カビゴン対策ポケモン。 【ポケモンGO】ロケット団のセリフ別使用ポケモンと対策|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】カビゴンの対策【キョダイサイセイ・あくび・はらだいこ】

じばく 無 200 300 100 自分瀕死 役割を終えた後に。 わざ:のしかかり・ヘビーボンバー・ほのおのパンチ・かみなりパンチ ただでさえ高い特防耐久をとつげきチョッキでさらにあげることで、トゲキッスやニンフィアなどの特殊ポケモンに対して後投げからも強く出られるようになります。 のろいを積むことで物理面・特殊面ともに非常に高い耐久を得ることができるので、相手は効果抜群の技以外での突破が難しくなります。 全抜きすることを目的として素早さに多く努力値を降っています 詳細は後述。 さらに、注意すべきは相手のノーマルアタック(わざ1)です。 「フィラのみ」を始めとした、HPを回復できる木の実を持たせると、HPを回復しつつ攻撃できるので、非常に継戦力の高いポケモンです。

Next

【ポケモンGO】カビゴン対策!おすすめレイド攻略ポケモン

に貫通されるが、特性所持者の炎・氷技はいずれも不一致低威力なので問題無い。 特性考察 あついしぼう 単純に優秀な特性なので、チョッキや残飯を持たせた特殊流し型では基本的にこれが選ばれる。 タイプ相性• 3% 確定3発 ドラパルト(A252) ドラゴンアロー 35. 防御はやや控えめですが、 HPと防御の両方に努力値を振ることによっ て 高い物理耐久を得ることができ、いのちのたま陽気ミミッキュのダイフェアリーを 2発耐えることもできます。 ぜひ下記リンク先から ポケモン交換掲示板をご活用ください。 こちら側も 攻撃だけではなく防御・HP種族値も高い総合ステータス重視のポケモンで臨みましょう。 。

Next

【ポケモンGO】カビゴン対策!おすすめレイド攻略ポケモン

「バンギラス」に2重弱点を突けるかくとうタイプのポケモンを最低1匹は編成するのがおすすめです。 1 [78. フィラのみリサイクル型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 素早さ4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防130-素早さ51 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 回復量が多い 「フィラのみ」などの混乱実を、「リサイクル」で何度も使いまわしながら戦う、持久戦を基本とした型です。 まとめると、あついしぼうで使うならダイマックス、くいしんぼうで使うならキョダイマックス。 特性も厚い脂肪、食いしん坊と優秀 免疫は知りません。 てっぺき持ちのなら対処しやすいが、交代際のヒートスタンプやはらだいこ型のDDラリアットには注意。

Next

【ポケモンGO】カビゴン対策!おすすめレイド攻略ポケモン

ヒートスタンプ 炎 40~120 100 自分の重さが相手より重いほど威力が上がる。 過去のイベント情報• そのため、その技を覚えられるポケモンでカビゴンが活躍できる場を作り出し、相手のポケモンをカビゴンで倒し切るという戦い方をすることができます。 フィラのみの仕様変更でくいしんぼうと合わせて非常に使いやすくなった。 居座りには不向き。 あとは覚えるように運を天に任せるしかありません(汗• 耐久系の積み技にも強い。

Next

【ポケモンGO】カビゴンのハイパーリーグ最適技と対策ポケモン:耐久型でギラティナにも対応!|ポケらく

タイマックスした相手には無効なので注意。 若干カビゴンの体力を削っておけば安心して押し切れる。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 耐久力の高いカビゴンですから、等倍で受けられるということは一般的なポケモンでいうところの半減で受けられることとほとんど同じです。 【カビゴンの特徴5】癖がなく使いやすいノーマルタイプ ノーマルタイプは弱点が格闘だけ、ゴーストは無効という非常にシンプルで使いやすいタイプです。 特防に振る4をやめ、HPに4振ればいい。 高威力技持ちのポケモンで押し切るのもアリ 「カビゴン」の弱点を突くことができなくても、 こちらも「カビゴン」に 弱点を突かれず強力な技で攻撃できれば押し切って勝利できます。

Next

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策【最強のデブ!15タイプを使う万能デブは強い】

) くいしんぼう(隠れ特性) (本来、HPが最大HPの4分の1以下の時に使用する木の実を、HPガ最大HPの半分以下の時に使うようになる。 ダイロック いわなだれ 130 天候:砂嵐 4倍弱点狙い。 耐久面が不安な場合は「バンギラス」を一緒に編成すると安定します。 第8世代ではアームハンマー、DDラリアット、ボディプレス、アンコールなどの技を覚えられるようになったのが強化点。 グラスフィールドを扱うパーティメンバーがいるなら選択肢になる。 。

Next

【ポケモン剣盾】あくびの使い方と対策

命中安定だが、威力が低い。 伝説レイドのコツ• かくとうタイプは ひこう、エスパー、フェアリーが弱点なので、弱点を突けるポケモンを中心に編成するとスムーズにバトルを進められます。 ボディプレスという打点もあり、カビゴンの体力面を考慮すると基本突っ張れない。 ダイマックス・特性: 木の実採用型ではないためキョダイマックスである必要はありませんし、くいしんぼうも意味がないのであついしぼうです。 ばけのかわによりトリルの行動保障があり、じこあんじを覚えるとよく組まれる。

Next

カビゴン

。 氷4倍のドラゴンに有効。 特殊耐久については無振りでもHP全振りギルガルドを超えているほど高いので問題ない。 ポケモン対策• 【カビゴンの特徴2】物理攻撃も得意 カビゴンは耐久だけではなく、攻撃種族値も110もあります。 DLC「鎧の孤島」 注目記事• 格闘が無効に出来るゴーストタイプや、半減に出来る毒やフェアリータイプなどと組み合わせると、安全に交代する動きが出来るようになります。 専用のキョダイマックスも獲得。

Next