると、 「信長軍が謙信の城を突破した」という報告が。 (てか、佐助くんすごすぎじゃない!? 光秀「信長様。 (久しぶりに、みんなに会えるんだ・・・!) 「・・・・でも、平気かな?無断でいなくなった私が、突然帰ったりして・・」 政宗「大丈夫だ。 九兵衛「光秀様、先ほど美香様が出ていかれるのが見えましたが……」 光秀「問題ない。 これは別記事に詳細を書いていますので、ここでは割愛します。

Next

【イケメン戦国】光秀をリアルタイムで一緒に攻略ー情熱の恋ルート編|アリポの乙女な世界

Profile CV: 杉田 智和 誕生日: 5月12日 身長: 179. だから私も、何があってもあきらめないよ) 「私、できる限り長生きしようと思う」 政宗「・・・どうした突然?」 「政宗の隣で、できるだけ長生きして、死ぬ時まで笑ってる」 決意を込めてほほ笑むと、政宗も微笑み返してくれた。 指先で、そっとなぞった瞬間…… ……! 思い、出した………) 《本能寺跡地》 三ヶ月後、佐助くんと連絡を取り合っていた主人公は二人で始まりの場所である本能寺跡地で待ち合わせをしました。 これじゃ前に逆戻り……それどころか悪化してる 「真実のすべてを明かすのは無理でも、町の人たちに理解してもらう方法を探しませんか?」 光秀「やれやれ。 でも……私はあなたに触れずにいられません…。 この愛が、私のすべてだから 暗い廊下を、光る瞳を見つめ合いながら、ゆっくりとふたりで歩み——— 忘れられない夜が、また始まる。 信長のもとに急ぐ主人公を尻目に 二人がちょっとだけ嫉妬?? バスルームに向かい、シャワーのノズルをひねった時、 ん?これ、なんだろう…?) 肩にうっすら、赤い花びらのような痕が残っているのに気づく主人公。

Next

[イケメン戦国]明智光秀 攻略

政宗が本能寺で火事に巻き込まれて、おまけに冴が行方知れずと聞いて、相当に取り乱していたように見えたからな、お前」 家康「・・・・気のせいじゃないですか」 光秀「そうだったか?」 取り乱す家康・・・すっごいみたい 家康の本心を見透かすように片眉を上げて、光秀が笑う。 与次郎「あ・・・ようやくあがりましたね」 話していると、不意に近くから空高く立ち上る煙が目に留まった。 ふわっと体が浮かんで、腕の中に抱きかかえられる。 光秀さんは最強ですから!」 何があったって光秀さんなら大丈夫、そう信じてる。 使用画像の転載・配布等は禁止しております。

Next

イケメン戦国 THE STAGE ~織田信長編~

《夕方 陣中》 信長が進軍を開始してから数時間後、次々に運ばれてくるけが人の看病に追われているうちに陽が沈んでいきます。 貴様を置いて行きたくなくなる」 「どうすれば、貴様は笑う?」 『では、一つだけ約束してください』 『今すぐじゃなくていいから……刀を置いて、休んでください』 『戦のことなんて考えないで、私とのんびりお茶でもしながら、楽しい話だけをして過ごしてください』 (この時代の恋愛って女性は心休まることないんでしょうね……) 「…良いだろう。 私の幸せは、政宗と一緒じゃないと、ありえないから) 出会ったばかりのころから、幾度となく触れ合わせた唇を重ねる。 光秀「約束は破る方が得意だが……今回ばかりは、果たすとしよう」 額に、触れるだけのキスを落とされる。 わかってたけどww) 素直に嬉しがる主人公ですが、その裏腹、信長に対する心配がこみ上げます。 あのようなことさえなければ、下賎な女の顔を私が覚えていることなどないのだがのう」 義昭の使者「光秀はや上杉武田の家臣と組み、いずれこの城へ攻め込むつもりのようです。

Next