フェデラー最強。 レンドル最強説&フェデラー最強説

2

大事なポイントでその戦術を使うから、勝負強いです。 テニスに関する仕事をして30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っているシニアプレーヤーです。 afpbb. www. では決勝でを6-1, 6-3で破って歴代最多となる9度目の優勝を果たした。 更にマスターズ・カップでも優勝し、出場した17大会のうち16大会で決勝に進出。 www. アグレッシブに仕掛けてくるジョコビッチに押され気味のフェデラーは、終始自分のペースに持ち込めないまま完敗。 それゆえロディック自身は「一方的でライバルというにはふさわしくない」とも語っている。

Next

今世紀最強のテニスプレイヤー ロジャー・フェデラーに関する10の事実

1999 計1週• 6月の芝の大会の初戦の初戦でに6-2, 6-7 8 , 4-6で敗戦を喫する。 ATPWorldTour. スイングがなめらかで美しいです。 medium-browser-and-portrait-tablet• リターンフォアハンド フェデラーの試合中の若いころのフォアハンド この頃も強かったですが、いまのフェデラーと比べると、 フォアハンドの成長と威力が感じられます。 afpbb. 9% 、年間最終ランキングを2位で終え、前年の不調から一転、好調な一年であった。 勿論、今まで誰も成し遂げたことはありません。 Rossingh, Danielle 2012年11月7日. また、この大会初戦でに勝利し、史上2人目となるツアー通算1100勝目を達成した。

Next

男子プロテニス界最強の選手は誰だ?BIG3の偉業を比較

「ブレイクポイント」 「アンフォースト・エラー」 フェデラーは準決勝までの6試合で、相手にブレイクポイントを握られたのはわずか4回、しかもブレイクされたのは準々決勝のシモン戦の一度だけだ。 当時の動画をチェックすればするほど感じるのが、明らかに フェデラーのフットワークが異常だということ。 ウィンブルドン前哨戦で優勝し、迎えたでは、年初から取り組んでいたネットプレーを増やす戦術が奏功し、2年ぶりに決勝進出を果たした。 medium-wide-browser• 《グランドスラム勝利数 90勝以上》 1 フェデラー 357 2 ジョコビッチ 280 3 ナダル 271 4 マレー 189 5 ベルディフ 146 6 D・フェレール 145 7 バブリンカ 144 8 ツォンガ 121 9 チリッチ 119 10 ベルダスコ 111 11 ロブレド 107 モンフィス 107 13 ガスケ 106 14 デル・ポトロ 97 15 F・ロペス 96 16 錦織 95 歴代でも記録を作っている フェデラーがさすがに抜きん出ている。 (1997年-2000年)• 若手選手の中では ズベレフが最上位になっている。 Aamna Saiyid. グランドスラムでは3年ぶりに無冠に終わった。

Next

誰が最強?ジョコビッチ・フェデラー・ナダルのテニス界の評価。

特にラファエルナダル選手にとっては、苦手なサーフェスであるため、未だに1度も優勝できていない。 その時は、厚いグリップで打っている選手を真似しましょう。 これにより、フェデラーは存命のスイス人として初めて切手の印刷面を飾った人物となった。 10月はで準優勝。 この年は、優勝5大会、65勝13敗 勝率83. afpbb. 相手をやみくもに走らせても、リズムを与えてしまい、相手の調子を上げてしまうからです。 決勝でを6-3, 6-1, 6-4で破り、5年ぶり 歴代最多となる8勝目を挙げた。 こちらも重要な参考記録となるはずですので、記録をチェックしていきます。

Next

『ロジャー・フェデラー』男子テニス最強プレイヤーの生い立ちと名言│御パンダと合理天狗の雑記

は決勝でナダルとの接戦を制し、1980年の以来となる5連覇を達成。 (1989年)• Forbes JAPAN. afpbb. オープン化後唯一である、シーズンを通して対トップ10選手に負けなしと圧倒的な強さを見せつけた。 敗戦の内訳はに4回、が1回と、共に新進気鋭の選手であり、これまでのライバル選手達には手がつけられなくなっていた。 続くでは、準々決勝でに敗退したものの、大会後のランキングでは約9ヶ月ぶりにトップ4に復帰した。 3月のでは4回戦でに6-2, 6-3で勝利。 本当に彼は歴代1位のテニスプレイヤーです。 コンパクトな構えから、腕が急に伸びてくる。

Next

フェデラー最強説

年間グランドスラムを2回達成しているロッド・レーバーも史上最強説のある選手です。 」 (2017年) 2. 2009年 キャリアグランドスラム達成、4大大会最多優勝記録更新 [ ] にて では、決勝でに5-7, 6-3, 6-7, 6-3, 2-6で4時間19分に及ぶ激闘の末に敗れた。 【フェデラー最強説】 現役最強のテニス選手は誰か!〜ATP現役男子プロテニスデータ検証〜 このページは、テニスデータ検証サイト の 現役専用コーナーとして で取り扱っている全ての 現役選手を対象としたデータ集計ページである。 しかし、ラウンドロビン戦では攻略していたジュニア時代からのライバル、に7-6, 7-6, 2-6, 1-6, 6-7の逆転負けを喫し、大会連覇とともに記録更新を阻まれた。 この5敗の内訳が恐ろしく、 2006年はナダルとアンディ・マレーの2人にしか負けていません。 決勝では歴代単独最多8回目の優勝を目指し第1シードのと対戦したが、7-6, 4-6, 6-7, 7-5, 4-6のフルセットの末に敗れ、準優勝に終わった。

Next

ロジャー・フェデラー

2012年7月7日閲覧。 これはグランドスラム 4大大会全て制覇 よりも難しいといわれるほどの偉業です。 準決勝ではグランドスラム2大会連続で、そしてウィンブルドンでは11年ぶりにナダルと対戦し、7-6 3 , 1-6, 6-3, 6-4で全仏の借りを返した。 フォームのなめらかさが特徴で、現代的な強打もできる理想的なフォアハンドです。 スイスでは硬貨に存命中の人物が描かれるのは初めて。 彼等には退化がありません。 2008年7月1日閲覧。

Next