メキタジン。 医療用医薬品 : メキタジン

メキタジン錠3mg「日医工」

2mg)。 主な副作用 浮腫、過敏症、発疹、光線過敏症、眠気、倦怠感、ふらふら感、頭痛、眩暈、興奮、口渇 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、血圧低下、呼吸困難、咽頭浮腫、蕁麻疹、嘔気、肝機能障害、黄疸、AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、劇症肝炎、血小板減少 上記以外の副作用 胃部不快感、下痢、便秘、食欲不振、嘔吐、胃痛、腹痛、胸部苦悶感、心悸亢進、排尿困難、咽頭痛、顔面潮紅、視調節障害、月経異常、味覚異常、口内しびれ感 メキタジン錠3mg「日医工」の用法・用量• まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。 続いてメキタジン錠、最後にザイザル錠の順で眠いです。 • 中枢神経抑制薬(抗てんかん薬など) メキタジンと中枢神経抑制薬はともに脳の働きを抑える効果があります。 また、メキタジン(商品名:ゼスラン、ニポラジン)はヒスタミンを阻害するだけでなく、他の作用機序によってもアレルギーを抑制します。 • 過敏症(薬物アレルギー)が重篤になると、呼吸困難、意識障害が起こり、最悪の場合死に至ることもあり危険です。 症状が出たら、早急に対処することが重要です。

Next

メキタジン

発疹が出る(皮膚症状)• スポンサーリンク メキタジン ゼスラン・ニポラジン の効果、効能とは? メキタジンは 「抗ヒスタミン剤」と呼ばれる薬の一つで、アレルギー反応を抑えてくれる薬です。 また第2世代の方がヒスタミンにのみ集中的に作用するため、余計な部位への作用が少なく、これも副作用を低下させる理由となっています。 効能・効果 [ ]• その他:3mL、0. なお、年令、症状に応じて適宜増減する。 スルタミシリン(ユナシン)は細菌感染症に用いるペニシリン系抗生物質です。 抗アレルギー作用のあるフェリカス菌をはじめ、多くの乳酸菌が含まれています。 他の抗ヒスタミン薬と比較しても低い数値と言えるでしょう。 3).血液:血小板減少[発現した場合には投与を中止する]。

Next

メキタジン錠3mg「日医工」

わたしはこれで「117点」取れました。 2016年11月6日閲覧。 生じうる副作用として多いのは、• 鼻炎や花粉症用とパッケージには書かれているけれど、同じ成分なら鼻かぜにも使えるはず。 さらに抗コリン作用によって胃の中の食べ物、飲み物は腸の方へ送られにくくなります。 しかし今まで飲んできた薬の中では、なかなか眠気が強い方だと感じました。 逆に気管支平滑筋が弛緩する(ゆるむ)と気管支の管にかかる圧力が軽減され、気管支の中の空洞は広くなります。

Next

動物などによるアレルギー症状に│ムヒDC速溶錠│池田模範堂

メキタジンはヒスタミンのはたらきをブロックすることでアレルギー症状を抑えます。 インフルエンザや水ぼうそうの際にも使用することができます。 本剤の中枢神経抑制作用により、作用が増強されることがある。 アトピー性皮膚炎に対しては、かゆみの軽減効果を期待して処方されます。 これは気管支にも同様に働きます。

Next

メキタジン錠を飲んだら眠気が…

スギ花粉に対して免疫が攻撃を始めると、花粉症を発症します。 バラシクロビル(バルトレックス)は単純疱疹(ヘルペス)、水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹、性器ヘルペスの治療に用いられる抗ウイルス薬です。 眼圧の上昇によって視神経が損傷を受け、緑内障が悪化してしまうのです。 花粉、ハウスダストなどによる鼻のアレルギー症状に効果を発揮する。 鼻水・鼻づまりに苦しめられていたので、飲んでみるとなかなか良い感じで効きました。 ただし、頻度不明なので%が細かく分からないのが残念です。 なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。

Next

【新製品】「メキタジン」6mg配合のアレルギー性鼻炎薬発売 佐藤製薬|薬事日報ウェブサイト

ホスホマイシン(ホスミシン)は細菌感染症に用いられる抗生物質です。 エリスロマイシン(エリスロシン)はマクロライド系抗生物質で細菌感染症の治療に用いられる薬です。 気管支喘息は気管支が狭窄、つまり気管支の内側の空間が狭くなることによって、空気の通りが悪くなり、息苦しさ、ヒューヒューという呼吸音、咳などの症状を引き起こす病気です。 アレルギー薬の眠気について詳しく知りたい方は、下記の記事が参考になると思います。 下部尿路の閉塞性疾患とは、文字通り、尿路の下部で尿路が塞がって尿が出にくくなる疾患のことをいい、前立腺肥大症に伴う排尿困難がこれの代表例です。 これはメキタジンのメリットの1つと言えるでしょう。 またメキタジンは主に「抗ヒスタミン作用」によってアレルギー症状を抑えますが、それ以外にもロイコトリエンやプロスタグランジンなどなど多くのケミカルメディエーターの作用を抑えるはたらきもあり、これもアレルギー症状を改善させるために役立っています。

Next

メキタジンの効果と副作用【アレルギー疾患治療薬】

メキタジンの眠気の副作用は少ないものの、生じないというわけではありません。 感染症を発症したとしても、免疫が正常であれば病気から立ち直ることができます。 確かにポリフェノールには抗酸化作用がありますが、それ以外にも抗アレルギー作用もあります。 比較的最近出た薬になるので、薬の効果は強い部類に入ります。 ルパタジン(ルパフィン)は抗ヒスタミン薬の一種で、体内でヒスタミンの働きを抑制し、アレルギー性鼻炎や皮膚のかゆみ、じんましんの症状を改善します。 次に口渇などの抗コリン作用。 動悸(ドキドキ感)• 抗ヒスタミン剤の中でも、副作用が少ない方• 他に肝機能障害が見られる場合もあります。

Next