アクリ ジョン ベース カラー。 【やってみた】VICカラー水性プライマーとアクリジョンベースカラーの下地比較

新水性塗料アクリジョンの使い方

完全乾燥後にはエナメル溶剤では溶けない。 もちろん使っていくうちに慣れますし、いい匂いだと感じるようになる人もいるかもしれませんが、一般的に言ってあれは臭い。 ベースブルー ベースブルー。 使用時には別の容器に必要な分だけ取り出し、瓶の口についた塗料を拭き取り、蓋を確実に締め保管するというクセをつけると良い。 価格が定価より安く在庫切れも少ないため、まとめて注文できると思います。

Next

【やってみた】VICカラー水性プライマーとアクリジョンベースカラーの下地比較

なにもひとつの塗料にこだわる必要はないのですから、要所要所で使いやすい物を選択していけばいいんですしね。 乾燥前、できれば間違えたらすぐ水を含ませた綿棒などで拭き取るようにしよう。 おすすめは「 ホビーサーチ 」さんというホビー専門のネット通販ショップです。 赤・青・白を通常色と比較 通常カラーと同じようによく攪拌してから塗ります 左が通常赤、右がベースレッド 通常赤はプラの色が透けているのに対し、ベースレッドはしっかりと発色しています 素晴らしい隠ぺい力! 何度か重ねると筆ムラも気にならなくなり、僕のような 素人でも綺麗に塗れました 続いてベースブルー 黒いプラでも問題無く発色します ベースホワイト 赤や青ほどの隠ぺい力はありませんが重ね塗りでカバーできます ベースイエロー 通常色の黄を持っていなかったので比較はできていませんが綺麗に発色します ベースグレー 装甲裏や関節に使いやすい! ちなみに全色 つや消しになっています 今回はベースカラーのみを重ね塗りしましたが、主に下地としての使用を考えられているようなので、機会があったらベースカラーに通常色を重ねて塗ってみたいと思います. 比較は、それぞれをベースに塗ったプラ板を準備し、各種メーカの塗料を乗せるという方法です。 写真はだんだん量が減っていったクリアーの例。 今回は、ガンプラやプラモデル、その他ホビー全般の下地塗装をエアブラシで行うために、アクリジョンというベースカラーを全色試してみました。

Next

JELLYFISH: アクリジョンベースカラー

ところが結婚していざプラモデル作りを再開しようとしてみると、この塗装がネックになってしまいました。 希釈の方法 希釈は3つの工程に分かれます。 下地より強い塗料を上から重ねてはいけないのです。 (画像拡大可) 若干筆ムラは出ましたがレッドの方が隠蔽力がありますね。 GSIクレオスさんから発売されています。 。 この上にゴールドとか吹くと黄色寄りのイエローとかになるのかなとか想像してしまいます。

Next

〘ガンプラ初心者向け〙エマルジョン塗料の扱い方

あ、やろうやろうと思ってて流れてたクリアーブルー祭りも兼ねてます(ぇえー 乾燥1時間半後 90分経ちました。 水溶性塗料のアクリジョンですが、塗膜の強さが評判ですよね。 ベースカラーというのがあるのでこれを最初に塗ります。 標準とエアブラシ用と別れているが、どちらでも使える。 ちょっと拡大してみましょう。

Next

アクリジョンベースカラーの隠蔽力を見る♪

グリーンの下地ってイエローよりも珍しいかも。 これを放っておくと、当然スムーズに塗料が出なくなり、ブという音と共に塗料がミストではなく飛沫となって塗装しようとしているモデルに襲いかかります。 」と記述されており普通のアクリジョンより薄めて使用します。 アクリジョンベースカラーの上に、VICカラーはOK こんなかんじでしょうか。 エアブラシの先端パーツを、写真のように取り外しておいたほうが綿棒で拭き取りやすいかもしれません。 また、何かの動画で話をしていたのですが、水性塗料の上からアクリジョンを塗ると塗膜がひび割れするらしいのです。

Next

クレオスのアクリジョンベースカラーを全色試してみた(レビュー)

最後に 最後までお読みいただきありがとうございます。 希釈率は塗料3に対してうすめ液が1が基本。 乾燥するに従ってヒビが広がっていくので見ていて面白かったです。 他社水性塗料もNGのはずでしたが、ファレホに対しては大丈夫でした。 家庭環境からラッカー系は使えないんですが、水性でも鏡面仕上げでツヤッツヤのキラッキラにしたいっす! ということで、水性塗料ではほんとに水研ぎできないのか、実験してみましたので、その模様を紹介します!• メタリック層塗布:アクリジョン・シルバーをエアブラシ塗装• 少し塗ってみた感想 今回試したアクリジョンはこの5色です。

Next

JELLYFISH: アクリジョンベースカラー

上の画像は荒目で研磨したところです。 しかもその臭い塗料を細かい粒にして空気中にまき散らすのですから、妻がいたら無理。 まぁその程度のレビューなので、気になる人は自分で検証してね(投げやり/ 検証用の塗料リスト それではベースの上に乗っていただく塗料の紹介です。 ニオイはほとんどしませんが、ツールクリーナーが臭います。 次にやはりコトブキヤのABSパーツでベースレッドを試してみました。 また、ある程度の傷も目立たなくなりサフとしても問題なさそうです。 よく買ってたのはガンダムカラーでモビルスーツに合わせて3色小瓶でセットになって売ってたものをよく買ってました。

Next