マヤ 文明 人類 滅亡。 2012年人類滅亡説

マヤの予言は人類滅亡を意味していたわけではなかった?!

僕たちは地球上で起きている自然災害はもちろんですが、宇宙からの脅威にも常にさらされているんですよね。 気候としてはに属し、いくつかの大河川が存在したものの、都市は河川のあまり存在しない場所にも建設されていた。 Chronicle of the Maya Kings and Queens. 特に暦は何種類も使用しており、その正確な知識には驚かされるばかり。 その周期は13=187万2000日である。 ほかにの極大期が2012年頃に当たっておりが発生する可能性があることから、ギルバートのようにこれと関連付ける論者もいる。 しかし、 強力なガンマ線が向かう角度はベテルギウスの自転軸から2度以下ということが分かっているので、地球はこの範囲には入っていないと言われています。

Next

マヤ文明の謎に迫る|なぜ人類滅亡説の予言は外れたのか?

GAKKENMOOK 戦慄!! ジョセフ 2007 、p. それだけマヤ文明に、魅力を感じている人が多いということだね! バケオ マヤ文明の予言~2012年人類滅亡!?~ さて基本的な知識を一通り調べてきたところで、本日のメインディッシュにいよいよ入っていきましょう。 古代エジプト文明にはピラミッドという三角形の建築物を建てる奇妙な習慣が存在しました。 の著書『マヤの予言』の影響を指摘する者もいる。 予知夢と確信していなくても構いません。 そもそも、この人類滅亡の予言は、 オリオン座のベテルギウスの超新星の大爆発で起こるものとされているので、新型コロナウイルスと結び付けたい気持ちは分かりますが、関係ありません。 『古代メソアメリカ文明』講談社選書メチエ、2007年、p. のように先古典期から発達した都市があったが、古典期の低地マヤの諸都市に見られるような石の建造物や石碑が発達しなかったため、この地域の歴史には今も不明な点が多い。 164-165• 「マヤ文明の「入れ子ピラミッド」、内部に第3のピラミッドを発見」AFPBB 2016年11月17日 2017年7月23日閲覧• 月日が流れるのは早いものだとしみじみ感じてしまいました。

Next

マヤ文明。

ただしメキシコ中央高原とマヤ諸都市が同一の政治権力の元に統合されたことはなく、15世紀後半から活発に勢力を拡大したも、マヤに対しては活発に交易を行うだけで軍事的侵攻を行うことはなかった。 誤差の範囲と言えるだろう。 (チャカン・プトゥム)• Breaking the Maya Code. 地球からみた太陽の通り道である黄道がいて座の銀河中心付近を通過するのは全くの偶然であるが、地球-太陽-銀河中心の順で一直線に並ぶのは毎年1回起こるので、珍しいことではない。 これがインカ帝国である。 付きのが出土するなど車輪の原理は知られていたが、輸送などに実用化されることはなかった。

Next

2019年12月21日に人類滅亡! マヤ暦で確定、ポールシフトで大規模自然災害多発か!(2019年2月7日)|BIGLOBEニュース

僕たちの地球はいったいどうなってしまうのか……。 日本では特に1999年のに関連したブームの後に、次の終末論としてオカルト関係者が盛んに取り上げる題材になっていた。 (イメージですが、「月」「年」「干支」と似たものとお考え下さい。 つまり、人類滅亡はあくまでノストラダムスの本を翻訳した訳者の推論による物なので、 ノストラダムス自身が「人類が滅亡する」と書いているわけではありません。 未開といわれたアフリカ大陸でさえ、今は先住文明が継承しているのに。 292-• 交通 [ ] マヤ文明にはやのような輸送用のが存在せず、物資の運搬は主に人力によった。 123• 滅びるなんて、きっと嘘です。

Next

2012年人類滅亡説Ⅲ~アステカ・マヤ・インカ~

支配地は大平洋沿岸にまでおよんだという。 幸せに支配する、支配者が火星という事ですね。 その理由について現地では 「 破壊神カルキが、ひとつの時代を終わらせるため」と囁かれているそうです。 「マヤ文明 密林に栄えた石器文化」p29 青山和夫 岩波新書 2012年4月20日第1刷• 「ピッツ」と呼ばれていたそのスポーツは、娯楽ではなく儀式の位置づけでした。 ただし、本来のマヤのカレンダーは紀元前3114年を始まりとし、1は360日をベースとして約5129年のサイクルとなるため、を一つの区切りとしてすでに新しいサイクルに入っているとする主張もある。 よって、実際には2015年9月に人類が滅びると言う予言はありません。

Next

人類滅亡はアニメの世界だけではなくコロナウイルスによるものだ

前者は一周期を260日(13の数字と20の日が毎日変化する)の周期で、的、的な役割を果たしていた。 『マヤ・アステカの神々』新紀元社、、pp. は飲料の材料として珍重されており、文明末期にはとしても使用されていた。 ディック・ギル氏は、テキサスでリアルタイムに干ばつの恐ろしさを体感しており、干ばつが大規模に起こった場合には、文明が丸ごと消滅するような事態も起こるのではないか、と考えました。 インド暦の終わり インドの コナーラク( 「太陽のあるところ」を意味する)にある スーリヤ寺院。 一方、別の説によれば、マヤ人の祖先は、紀元前2万~8000年に、シベリアの狩猟採集民がベーリング海峡をへて、ユカタン半島にたどり着いた。

Next