アンドロメダ デッキ 組み方。 【パワプロ】アンドロメダ学園の野手デッキ編成【パワプロアプリ】

おうえんデッキの組み方2|完全!ぷよクエ攻略ブログ

闘化ゼルエルや進化ローランなど、竜属性顔負けの高い通常攻撃ダメージを出せるキャラが登場してきたことにより、通常攻撃に応じた特殊ダメージ系コンボスキルを持った駒とのコンボを狙う戦術も一般的になってきました。 四条の評価を優先して上げる 四条は初期評価が低くタッグ発生が遅くなりやすいため、優先して評価上げをしよう。 2人とも前イベのため、不本意にアーチストコツが被ってしまうリスクが少ない。 19件のビュー November 21, 2019 に投稿された. さらに、当たった相手は軽くノックバックするため、 一瞬の足止めや カードキャンセルにも期待できる。 HPアップ系パッシブを持つモンスター• 例えばS駒では[闘化]ミアクレル、[闘化]ジークフリート、[進化]ヴィクトリアなど、A駒ではエンデガなどが通常攻撃に応じた強力な特殊ダメージスキルを搭載しています。 ですが自分が千優が45でないので必然的に静火を使うことが多くなり、となると 神高より阿久津。 強力なバフコンボスキルを持つ駒としては、S駒では[進化]ローランなど、A駒ではアラク、金色・フギンとムニンなどが代表的ですね。

Next

#コンパス【攻略】: ルチアーノのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【3/2更新】

デメリット:回復量は低め• ダメージカット率の高いUR【防】カードが手に入るまでは、こちらがおすすめだ。 そのため、館橋の船積みタッグは優先して踏みにいき、積荷売却時にもなるべく多く敏捷ptを稼ぎたい。 ただし、せっかく調整した駒を盤面にポンポン出しては意味がありません。 合同練習キャラとのタッグで筋力ptを多く稼げる北雪やパワ高への出航で筋力pt不足をカバーしたい。 回復耐久系デッキ 戦い方とデッキコンセプト このデッキの特徴は、大きなHP差を保ちながら対戦を有利に進めることができるところです。 ヒートアップ• [進化]ラニより優れている点は、[進化]ヨシノであれば、先攻後攻に関わらず大ダメージを与えることができることです。

Next

【パワプロ】アンドロメダ学園の野手デッキ編成【パワプロアプリ】

モテモテ取得成功時は泡瀬評価も10上がるため、 クリスマスまでに泡瀬を彼女にしやすく、エピも満点で取りやすい。 現在は上位層ほど自動回復デッキを使う傾向があり、自動回復>通常ヒーラーとなっていますが必ずしも完全上位互換ではありません。 通院や特定のイベントで除去可能。 24件のビュー August 17, 2018 に投稿された• 効率良くデート消化を行えないので、セクション4の7月1週以降にまとめてデート消化が一番効率良く消化を行えます。 ライフバーストスキルに注目! ライフバーストとは、HPが減少しているほど大きな特殊ダメージを与えるスキルのことです。

Next

サクセス攻略

そうする事で社長のイベントでパワヒコツ以外の選択肢以外を選ぶ事が出来るので経験点を節約してコツを増やす事が出来ます。 前イベ唯一の彼女と金得が被るため 変化球を前イベにすると、犬河や神高が候補に上がります。 序盤から敵チームのスキを見つけて、積極的にゲージをためていきたい。 ATKが低くてもスキルに影響のない駒を調整する必要があるということですね。 編成次第では得意練習量が少ない 社長入りデッキの編成に比べて照守6種デッキでは彼女を入れる編成になってしまうのでどうしても練習での経験点を伸ばしにくくなってしまいます。 基本的にはVRはジャングルを狙える時に狙いつつ、必要に応じて荒野で精神を補うなどしましょう。 メダル おすすめポイント 移動速度アップ• なのでその対策として、ニューイヤー・蘭陵王や蘭陵王よりATKの低い駒をデッキに編成する必要があります。

Next

【オセロニア】ヨシノ高HP特殊ダメージデッキの戦い方・おすすめレシピ

投入した経験点のバランスや項目に応じて入手コツが変化したりすることはない。 通常攻撃で相手を倒しやすくなる. 2人とも前イベのため、不本意に安打製造機コツが被ってしまうリスクが少ない。 一部適正キャラに入っているキャラなども存在しますがご了承ください。 ホームランボール ガジェット落合• 覚醒した2人は 単練・得意練習率UP・やる気効果UPなど船積みタッグで経験点を伸ばすことのできる要素を多く所持しており非常に強力。 それに加えて得意練習も肩力と守備練習以外は2人編成になっているので、データセルを集めやすいといったメリットもあります。 アンドロメダは神だけあって排出率は非常に低いので実質メリルを引けるかどうかです。

Next

【パワプロアプリ】フリート高校PG野手育成デッキ解説【パワプロ】

セル集めはタッグ練習で集めるのが理想 セルを集める際に出来る限りタッグ練習をしながらセルを集めるようにしましょう。 そのためにも 序盤からスキルを発動できるアタッカー駒を多くデッキに編成しましょう。 複数人同時撃破するには、発動タイミングの見極めと高いプレイヤースキルが求められる。 星付きのセルは通常の星なしのセルよりもセルの効果が上昇するので経験点をより多く稼ぐ事が出来るなどのメリットがあるので、タッグ練習をこなしやすいデッキ編成を活かして練習を行いましょう。 沖野・王子冴木のメンタルタッグで体力を回復しつつ、積荷を圧縮する動きが非常に強力なため複数回訪れることができると経験点が非常に伸びやすい。 真アーチ用に筋力ptを多く稼ぐ必要あり 真・アーチスト取得に大量の筋力ptを要するため、筋力ptを多く稼ぐ必要がある。 [闘化]ブランジェッタはダイヤモンドクラスにならないと入手できないですが、アズリエルはぜひ手に入れましょう。

Next