アントワーヌ ユベール。 アントワーヌ・ユベール

モーターレース界から亡くなったユベールにお悔やみ

翌年2月ARTは正式にユベールの加入を発表、度の本戦へ参戦する形となった。 Our thoughts and condolences are with his family, team, and many friends. 「レース前夜、自問したよ。 GP3は度より「」へ名称変更となるため 、ユベールが最後のシリーズチャンピオンとなった。 8秒後にポスト5番(ターン4)で掲示されている」 「回避行動を取ったふたりのうち、ボシュンはユベールよりも急激に減速し、ユベールはボシュンよりもさらに右側からアクシデントを回避しようとしていた。 さらにグリッド後方では、数台のマシンのパーツを破損させる小さなインシデントも生じていた。

Next

【訃報】F2ドライバーのアントワーヌ・ユベール、スパのクラッシュで他界

この際、ユベールのマシンは車体左側面をターン4へ向けるような形となっていた」 「これらのアクシデントとほぼ同時に、ファン・マヌエル・コレアがアレジのクラッシュ現場へと差し掛かっていた。 初年度は総合4位、2年目はタイトルを獲得した(優勝2回・表彰台圏内11回)。 DRIVER DATABASE. FIA フォーミュラ2選手権 [ ] 年 エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 DC ポイント 4 9 10 11 6 5 8 1 8 1 4 17 18 11 11 11 C C 10位 77• — Haas F1 Team HaasF1Team ハースF1チーム:「この悲しい知らせに、ハースF1チームはアントワーヌ・ユベールのご家族に心より哀悼の意を表したい。 It is never easy to lose someone in the racing community. 2019年9月4日閲覧。 F1グランプリ開催中のイベントで起きた事故でドライバーが死亡するのは、2014年の日本GPでクラッシュし、翌年7月17日に亡くなったジュール・ビアンキ(フランス)以来の悲劇となった。 2019年9月4日閲覧。 その1. Repose en paix Anthoine — Esteban Ocon OconEsteban エステバン・オコン:「信じられないよ。

Next

FIA、複数台が絡んだユベールの事故に関する調査を開始。ベルギーの関係当局とも協力(オートスポーツweb)

ユベールは昨年、ルノーF1のアカデミーに所属していた。 公表された調査結果では「レース1周目、事故とは無関係のインシデントで低速走行するマシンがいたことからターン12~13(レ・ファーニュ)でイエローフラッグが振られていたが、ラップリーダーが2周目に入ったとき、セクター1はグリーンフラッグが出ていた」との文言で始まっている。 アレジは跳ね返りによりコースを横断する形となったが、最終的には1つコーナーを曲がったコース右側のランオフエリアに停車し自力で下車。 チャンピオンシップ争いを繰り広げるのマシンはミック・シューマッハとの接触で右リヤタイヤがパンクし直後にスローダウン。 6秒の間に起こったこと、ユベールは最初の衝突で81. 「」への参戦が決定した。

Next

モーターレース界から亡くなったユベールにお悔やみ

スクーデリア・トロ・ロッソを代表して、困難な時を過ごす彼のご家族と友人たちに心より哀悼の意をささげたい。 レースコミュニティの誰かを失うのはいつだってつらいよ」 The entire Mercedes family sends its deepest condolences to the family and friends of Anthoine Hubert, and his Arden and Renault teams on this tragic day. そのため、オー・ルージュへはアクセル全開で進入するうえ、ドライバーから見れば、頂上にあたるラディオンでの異変は死角となるため、マーシャルによるフラッグ以外で気付くことは不可能に近いことを考慮する必要がある。 1994年のアイルトン・セナの死以降、モータースポーツの世界では、安全性を高めてきましたが。 出典 [ ] []• Terrible. スカイスポーツはこの事故を 2001年のアレック ス・ ザナルディの 恐ろ しい事故と非常によく 似ていると表現してい ます。 とで2勝を挙げ、総合5位となった。 僕の思いを彼のご家族にささげる」 I can not believe it. 、「CIK-FIA カーティング・アカデミー・トロフィー」で準優勝。 ファン・マヌエル・コレアのマシンがひっくり返る一方、 アントワーヌ ・ユベー ルのモノコックはドライバーの胴体が見えるほどの状態で破壊 されました。

Next

F2ベルギー戦で多重事故発生…アントワーヌ・ユベール選手が亡くなる

がファステストラップを記録したが、トップ10外でフィニッシュしたため、ファステストポイントを獲得できなかった。 その後、2人はリエージュ()市内の病院へ運び込まれたが、ユベールは31日午後6時35分に死亡したことが国際自動車連盟()から発表された。 彼の魂はチームに残り、われわれは彼の思い出を胸にレースをする」 以下はドライバーやチームたち関係者メッセージだ。 ユベールのマシンはコーナーの壁にぶつかってはね返り、コレアのマシンと猛スピードで激突した。 ユベールはそれに巻き込まれてしまい、ウォールにクラッシュすることになった。 モータースポーツ統括団体のFIAがユベール死去のニュースを伝えると、チームやドライバーたちがソーシャルメディアを通じて彼に哀悼の意を示した。 このクラッシュでは、フランス人ドライバーのアントワーヌ・ユベールが22歳という若さで死亡し、米国出身のフアン・マヌエル・コレアが瀕死の重傷を負った。

Next

FIA、複数台が絡んだユベールの事故に関する調査を開始。ベルギーの関係当局とも協力(オートスポーツweb)

com 2019年9月1日. 翌年2月ARTは正式にユベールの加入を発表、度の本戦へ参戦する形となった。 ラウンド サーキット フィーチャーレース スプリントレース 1 , 3月30日 3月31日 2 , 4月27日 4月28日 3 , 5月11日 5月12日 4 , 5月24日 5月25日 5 , 6月22日 6月23日 6 , 6月29日 6月30日 7 , 7月13日 7月14日 8 , 8月3日 8月4日 9 , 8月31日 9月1日 10 , 9月7日 9月8日 11 , 9月28日 9月29日 12 , 11月30日 12月1日 出典: 結果 [ ] レース [ ] ラウンド サーキット 優勝者 優勝エントラント 1 F S 2 F S 3 F S 4 F S 5 F S 6 F S 7 F S 8 F S 9 F 3周目のターン4で発生した大クラッシュの影響でレースは赤旗中断、のちに中止となった。 2019年5月24日閲覧。 ピットレーンにいたマシンは指定エリアへ移動させた後、全ドライバーはマシンから降りた。 そのうえ、ユベールらの後方で起きた出来事であったため、前方に位置するセクター1はグリーンの状態であり、スロー走行に移行せず、レーススピードで走り続けた。 ターン4脇の5番ポストのマーシャルによって提示された。 安らかな眠りを」 This day has gone from peak to low. およそ250キロで走行していたユベールは、このわずかな「ボシュングとの接触によってコース外へと押し出され、ラディオンの右側のタイヤバリアに激しく激突」。

Next

故アントワーヌ・ユベールの葬儀にF1ドライバー多数参列 別れ惜しむ

他のルーキーで優勝したのはのハンガリーのレース2のみとなる。 motorsport. さらに「オー・ルージュへの進入の関係でアクセル全開」「ドライバー視点からではラディオンでの異変が死角となったこと」「瞬間的な出来事であったためフラッグによる警告が間に合わなかった」という要素も加わり、コレアから見れば、ラディオンに進入した瞬間、ユベールのマシンが目の前に現れる結果となった。 チームメイトには、昨年のGP3チャンピオンであるアントワーヌ・ユベール。 Anthoine Hubert — シュリケンベルグ Syurikenberg これからを期待された若いレーサーでしたので、残念との声が多くあがっていました。 また、「」シリーズへゲストドライバーとして6レース出走した。 My deepest condolences to Anthoine's family and friends. 調査はFIAのセーフティ部門が行い、物的証拠や映像、データロガー、アクシデント・データレコーダーに残ったデータなどをもとに進められた。 結果的にはその動きが後続のユベールを不意に襲う形となった。

Next

FIA、複数台が絡んだユベールの事故に関する調査を開始。ベルギーの関係当局とも協力(オートスポーツweb)

およそ250キロで走行していたユベールは、このわずかな「ボシュングとの接触によってコース外へと押し出され、ラディオンの右側のタイヤバリアに激しく激突」。 key 関連項目 [編集 ]• その反動でふたたびトラック上に戻ってきた」 「2台がクラッシュした2. 一方のユベール車はほぼ静止に近い状態だった。 ・衝突時の速度と軌道によって、大きなレベルの衝突エネルギーが生まれたことで、アントワーヌ・ユベールは致命傷を負い、ファン・マヌエル・コレアも大きな外傷を負った。 バリアと2度目に接触した反動でユベール車はコース左側に停止し、その2. この接触によりコレアのマシンは右フロントサスペンションにダメージを負い、フロントウイングも失ったためコントロールを失った」 「コントロールを失ったコレアのマシンは右斜め方向へ進む形でターン4のランオフエリアに飛び出し、1. 国際連盟は 画像を 修正しないことを決定したという事です。 2周目にジュリアーノ・アレジがラディオンへの進入時に左リヤタイヤ の内圧を失い、コース左側に向かってスピンを喫して壁に激突します。 調査団はクルマが制御不能となった原因について、右リアタイヤの内圧低下の可能性が高いと結論づけた。 auto sport Web 2019年1月23日. 2019年9月1日閲覧。

Next