リスト ハンガリー狂詩曲。 第416話 『ハンガリー狂詩曲(管弦楽版)』 リスト

ハンガリー狂詩曲とは

是非、下記の動画を試聴してみてください。 レオ・フェステティックス伯爵に献呈。 オーケストラの各パートの名人芸はまさに圧倒的であり、その名人集団をまとめ上げるオーマンディの指揮者としての凄さを実感させる名演ぞろいです。 本人はハンガリー語を母国語として解さずその文化も異質なものであったが、自らの血統を強く意識していた。 バッハによる 180 J. 音も第一級ずば抜けて凄い。

Next

リスト / Liszt, Franz

リストがペストを訪れる度に「祖国」から受けた熱狂的歓迎、そして国王に匹敵するほどの英雄的扱いと数々の褒章も、「ハンガリーの国民的英雄」としてのリストを着々と作り上げてきたのである。 以下は、Tyees版ピアノ曲難易度感表 --2007. また、後にリストが《ハンガリー狂詩曲》などでハンガリー固有の民謡として借用した旋律は、ロマ(ジプシー)のものだった。 今回のCD化では、同時期の名演であるアルフェーンとシャブリエの狂詩曲を追加収録しています。 リストの考える「ハンガリー的なもの」とは、ジプシー楽団によって演奏された音楽であり、彼らは聴衆の求めに応じて土着の民謡の他、聴衆になじみの深い音楽などを「彼らのスタイル」で演奏した。 04- ・2007. またピサの聖堂で見たフレスコ画、「死の勝利」(1355年頃の作)に直接の着想を得て、《死の舞踏》の草稿を残した。 その最大の理由はリスト本人が「ハンガリー人」と自称し、またそのことを誇りに思っていたことに求められるだろう。 また1830年代初頭、リストは芸術・学問・産業の三位一体の上に成り立つ新しい社会秩序を唱えるサン=シモン主義に傾倒し、その後、リストの美的価値観の形成に極めて大きな影響を及ぼすことになるフェリシテ・ド・ラムネー神父(1782-1854)と出会った。

Next

リスト

1849年の「ゲーテ生誕100周年祭」、1850年の「ヘルダーとゲーテの祭典」、1857年の「ゲーテとシラーの記念碑除幕式」などリストが指導した宮廷主催の記念祭のプログラムは、ベートーヴェンの第9交響曲、《合唱幻想曲》、《エグモント序曲》、シューマンの《ファウストからの情景》、《マンフレッド序曲》など、ヴァイマル古典主義文芸と音楽の統合を成し遂げた先駆者たちの創作で占められることになった。 リストの考える「ハンガリー的なもの」とは、ジプシー楽団によって演奏された音楽であり、彼らは聴衆の求めに応じて土着の民謡の他、聴衆になじみの深い音楽などを「彼らのスタイル」で演奏した。 ピアノ版の『ハンガリー狂詩曲』は、先に15曲、あとから、5曲追加されたようですが、リスト先生が、フランツ・ドップラー先生の協力を得て、管弦楽版を作成したのは、6曲だったそうであります。 同地の一番弟子となったジョヴァンニ・ズガンバーティ(1841-1914)のほか、後に作曲家としても大成するエドヴァルド・グリーグ(1843-1907)が完成したばかりのピアノ協奏曲イ短調の手稿譜を携えて訪れた。 最晩年の1886年春にも、リストはローマ時代の弟子でイングランド在住のウォルター・ベーチ(1842-88)の手配により、ロンドンを訪問した。 前者は「ベートーヴェンの名を芸術において神聖である」という有名な序文とともに1840-43年にかけて極めて豪華な装丁でヴィーン、パリ、ライプツィヒの各地で出版され、後者もまたヨーロッパの様々な地域の複数の出版社から販売される大人気商品となった。

Next

ハンガリー狂詩曲 フランツ・リスト

5歳のときに、居酒屋やサーカスで民謡を主題とする即興演奏を行なって有名になる。 また同年10月17日、14歳の誕生日をむかえる5日前には、パリのオペラ座でオペラ作曲家としてのデビューも果たした。 美術館に足を運んでいるうちに、美術館の雰囲気も好きになりました。 リストは未だ理解されていない作品を理解できるようにすることにおいて、彼が未来のピアニストであることを証明してみせた」(『ガゼット』、1836年6月12日掲載)。 そこでは作曲者自身も登場し、《幻想交響曲》に《イタリアのハロルド》、《ロメオとジュリエット》に《ファウストの劫罰》、《ベンヴェヌート・チェッリーニ》(初演)、そしてオラトリオ《キリストの幼時》など、ベルリオーズのほぼすべてのオーケストラ作品が取り上げられた。 この曲は完成直後にリストの弟子によってヴァイマルで初演されたが、出版は1955年まで待たねばならなかった。

Next

ハンガリー狂詩曲 フランツ・リスト

その後の8年間でリストは、ヴィルトゥオーゾとしてヨーロッパ全土に熱狂を巻き起こした。 また20世紀を代表するピアノ奏者、 ウラディミール・ホロヴィッツ 1903-1989 がアレンジしたことでも有名です。 75-1の編曲 306a お前が揺れて歌うとき 1843 独唱,pf 307 高貴なる愛 1845頃 独唱,pf S. しかし、ソナタは各楽章に分けて評価するとしても、とぎれのない大曲あり、1分ほどの小曲あり、無理矢理くらべるというのもなかなか大変であろうか。 また、後にリストが《ハンガリー狂詩曲》などでハンガリー固有の民謡として借用した旋律は、ロマ(ジプシー)のものだった。 導入主題が回帰してすぐにAllegro con brioの速い部分に突入する。 にもかかわらず1828年、パリで奇妙な噂が囁かれた。

Next

フランツ・リストの有名な曲 解説と試聴

全部で19曲を数えるが、曲集として出版されたのはそのうちの15曲であり、「の町の」や「ラコッツィ行進曲」などの有名な小品が含まれている。 また1826年にはリスト個人の記念すべき第一作、《すべての長短調の課題のための48の練習曲》が出版された。 4手pf 『ペトラルカのソネット第104番』に基づく。 「器楽を声楽には匹敵しない二次的なものとみなす」同地の人々に失望の念を抱いたと綴ったリストだったが、この歴史的な地での滞在は決して無駄ではなかった。 作品の由来についてと、英雄の哀歌についての説明的序文 9 《ハンガリア》 《革命交響曲》の構想に由来。

Next