暁のヨナ 32巻 ネタバレ。 暁のヨナ【32巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

「暁のヨナ」32巻ネタバレ感想 ヨナと引き離されたハクの決心・33巻発売日

そこに、真国の神官ゴビがいる。 そしてそれを遠くから見つめるスウォンの姿も。 彩火城下町、裏町の酒場にいたオギは情報屋仲間と話している。 スウォンが誰を後継と考えているのか。 早速 『 31日間無料キャンペーン』では、最短1分ほどでアカウントを作成後、 本サービスと同じように、 アニメ・映画・ドラマ等、17万作品以上、 電子書籍52万冊以上の中から、好きな作品を楽しむことができます。 そのジャハがグンテ将軍にもたれかかる姿を見て客たちは「何かわからんがいい光景だ」などと言って闘いが終わりを迎えることになった。 そしてグンテ将軍は四龍の能力、その恐ろしさを漸く理解したと言う。

Next

暁のヨナ 193話【寵遇の代償】(33巻収録予定)ネタバレ感想 最新話

仲間の安全を盾にされてどうするべきか蒼白になるヨナ。 改めてそう言われると今度は恥ずかしさの方が攻め寄せてきたヨナは、もう少し聞きたいというハクを「以上です!」とふりきってテントの中へ逃げてしまいました。 「えーっと・・・ ゼノさん 貴方と少し お話をしたいのですが いいですか?」 「・・・いいけど」 周りの様子を見ておきたいなら 尚のこと、キジャにも ついてきてもらったほうが よかったんじゃないの? と思うけど・・・、随分あっさり スウォンと一緒に部屋を出て行ってしまった ゼノ。 そのハクに「お帰りなさい」との声が飛び、「雷獣」と呼ばれるのを聞いて人々はハクが風の部族の元将軍であったことを思い出すのであった。 その時に見たシンアの能力に恐ろしさを感じるケイシュクだった。 ハクがユンを見ているとアヤメを思い出すと言ったことから機嫌を悪くした ヨナが、アヤメに嫉妬していると知って 『やばいな 嬉しい・・』と思ってしまうハク・・・ 笑 同盟を誘うケイシュク参謀 そこへやって来たジュド将軍がユンと四龍たちを見咎めて部下を非難し始めたところへ、ケイシュク参謀が来て「かまいませんよ」と言いました。

Next

暁のヨナ 新刊28巻ネタバレ キョウガはヨナたちとどう向き合うのか

イグニの私邸にいたヨナはオギが会いにきたと知らせをうける。 余りの実力の差に落胆した様子の隊員たちをみてハクは、武器を扱ったことのないヨナでも毎日弓の訓練をしたら、かなりの使い手になったと励まします。 原作版「暁のヨナ」第8巻から13巻までを舞台にした2019年の 「舞台 暁のヨナ 〜烽火の祈り編〜(ぶたい あかつきのよな ~ほうかのいのりへん~)」 でも 生駒里奈さんは、ヨナ役 を演じています。 あらすじと感想 ヨナの告白 千州との戦に勝利し、キジャによって炎の中から救出されたヨナとハクはとりあえずユンの手当てを受けますが、ヨナの方は煙を吸いすぎたのか喉の奥を火傷したようで声が出ません。 その言葉を聞いたジュドは…。 5 アーカイブ• いつの間にかジェハの後ろに居て、空気のようにすぅっと話に入ってくるスウォンにジェハも驚きます。

Next

暁のヨナ最新刊33巻の発売日はいつ?話数で先読みする方法も!|漫画ウォッチ

イルもヨンヒの秘密を知ることになりました。 黙って聞いていたユホンは要するにバレなければいいのだな?と話を信じてくれました。 ふたりが並んで座ればそれを見た 民衆は二人が婚約したと思うのは間違いないし、これもすべてケイシュク参謀の計画です。 伝説の四龍戦士の1人で、龍のウロコをまとった右手に、白龍の力を継いでいるキジャは、人間離れした攻撃力が特徴。 その場に居合わせた、ケイシュク参謀も、違和感を持つのでした。 「暁のヨナ」ネタバレストーリー9:斉国でリリが公開処刑に 再会したアユラとテトラから、「斉国(せいこく)」に行くリリの護衛を頼まれたヨナ一行。

Next

【暁のヨナ】最新話ネタバレまとめ!最新刊32巻を無料で読む方法も|女性まんがbibibi

ユウノは陛下にヨナ姫と婚約されたのでしょうと笑顔で問いかけるが、陛下はそれについてはまだ何とも、と言葉を受け流す。 ヨナに恋愛感情を持っているかは、ジェハ自身は認めていません。 下記に紹介する電子書籍サービスは全て公式の電子書籍サービスですので、スマホやパソコンがウイルスなどに感染する心配もないので安全にご利用いただけます。 動画配信サービスとして有名ですが、実は電子書籍のラインナップも豊富にあります。 兵たちから逃れようとするヨナたちを扇で招きいれる者がいた。

Next

【感想・ネタバレ】暁のヨナ 1巻のレビュー

今までヨナにさりげなく打ち明けていたハクですが、甘いムードがない愛の告白でしたね。 2014年には、アニメ「暁のヨナ」が放送。 洞窟でシンアと一緒に暮らしていたアオは、「ぷっきゅー」と愛らしい声で鳴きます。 ヨナがスウォンの容態を漏らせば、確実に罰を受けます。 ユホンは泣くなとヨンヒを抱きしめます。

Next