グランド ハイエース キャンピングカー。 【アウトドア派必見】キャンピングカー、車中泊ならトヨタのハイエース! オススメのアウトドアグッズも合わせてご紹介

ハイエース・キャンピングカーの中古車

0 G-e グランドキャビン ディーゼルターボ 4WD• 7 グランドキャビン ファインテックツアラー• ナッツRV グランツの内装アレコレ 2004年製造で全体的に古い仕様で目新しさはないのですが、当時ですでに完成されたレイアウトで使い勝手も良好なグランツの内装をご覧ください。 キャブコンに多く採用されている常設2段ベッド+4人掛けの対面ダイネットを実現しており、室内の広さもしっかりと確保されています。 走行中の車内。 底冷えを制するものは冬キャンプを制す! テントシューズを履こう 家でも使いたくなる暖かさ! montbell モンベル エクセロフト フットウォーマー アウトドア用のテントシューズは、車中泊で足元を温めてくれる保温グッズです。 ハイエースのキャンピングカーにどこまでの装備を求めるのか 荷室のサイズをチェックして決めたい車中泊仕様のハイエース を車中泊仕様にカスタムする人のほとんどはハイエースバン、もしくはハイエースワゴンをベースにするはずです。 標準ボディ(ナローボディとも呼ばれます)の車幅は1695㎜でワイドボディが1880㎜、立体駐車場の車幅制限は1800㎜ほどなので、そこが心配な方は標準ボディを選んでください。

Next

グランドハイエース キャンピングカーの中古車を探すなら【グーネット中古車】|トヨタの中古車情報

4L V型6気筒エンジンを搭載しています。 冬の車中泊ではエンジンのかけっぱなしは危険 車中泊で寒さに耐えるには、エンジンをかけてエアコンを使用すれば寒くないのでは?と考えている方も居るでしょう。 車への負担や環境に良くないという面もありますが、眠っている間エンジンをかけっぱなしにしておくというのは、実はとても危険な行為です。 2000年4月発売モデルについては、「G エアロストームエディション」「G Xエディション」などのグレードに加え、特別仕様車として「G Lエディション」がラインナップされており、それぞれにガソリンエンジン仕様とディーゼルエンジン仕様が用意されています。 お金をかけてしっかりと作られた車でした。 常設二段ベッド下へは外からもアクセス可能で外部収納も兼ねます。 その辺りについてはで解説していますので、よろしければご覧ください。

Next

“趣味部屋”にしたくなる! 木造小屋風ハイエース「リトリート」【Go To OUTDOOR】

その他、トラックの荷台にキャンピング装備を載せたり降ろしたりできる「ピックアップキャビン」や、必要なときだけキャンプ仕様のトレーラーを牽引する形もありますが、日本ではあまり一般的ではありません。 コードレスなのでどこにでも持ち運べますし、繰り返し何度でも使えます。 もちろんリモートワークにもマッチします。 0 X グランドキャビン ディーゼルターボ• 排気ガスが室内に溜まってしまうと、寝ているあいだに一酸化炭素中毒で命を落とす危険性があるのです。 0 スーパーカスタム トリプルムーンルーフ• 0 クルージングキャビンG ディーゼルターボ• 最近の豪華で利用勝手の良いキャンピングカーに比べれば必要最小限な装備ではありますが、その分故障の心配が少なく、過不足ない仕様になっています。 立体駐車場にハイエースを停めるならボディサイズを知っておこう ちなみに、立体駐車場にハイエースを入れる人もいるでしょうから駐車場のボディサイズ制限についても説明しておきましょう。 フレックスはハイエースでのアウトドアライフをオススメします! これから車中泊をはじめてみようという方は、これらの防寒グッズを用意してぜひ冬のオートキャンプを楽しんでください! でも、そもそも泊まる車はどれがいいの? そんな風に思う方もいるかもしれませんね。

Next

キャンピングカー ナッツRV グランツ(グランドハイエース 特装車ベース)

グランドハイエースベースのキャンピングカーは、いまでも人気が高いモデルです。 冬にキャンプへ出かけたり車中泊する時の寝袋は、体温を正常に保つための必需品と言えるでしょう。 きっと好みのカスタム車が見つかりますよ。 しかし、この夏の必需品が冬の車内の寒さ対策にも役立つということをご存じでしょうか? 車内に寒さが侵入してくる最大の原因は窓から伝わってくる冷気です。 ポジションランプ(車幅灯)はちょっと暗いです。 キャンパー特装車とも呼ばれていて、通常のグランドハイエースに比べて長いホイールベースが特徴です。

Next

グランドハイエース キャンピングカーの中古車を探すなら【グーネット中古車】|トヨタの中古車情報

その他 エントランスに入ってすぐ左側に靴箱。 8 デラックス ロング ディーゼル 4WD• 寝返りも余裕で打てます。 ディーゼル仕様車は現在のクリーンガス規制前のモデルなので購入時には注意が必要です。 さらに、車体の走行距離は120,000キロオーバー。 車中泊で力を発揮するのはもちろんですが、フットウォーマーは自宅内で使用してもOK! ソファに座ってテレビを見る、寝転がってスマホを見る、またはイスに座ってパソコンを使うなんて時でも、足元から暖かくできるフットウォーマーはあると便利なアイテムです。

Next

トヨタ待望の新型ワゴン「グランエース」が登場! キャンピングカーに変身できる?

7 ウェルキャブ ウェルジョイン ロング GLベース 4WD• 7 ウェルキャブ 送迎仕様車 スーパーロング 4WD• 同じくより。 7 GL ロング ファインテックツアラー• ・寝袋 まず用意しておきたいのが寝袋です。 詳細なシートの紹介は別の記事で行いますが、自由なシート配置ができるのは下記の図でご理解いただけるでしょう。 全長5. 7 DX ロング ミドルルーフ• 97m・全高1. ・保温シート 色々な断熱シートがありますが、災害時などにも活躍するアルミ製の保温シートはかなりの優れものです。 しかし、アウトドアブランドとして実績を持つPatagoniaのアンダーウェアは、通常のものとは保温性も着心地も違います。

Next

トヨタ待望の新型ワゴン「グランエース」が登場! キャンピングカーに変身できる?

また、シートについては、フロントシートの座面からサードシートのシートバックまでフラットにできる他、セカンドシートとサードシートを対面にすることも可能です。 寝袋と共に使うと保温性を高めてくれるため、冬場にあると役立ちます。 車体後部の上部収納キャビネット。 それでも購入価格は300万と少し。 さらにハイエースは、ありとあらゆるシートアレンジが可能だということも、人気の理由です。 では、どのような防寒グッズを準備しておくと安心なのでしょうか? 一例をあげてみました。 容量はそれなりですが、キャンプ道具一式は全て納まるかな? 車体右側からもベッド下へアクセスできます。

Next