アメリカ コロナ トランプ。 新型コロナで「中国たたき」を強めるトランプ大統領の狙いとは?:日経ビジネス電子版

【アメリカ発】コロナ治療の本命は「トランプの薬」だった!?|NEWSポストセブン

このように、経済活動再開を巡っても、共和VS民主の構図がはっきりと見て取れる。 米ワシントン・ポスト紙の集計によれば、グーグルで「コロナウイルス」というワードを検索する割合が、2016年の大統領選挙でトランプ大統領が勝った州で上昇し、3月第1週の時点で民主党のクリントン候補が勝った州と同程度になった。 メディアが報じるほとんどすべてのHCQ研究は、入院患者を対象に行われたものだ。 4月、国立アレルギー感染症研究所の所長であり、政府の「コロナウイルス・タスクフォース」の一員であるは、新型コロナの感染拡大は 「科学的に安全で効果のあるワクチンが開発されるまで、ソーシャルディスタンスなどの対策をしなくても良いレベルにまでは収束しない」と話している。 ポンペオ長官は4月22日には、世界保健機関(WHO)への迅速な報告などを中国が怠ったと非難した。 公衆衛生学的方策のみ有効です。

Next

トランプ氏、コロナ「99%は無害」 過激左派との戦いも宣言 独立記念式典

再選戦略の要である岩盤支持層に、感染拡大への懸念が広がりつつあるようなのだ。 トランプ氏は「死者は1人でも多すぎる」としつつ、これまでの報告から最終的な数は5万人もしくは6万人になるとの認識を表明。 またによると、フロリダ州では6月23日の新規感染者数が3286人に達している。 しかし、実際には会見の場を利用して、自らの取組をアピールすることで、新型コロナウイルス問題を「政治的」に利用している面がある。 トランプ大統領が再開の指示は大統領が出すと発言したのに対して、クオモ知事は、判断はそれぞれの州がするものだと反論したのだ。

Next

コロナ恐慌で米国の失業者2500万人突破 抗マラリア薬のむトランプ大統領「地滑り的惨敗」か(木村正人)

さらに次のような発言も行っている。 それではこうした新型コロナウィルスの蔓延を受けて、これらの無保険者を保険に加入させるための緊急措置を行えばよいのではないかというと、それにはトランプ政権は消極的である。 中小企業に対する救済措置:(予算規模 3500億ドル) 休業を余儀なくされた店舗が並ぶ 中小企業に対する支援も手厚いものとなっている。 しかし、政権発足時からパンデミックに備えるべきといった注意喚起は幾度もあったにもかかわらず、政権はその機会を見逃してきた。 日本政府の新型コロナウイルス対策があまりにお粗末なので、「来るべきものが来た」「トランプ大統領が日本を排斥するのは当然だ」とする人が大半だ。

Next

アメリカ大統領選挙 トランプ氏にコロナ逆風は吹くか(2020年4月6日)|BIGLOBEニュース

結果的にトランプ大統領は3段階の経済活動再開プランを公表したものの、最終的な判断は地元が責任を持って行うべきと、トーンダウンした。 そして、トランプ政権がどのように対応しようとしているのか、そしてこの状況が医療保険制度改革をめぐる政治的争い、特に大統領選挙にどのような影響を与えるのかついて論じたい。 しかし新型コロナウィルス危機がアメリカ人の医療制度への見方に大きな影響を与えるのは確かである。 また、カリフォルニア州では連邦政府の補償を得られない滞在許可証を持たない移民、約15万人に対しても1人当たり500ドルの現金支給を行うことを決定した。 さらにトランプ大統領の対応に呼応する動きも出てきている。

Next

アメリカはコロナ経済危機にどう立ち向かうか トランプ政権が切り札にするハイテク戦略

アメリカのトランプ大統領は4月15日の会見で「感染拡大のピークは過ぎた」と強調し、経済活動再開に向けたプランを公表。 トランプ大統領が「特効薬だ」と宣伝し、自らも予防のためと服用していたマラリア治療薬「ヒドロキシクロロキン(HCQ)」に効果はあるのか、ないのか。 大統領選が差し迫っているトランプ大統領にとっては、「宣伝」の緊急性はより高い。 本連載はシンクタンクの調査員として長年米国に駐在し、同時多発テロや金融危機、オバマ政権の誕生等も経験した著者が今の米国の経済・政治を読み解くためのキーワードを解説し、歴史的な視点も交えて掘り下げていく。 専門家の意見に耳を傾けないトランプ流の対応は、一種の賭けとも言える。 日本のリーダーである安倍総理はその決断をせず、中国を忖度して春節観光客の入国を拒否しませんでした。 ニューヨーク州は、失業対策として連邦政府の毎週600ドルの補助に上乗せする形で週600ドルを失業者に支給する。

Next

【襲来!新型コロナウイルス】トランプ大統領が日本人入国拒否へ 安倍首相大ショックも、ネット民が冷ややかなワケは?: J

依然、感染者、死者数は増え続けるアメリカだが、州によっては増加率が収まってきたところもある。 発生源の中国で止めることができたはずだ」と述べて、中国責任論を展開した。 。 日本人の友人が2月に少しの間日本に帰りました。 現在、諸外国に対して何食わぬ顔して救世主を演じている中国共産党。 現金ばらまきをする一方で医療保険制度をいじるようなことをしたくないのは、攻撃のアイテムを捨てたくないのである。

Next

【アメリカ発】コロナ治療の本命は「トランプの薬」だった!?|NEWSポストセブン

クルーズ船は、外国からは培養船と呼ばれて、そこに外国人を長期間閉じ込めたことが怒りを買った。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。 日経平均株価、及び日経ジャスダック平均株価に関する著作権並びに「日経」及び日経平均株価、及び日経ジャスダック平均株価の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属します。 医療保険政策は、民主党候補者に社会主義者のレッテルを貼るには絶好のものになる。 先月末、政府の感染症対策の指揮を執るアンソニー・ファウチ博士は、CNNの取材に答え、新型コロナウイルスによる米国内の死者について、最終的に10万人を超える可能性があると語っていた。 (5月11日時点) 1週間以上前に、トランプ大統領は新型コロナと闘うワクチンの生産を加速するためを開始し、テレビ中継されたバーチャル集会で 「国はワクチンを必要としている」と語った。 オバマケアの内容や成立過程については以下を参照。

Next

コロナ禍の“リーダー”の姿|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB

主軸となるのは、各家庭への現金の給付である。 それが、今年中なのか秋までか、秋の後か、などは言っていない。 トランプ大統領は5月6日、新型コロナウイルスは「我々が経験した中で最悪の攻撃だ。 その他が15%。 ノーベル生理学・医学賞を受賞したリュック・モンタニエ博士... ウイルスは忖度などしない。

Next