ダイハツ ロッキー 2019。 2019年度JNCAP・衝突安全性能評価においてダイハツ・ロッキーが同社2回目の「ファイブスター賞」を獲得

型式:5BA

・フロントワイパーが短い• 【エンジン性能】 単純なスペックだけ見ると、パワー、トルクとも前車とほぼ同じ。 何故なら、僕の知るロッキーというクルマはもっと無骨で、如何にもクロカン然とした今風に言うならSUVのモデルだったからである。 エンジンは1,600 cc であり、に搭載されていたものをした。 だが、ロッキー、ライズには低速域における加速力などを特徴とする新型CVT「D-CVT」が搭載されており、車重も2WDで970〜980kg、4WDで1,040〜1,050kgと軽い。 なお、トヨタ・ライズとは比較していません。

Next

ダイハツ 新型ロッキー/トヨタ 新型ライズ 新型車解説│注目の5ナンバーサイズSUVが遂に登場!

さらにDNGA新プラットフォームによりフラットな乗り心地と高い操縦安定性、軽快な加速感など、高い基本性能を実現。 ラインアップは、1L 水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ搭載する「L」、「X」、「G」、「プレミアム」を設定。 トヨタ「ライズ」の走行イメージ 乗り心地は、市街地を時速40km以下で走ると路面の細かな凸凹が伝わってくるものの、コンパクトSUVとしては満足できるものだ。 それはともかくとして軽く石畳の路面を低速で走りながら、いざ試乗開始。 また視認性を保つサイズのサイドウインドウを採用しながら、ボディの厚みを強調しSUVの力強さが伝わる面構成もシンプルなのにいい。 内訳は、ほとんど街乗り、ちょっと山道といったところです。 全高が1600mmを超えるので、立体駐車場の利用性は悪化するが、頭上に十分な空間があって居住性に不満はない。

Next

ロッキー

最上級グレードの「Premium」において、発売当初設定不可となっていたモノトーン色が追加設定され、2トーンはメーカーオプション設定に変更された。 が製造・販売した、のベースにもなっている。 ABS• 0m(16インチタイヤ装着車は4. ちょっと腰が痛くなりそうな感じがした。 4WDのほうが、操舵角に応じて正確に曲がりやすい。 さらに、1. ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」の第2弾商品となる新型コンパクトSUV「ロッキー(Rocky)」。 キーレス• またこれらを切り替えるスイッチや先進運転支援技術のスイッチ、オーディオetcの操作がステアリング上に配置され、手を離さずにさまざまな操作が可能だ。 ターンシグナルの操作だが,電子スイッチなのか,曲がる方向に固定しない。

Next

ロッキー

カーブの出口に向かってアクセルペダルを少しずつ踏み増していくと、前後輪へ駆動力を分配する多板クラッチの電子制御によって、後輪にも駆動力を伝えてくれる。 これは他社の車にはない仕様。 夏タイヤに換装してもう少し燃費が伸びれば大満足です。 ロッキー、ライズのプラットフォームは、「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」に基づいて新たに開発されたものが搭載されている。 寒冷地仕様• 一番下にディレクターチェア2つ,山歩き用のステッキ3つ,シャベルやトレッキングシューズ,それにグラウンドゴルフ用の2〜3人用ケースを乗せても余裕。 もっとも触ってしまうとほとんどハードプラスチックでできていて、長い爪の女性なんかは、ちょいとぶつけると傷もつきそうだし、何より爪も痛めそうなので、触れる部分はできればソフトパッドにしてもらいたいものだが、まあお値段が許さないのだろう。

Next

【公式】ロッキー トップページ|ダイハツ

助手席アンダートレイは、ロッキーでは上級グレードの装着になるが、ライズであれば「G」にも備わる。 は5速と4速フロアの2タイプ。 ブレーキランプの明るさや位置によっては反応しづらいのでしょうか。 予防安全技術も、「ブラインドスポットモニター」などが加わった「次世代スマートアシスト」を採用。 障害物センサー• これにブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートのセットオプション(6万6000円)を加えると良い。 パワステ• 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

Next

ロッキー

ドアの収まりも重厚とは言わないが,安っぽくはない。 9〜5. SUVは海外でも人気のカテゴリーなので、ホンダ「ヴェゼル」やマツダ「CX-3」のようなコンパクトSUVでも、全幅はワイドな3ナンバー車になるのが一般的だ。 実際の走行状態を示すものではありません。 Photo:G 2WD。 0mに収まる(2WDと4WDは同数値)。

Next

ロッキー L(ダイハツ)2019年11月モデルのスペック・カタログ[10127067]

3列シート• ダイハツ新湘南販売 株 藤沢本店へのお問い合わせ(無料) お電話でお問合せ(通話無料) 0066-9703-2566509. 何より発進加速が鋭い。 5ナンバーサイズで取り回ししやすく、室内は広々としていて価格は手ごろ。 実際の走行状態を示すものではありません。 モノトーン色は設定不可であった)となる。 《島崎七生人》. 他社では,フォグスイッチを入れると,車幅灯と連動して点灯するが,車幅灯かヘッドライト点灯が必要。

Next

ダイハツ ロッキー プレミアム 2019年 0.1万キロ (栃木県) 栃木ダイハツ販売(株) 鹿沼店

もともと闊達だから、たとえ乗車人数や荷物が増えてもパワー感の落ち込みは少ないはずだ。 顔つきはロッキーの方が好みでしたし、ライズの方が販売台数が多い=特別感が薄いという感じもありました。 マイナーチェンジ。 スピードを落とせば良いことだが,ハンドリングには若干注意が必要。 特に昼間の濃霧には注意が必要。 まだフル加速、みたいな事をしていないのですが、それでも比較にならない感じです。

Next