ワンピース オニ 丸。 ワンピース第954話ネタバレ!「龍に翼を得たる如し」最新話考察!!

【ワンピース】953話「一度狐」考察・感想

しかもまだまだ幼い日和、世間のこともそこまで知っているわけではないでしょう。 キツネの姿に戻ってしまった彼ですが、 河松との再会にも期待したいですね! これからの『ワンピース』ワノ国編も楽しみにしましょう!. 河松と牛鬼丸 オニ丸 との関係 ラストでは 河松の部下であることが明らかになった牛鬼丸。 死を覚悟するヒョウじいですが、ルフィはヒョウじいの首輪を握り、「外れろ!!」と言いそのままヒョウじいの首輪を外します。 ここも泣きたいほど切ない気持ちになりました。 。

Next

ワンピース【979話考察】草陰からロビンとジンベエを見ていたのは誰なのか。「ヤマト」が最有力候補?

ミンク族であるイヌアラシやネコマムシが、異形として忌み嫌われていたことのように。 こうして二人は歩を進め、 ゾロのいるところまでやってきます。 15〜13年前くらいに日和を救えなかった後悔から自分にできる限りのことを成そうと鈴後にやってきた河松と出会い、カイドウ打倒のために大量の刀をかき集めました。 亡くなった鈴後の大名・霜月牛マルの相棒だったこの狐。 そしてその正体はかなり意外なもので、 キツネでありながらもこの20年を戦い続けた立派な侍と言っても良いのでしょう。

Next

ワンピース河松が日和や牛鬼丸と再会!狐のオニ丸はその後どうなった?

これにオニ丸も、合わせるように鳴き声を挙げます。 ラストのようにわざわざ秋水を奪ってまで対立することはあり得ないでしょう。 ワノ国の宝である「秋水」を守りたい 牛鬼丸と、譲り受けた刀を返してほしい ゾロとの戦いは、完全に平行線でした。 そんな中時々現れる本物の墓荒らし。 河松は日和がいなくなってから各地を動きながら過去にこの地に来ていた。 日和がゾロに対して秋水はワノ国に返す様に諭される。

Next

ONE PIECE(ワンピース)の最新話『953話』のネタバレと感想、考察まとめ!週刊少年ジャンプ39号

つまり、オニ丸と霜月牛マルのモデルを考えると、 「光月家側(源氏)の勝利」と「カイドウや黒炭オロチ側(平氏)の負け」を暗に伝えてる伏線が隠されていそう。 牛鬼丸はゾロを扉の前まで導くと、こつ然と姿を隠してしまいます。 記憶を失いチョッパー達の味方になっていたビッグマムですが、ルフィの失言で記憶を失ってもルフィと戦うことになりました。 そしてゾロの刀問題。 果たして黒ひげ海賊団はいつ襲来するのか。 このまま刀を眠らせるわけにはいかない」と墓荒らしを止めません。 元の姿が人間ではない点では転スラのリムル様と似たような立ち位置でしょう。

Next

ワンピースネタバレ953話最新話確定ゾロがおでんの刀「閻魔」を手にする?

そこで日和は、河松にその狐に会いに来たのか尋ねます。 「代わりにさしあげます!!私が亡き父から譲り受けた刀」 「名刀『閻魔』!!カイドウに唯一傷をつけた伝説の刀です!!」 真剣な眼差しの日和。 牛鬼丸の真の正体が狐だった件 953話では牛鬼丸の真の正体が「 20年前カイドウに滅ぼされる前、鈴後の土地に君臨していた霜月牛マルの相棒の狐オニ丸」だという事実が判明。 20年前のおでん回想編では 燃え盛るおでん城から日和を連れ逃げ出し、その後日和が自身で河松の元を離れるまで、カッパ踊りをしておどけてみせたり、おかしな話をしたりと、1日で両親を亡くした彼女の心の痛みを少しでも和らげようと苦心した心優しき人物だ。 そして、牛鬼丸の性格は意外と姑息。 現時点でまだ分かりませんが、いずれ霜月牛マルの考察も今記事に一緒くたにまとめるかも知れない。 光月おでんと比べてどうなのかも気になるところですが、戦闘シーンなどは一切描写されてないので強さは不明。

Next

ワンピース【979話考察】草陰からロビンとジンベエを見ていたのは誰なのか。「ヤマト」が最有力候補?

おでん様の従者としてイヌアラシとネコマムシも一緒だったそうです。 その際、墓荒らしとして、日和 小紫 に貢いでいた三人組 ブン業、凡ゴウ、びん豪 が描かれています。 釘バット真っ青の棍棒も非常に巨大。 ただ、モリアにリューマのなきがらと秋水を奪われたのでさぞ悔しい思いをしていたでしょう。 お互いがお互いのためを思って現在のような結果となったのでしょうが、無事に再会できて本当に良かったと思うばかりです! そんな再会を喜んでいた矢先、横槍が入ってしまいました。 鈴後の民は生まれると、刀を送られ、刀と共に生き、 死ねばそれを墓標とする。 決戦の時は、近くまできているかもしれません。

Next

【ワンピース】オニ丸=モデル達磨(ダルマ)説、人間に化けられた理由について考える!

河松はオニ丸の仕業かと考えながらも人の手によるものだと解せない様子。 ワンピース946話 チョッパーもルフィを見つけましたが、やっぱり問題の中心にいるんだなと涙を流します。 そんな鈴後に13年前たどり着いた河松はコオォ〜ン!という鳴き声と共に「うわあ!噛み殺される!」と逃げていくカイドウ軍の下っ端を目にします。 女性を狙って振るわれた攻撃を何とか防ぎます。 -------------------------------------------------- 河松との再会はある!? 討ち入りまであと5日のスピード展開 続いては他のワノ国の動向。

Next

【ワンピース】オニ丸=モデル達磨(ダルマ)説、人間に化けられた理由について考える!

「鈴後」を離れるわけにも行かず河松を探しにも行けず、ただ信じることしかできなかったのだと思います。 このポイントでワンピースの最新刊を 1冊無料で読むことができます。 この辺り当時の背景がまだ情報不足だからアレだけど、上記の手紙の内容が本心からくるものであれば…日和の心はとても優しいよね! ただ、日和は以下のようなワザとらしいシーンもあって、人物像が捉えにくいのもまた事実。 そこには「 河松へ、今日までありがとう、私は大丈夫」と書かれていた。 そこらの盗人にこの魂のこもった刀たちを奪われるわけにはいかない! 百獣海賊団とワノ国との戦いはまだ終わってはいない! -------------------------------------------------- 自責する河松 そのうち、河松は自身の中にある思いに気が付くのです。

Next