本当に あっ た 怖い 話し。 【実話】霊感強い人、占い師、怪談師に聞いた本当にあった超怖い話6選

【実話】本当にあった怖い話(長い・短い)『新支社』

」と言われたそう。 なのにトイレがある駅までの道は、人でごった返していてまったく進まない」 「花火大会の帰りって、普段の3倍は時間がかかりますよね」 「そう、普段なら15分くらいの道のりなのに、30分経過して半分も進んでない。 ゾッとしたYさんはすぐに引っ越し、その人をブロックしました。 ところがその先祖が亡くなってからは、誰も鯉の面倒をみずに、ついには池の水を抜いてしまいました。 今もおそらくヒジのあたりを漂ってるんじゃないかなぁ。 この話しを思い出すと、いつも頭に浮かぶのは 「触らぬ神に祟り無し」という言葉です。 とにかくその時は 今にも漏れそうな状態でした。

Next

霊能師の本当にあった「怖い話」

ある日「近所のよしみで、家相を見てあげましょう」と占い師が話を持ち掛けてきました。 とある花火大会の帰り道、突然 ものすごい腹痛に襲われました。 かんちさんが見たのはどういう霊だったんですか?」 「『白い玉』です」 「へ?」 「それ……霊なんですか? あ! わかった、白い玉に顔のようなものが浮かんで……?」 「いえ、ただの真っ白い球体です」 「 雲のような、水蒸気の塊みたいな感じですね。 もちろんその部屋には自分しかいないその音がずっと響き渡る中、今度はペタンペタンと誰かが裸足で歩き回る音がし始めたんだ。 ある日、Aは連日連夜の残業で終電に乗り、つり革に掴まったままうとうとしていた。 子供だったので、普通に『なぁに?』と返事してしまいました」 「ドラマの登場人物に同じ名前の人がいたとか」 「いや、 女性は私の言葉に返事をしたんですよ。 振り返ると、男性に張り付くように赤い服を着た髪の長い女がたっていたのです! 忘れ物をしたと気づいた主人公は駐車場へ戻ると、なんと先ほどの中年男性が飛び降り自殺をしていました!鑑識員が駆けつけて現場検証を始めると、その鑑識員の後ろに同じ女が立っていました! こちらは一部を写した動画です。

Next

霊能師の本当にあった「怖い話」

それは、「思い出したくもない」ということなのですが、「もうこの件と関わり合いになりたくない」、「縁を結びたくない」ということでもあるのだと思います。 この音が聞こえませんか、もう無理なんです。 すると、いろいろ問題があると占い師が言うのでした。 最近になって分かったことですが、 この曲にはある法則みたいなものがあり、 同じテンポを何度も繰り返している為、 特に憂鬱な人や人生に絶望しているような人が聴くと自殺してしまうそうです。 トイレは表側にあり、工場の奥の方からだと、かなりの距離がありました。

Next

【実話】霊感強い人、占い師、怪談師に聞いた本当にあった超怖い話6選

この方々は、「あえて、記憶をなくしているのではないか」と。 まとめ いかがだったでしょうか。 「場所」であったり、「固有名詞」であったり、「お話の一箇所」であったり。 1秒前まで99. すると彼は話しだしました。 当時、パン屋の売り上げは安定し、従業員との関係もひじょうに良好で 何の問題もありませんでした。 人というのは、怖かろうが、楽しかろうが、自分の言葉では、なかなか、本当のことをお話できないものだとnoteに参加させて頂き思いました。

Next

本当にあった怖い話ってあれぜんぶ嘘ですよね?VTRもあんな感じでお化けお...

このある条件というのは、お話により、それぞれ、違うようです。 痛みや苦しみで床や壁を叩いて助けを求めたのに助からず、死にたくないと言いながらこの世を去った男性。 すると、これらのお話には、さらに共通する部分が出てくるのです。 姉自身は、まだ幼い頃、「霊感があることを口に出してはいけない」と、母親から言われてきました。 知り合いはこの新支社から脱出することを決意しました。 『そういうことって、あり得ます?』と」 「マジか。 しばらく無視してみる。

Next

本当にあったけど誰も信じてくれない話

超高次元のエネルギーの活用が最も大切になって来るでしょう!!. 確かに家族にはこの話をしたことはありません。 厳密にいうと「ある条件を満たさなければ、記述することはできない」というものです。 帰宅後、荷解きをし、着物や襦袢をハンガーに掛けたところ、襦袢の襟元のほつれに気がついたRさん。 そして、 その女性は私の名前を呼んできました。 嘘です 幽霊なんて存在は臆病な人間の恐怖心が生む虚構でしかない 例えば金縛りは良く聞く話しでしょ? 俺自身も金縛りを何度も経験してます 実際金縛り状態の時は恐怖心が芽生え、必死に動こうとしても動けません。 そこには知り合いと隣の支社の人とのやり取りの間中終始女の人の笑い声が入っていました。 ご住職がハッキリ言うようにと諭すと、さまざまな声色でNさんは話し出したのだとか。

Next

霊能師の本当にあった「怖い話」

出るからおばけ。 それほんとの話?日本で起きたの?なんて疑いたくなるような話も。 その中でもこれから怪談師を目指していると言う友人の話です。 突然ですが、僕は10年ほど前に、 不思議な体験をしたことがあります。 看板とかもなかった気がします。 そして、(あっ!!)と思った瞬間に、ベッドの上だった」というような、一見、とりとめもないお話になっております。

Next

投稿募集!本当にあった怖い話(本当にあった怖い話研究所)

その後、どうなったのか?・・・こちらをご覧ください。 じゃあ、あれは何だったのかと」 「存在しない店できなこ棒を当てた男」 「 お子さんを亡くした老人がボランティアでやってたんじゃない? だからきなこ棒も楊枝を赤く塗って、 全部当たりにしてたんだよ」 「お金は払いましたよ」 「あの…… 自宅に駄菓子屋を作って近所の子どもを呼び、わいせつなことを行った事件があったような」 「えっ」 「何かされた?」 「 『子供の頃の記憶があまり無い』って……」 「いや、ないないない!」 「さすがに笑えない」 「え、ウソやだ……」という顔になるマンスーン。 ひょっとして、こんな思いをしている人は他にもいるのでは? そこで今回は、同じように 「本当にあったけど誰も信じてくれない話」を持つ人間を集め、存分に発表してもらうことにしました。 。 0 コメント• そうなんです、 依頼者は何らかの方法を使ってYさんの個人情報を特定していたんです。 だから四本目は『もういりません』って言って店を出たんですが……中学くらいにふとそのことを思い出したんですね。

Next