蓬莱 の 玉 の 枝。 中学校国語 古文/竹取物語

【知ってた?】豚まんで有名な「551蓬莱」と「蓬莱」との違い。食べ比べしてみました。

皇子は旅のお姿のままで、ご自分のお屋敷にもお寄りにならずにいらっしゃっている。 by まちゃちゃ• 七色に輝く玉は、弾幕にもなる。 いつか聞きけむ、 人々はどこから聞いたのでしょうか、 「くらもちの皇子は優曇華(うどんげ)の花持ちて上りたまへり」 「くらもちの皇子は、優曇華の花を持って帰っていらっしゃった。 さて、条件を出されたくらもちの皇子は、最初から「蓬莱の玉の枝」を探すのをあきらめ、かわりに偽(にせ)の「蓬莱の玉の枝」をつくってかぐや姫をだまそうとした。 名をばさぬきのみやつことな む ン い ひ イ ける。 と書いてある。 胸がひどく痛んで心配しているのでした。

Next

『竹取物語』の原文・現代語訳5

大伴大納言 ちなみに5人の貴公子の名前はそれぞれ 石作(いしづくり)の皇子(みこ) くらもちの皇子 右大臣 阿倍御主人(あべの みうし) 大納言 大伴御行(おおともの みゆき) 中納言 石上麿足(いそのかみの まろたり) 結婚の条件として持ってくるべき品物はそれぞれ 石作(いしづくり)の皇子(みこ) ・・・ 「仏の御石」 (ほとけのみいし)。 あるときには、海の貝を採って命をつないだり(飢えをしのいだ)もしました。 「船に乗りて帰り来にけり。 ある時には、糧つきて、草の根を食物としき。 もっとも、かぐや姫本人は、地上の権威を理解しているし、なるべく育ての親のおじいさんやおばあさんに幸せな暮らしをさせたいとも思っている。 怪しがりて(あやしがりて)寄りて(よりて)見るに、筒の中光りたり。 (皇子は)あらかじめ、なすべきことを全てお命じになっていたので、その当事、随一の宝であった鋳物の工匠六人をお呼び寄せになって、容易に人が近寄ってくることができそうもない家を作って、竈の囲いを三重に築いて、工匠たちをお入れになり、皇子も同じ所にお籠もりになって、領有なさっている十六か所の荘園(からの収入)をはじめ、蔵の全財産を投じて、玉の枝をお作りになる。

Next

「竹取物語/くらもちの皇子と蓬莱の玉の枝」

- 「玉の橋を渡せり」のように「を」が省略されている。 竹取の翁の家で皮衣を燃やす実験をしたところ、あっけなく燃える。 反復・継続の意味の接続助詞。 =(かくして)かぐや姫が仰るのに違う事なく作り上 げしまった。 蓬莱にあるという。 翁理(ことわり)に思ふ。 」と答ふ。

Next

竹取物語②《蓬莱の玉の枝》

お送りの人々は、(皇子を)お見送り申し上げて(都へ)帰った。 かわいらしいこと限りがない。 女性が成人すると、髪上げと同時に、裳着の式が行われた。 ある貴公子はかぐや姫をだまそうとして失敗する。 天人の中の一人に持たせている箱がある。

Next

「竹取物語/くらもちの皇子と蓬莱の玉の枝」

「さぬき」氏は朝廷に竹細工を献上していたとされる。 理由や原因をあらわす接続助詞。 もう、何も無用です。 =皇子は「とても人目を忍んでいて」と周囲に言わせ なさって、人も多く連れていらっしゃらない。 世にたとふべきにあらざりしかど、この枝を折りてし かば、さらに心もとなくて、船に乗りて、追風(おひ かぜ)吹きて、四百余日になむ、まうで来にし。 それなのに、まだ報酬をお支払いして貰っていません。

Next

「竹取物語:蓬莱の玉の枝(ほうらいのたまのえ)〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

「ほうらいのたまのえだ」と読むのが一般的だけど、 東方儚月抄では「ほうらいのたまのえ」とルビが付いている。 その竹の中に、根元が光るものが一本あった。 薬(くすり)の壺(つぼ)に御文(おんふみ)添へ(そエ) 参 マイ らす。 貴族の一人の「くらもちの皇子」(くらもちのみこ)が、「蓬莱の玉の枝」(ほうらいのたま の えだ)を持ってくる条件を出された。 皇子は、危難に遭いながらも蓬莱の山で玉の枝を入手した旅の経緯を、もっともらしく語った。 この冒頭文の以外からも例を出せば、古文の「けふ」は「きょう」(今日)。

Next

竹取物語②《蓬莱の玉の枝》

釈迦(しゃか)が使ったと言う。 あやしくうるはしくめでたきものにも』と申す。 このようにあきれた嘘の結果だと分かった以上、早くこれを返してきて下さい。 しかし、話のあと匠たちが給料をかぐや姫に請求しに翁の家につめかけに来たことから皇子の嘘(うそ)がばれる。 汚い所(=地上)のものを召し上がってきたので、ご気分が、(きっと)悪いでしょう。 その山を、見ると、(険しくて)まったく登れそうには、ありません。 その玉の枝には、手紙が結び付けられていた。

Next