ノストラダムス の 大 予言 2020。 2020終末予言に現れる救世主まとめ!メシアとは一体どんな人物か?

2020終末予言に現れる救世主まとめ!メシアとは一体どんな人物か?

こちらの詳細は文末の関連記事をご覧くださいませ。 この2通の書簡はきわめて重要である。 人口の調整が、自然災害や戦争で行われたあとは、ついに人間と動物が掛け合わされる時代がやってきて、その結果人間は動物の気持ちを理解し始めるのだそう。 さらにこうした影響がその後のの遠因になったとも指摘される。 これも意図的に起こされることが予想されるので、いつ何があってもいいように、今のうちから避難ルートなどを家族でシェアしておくといいと思います! 経済の大混乱も起こるでしょうし、ネットの規制により情報操作されるので、何が正しいかを自分自身の目で見極めることが何より重要です。 マヤ暦的には第5の世界が終わり、第6の世界が巡ってきたことになる。 今なお続く、ネット上の自称未来人たちの先駆けとなった、 ネット未来人のパイオニア的存在だ。

Next

【未来人】令和2020年の予言まとめ!地震や東京五輪はどうなる??

怖くなってきたので、最後は、 信じるか、信じないかはあなた次第です・・・・。 平成に流行ったものの一つといえば・・・ 「ノストラダムスの大予言」 1550年に活躍した、大予言者ノストラダムスの予言を五島勉氏が紹介したことから話題となりました。 は今後、インターナショナルな領土になる」と予言。 ノストラダムスの大予言関連記事 Name: shin APPLEBERRY 1974年生まれ、鹿児島県志布志市出身、鹿児島市在住。 百詩篇というのは、4つの行からなる詩でありノストラダムスの予言集として知られています。 東洋の神秘的思想は壮大なスケールで全世界を席巻し、世界に大きな変化を与える」 つまり、反キリストというニセ救世主が現れるものの、最終的に日本から本物の救世主が現れ、人類を破滅から救うという予言ではなかろうか? 日本は新・令和の時代になり、2020年はがある。

Next

特別公開中●新型コロナウイルスの大流行をノストラダムスが予言していた!? 「3人の巨人」の団結に希望を/遠野そら・MYSTERY HOT PRESS|ムーPLUS

Contents• すでに彼女は亡くなっていますが、 5079年までに起こる62個の出来事をあげているのです。 ですが、この日も、 普通に過ぎていきました。 戦争こそ起ってはいないものの、現在の世界情勢が平時ではないのは明らかであり、認識の甘い人から狩られていくのは間違いないでしょう。 悪魔崇拝者による子供の誘拐事件については、昔から巨大な闇組織に纏わる事件として有名ではあるものの、あまりにも勢力が多きいため止めることができないのが現状です。 1700年に、米国北西部の「カスケード沈み込み帯」(北部からカナダの南部)で起きた9のは、日本にも甚大な被害をもたらしたという。

Next

【未来人】令和2020年の予言まとめ!地震や東京五輪はどうなる??

「カスケード沈み込み帯」では今、スローが起きているとされている。 皆様を怖がらせたいわけではありません。 医学の進歩が著しく発展し、病気という言葉がなくなるほど、様々な病気に対処できるようになるのだそう。 ディクソンは1986年に引退、1997年に生涯を閉じている。 確かに、中国だけでなく東アジア、欧米など世界各国で感染者数が爆発的に増加し、それに付随して世界中の株価だけでなく原油なども暴落しています。 予言その4:テロや事件について 2020年は物凄く恐ろしい1年になりそう。

Next

ノストラダムスは中国の新型ウィルス発生を予言していた!?

しかしながら、黙って見過ごすわけには行かないほどの単語であったり、内容があるのは事実であり、 実際に的中とも取れる内容が多く存在しています。 彼はもともと占星術や神秘思想を総合的・実践的に研究する学究の徒であったが、そうした方面の研究を進めるうちに自然とノストラダムスに興味を抱くようになり、1950年代末ごろからノストラダムスの研究にのめりこんだという。 そして、その中には「西暦7000年に何かが起こる」という意見もありました。 女性の力が復権する。 2020年の世相はカオス状態、今回の大統領選もかなりひどい状態になるだろう。 アメリカは内乱状態になるだろう。

Next

【第三次世界大戦】女ノストラダムス・世界三大予言者との呼び名もある『ジーン・ディクソン』氏が2020年にハルマゲドンが起きると予言!『第三次世界大戦』の勃発か!?2020年には日本で巨大地震の発生・富士山噴火の予言も!

出版ニュース社調べ。 英文 The great plague of the maritime city will not cease until there be avenged the death of the just blood, condemned for a price without crime, of the great lady outraged by pretense. ンは日本を訪れた時、こういう言葉を残している。 具体的にメシアについて書かれた伝承や文書 ホピ族の予言「第9の徴」と救世主「白い兄」 ホピ族に語りづがれている預言は第9まであって、第8までが既に的中しているという話は有名です。 この予言は、2055年〜2099年の間に起こると考えられているのです。 超高齢化社会へと移っていきます。

Next

ノストラダムスの大予言が言ってた恐怖の大王って、まさか、新型コロナウイル...

しかし、今のところそのような人物は見受けられない。 中国での情報規制は有名ですが、まさかドイツも同じシステムを採用しているとは・・・最初から驚かされる内容です(泣) 予言その2:洗脳からの解放 世界の人々は、香港の民主化デモなどを通して、真実を知り始めるこにとなる。 本当であれば、もう終わりは近いのかも・・・。 さらに「他国がニューヨーク空爆を敢行することは考えにくい」ので「地球外人類=UFOの襲来!?」と結んでいました。 ジョセフ・ティティルの予言の特徴ですが、予言した年に全てが起きるというわけではなく、 予言から2~3年後くらいの出来事までをピンポイントで言い当てています。

Next