かみ さま は 小学 5 年生 すみれ ブログ。 かみさまは小学5年生〜嘘?宗教?読み解きます!〜

【衝撃】かみさまは小学5年生 読書レビュー

そう、何だか宗教のようなんですが、そうなんですよ(笑)神様だから。 」 ダリル・アンカは、神様ではなく、宇宙人としゃべっているというところが、興味深いですね。 【感想】かみさまは小学5年生 すみれ著 この本を読んで癒される人が多いのは分かるような気がします。 体調によってもオーラが変わったりする。 なんかスピリチュアルっぽい言い方ですが、なんというか、 矛盾していても 俗にまみれていてもいいから、 自分中心の世界というものが大切な気がします。 それを踏まえて、わたしが真理だと思っている 「アナスタシア」と、「 かみさまは小学5年生」を照らし合わせてみたいと思います。

Next

かみさまは小学5年生

その空の上は魂が遊びに来る場所。 これが、スピリチュアルに全く興味も知識もない親のもとに生まれたお子さんの話だったら、まだリアリティーがあったと思いませんか? 幼い頃から母親と一緒にスピリチュアル系の講演会に行っていたすみれちゃん、 この構図は、国際結婚で生まれた子供が バイリンガルになるのと似ていませんか? もしくは、物心ついた時には他の同い年の子供たちと能力の差が歴然に現れる 「英才教育」ガッツリの子供と重なりませんか? もしかしたら、すみれちゃんの 二番煎じは簡単に登場し得るのかもしれないな、と思ってしまった私がいました。 悲しいとか、悔しいとか、なんで私たちだけとか、そんな思いを抱いてしまう残された親を、無条件に清々しい気持ちの赤ちゃんが知ったらどう思うでしょうか。 先日のコーチングで、スパイラルダイナミクスを教わりました。 やさしく、でも確信を持って、この世に生まれた意味を語ってくれます。 なんか気になる本『かみさまは小学5年生』 ブログを始めたことにより、なかなかゆっくりと本を読むことが難しくなっていた最近の私ですが、正月という特別な休息を自分にも与えいつもよりは「暇」がありました。

Next

『かみさまは小学5年生』あなたは神さまを信じますか?この世界を平和にするためにできること

ところが、毎日片付けられることなくリビングのテーブルに置いてあるそれ、どけてもどけても視界に入ってくるそれ、 なんなん!? しゃーない、実家で出会ったその本を、「どれどれ」と脱力の中で読んでみました。 「かみさまは小学5年生」と「アナスタシア」シリーズ本が書店に並んでいたとします。 スピリチュアル大好きでこういう話を待ってました、という感情で読んだら 星5つだろうし、 科学や物理の世界で生きてきて、目に見えない証明できないものは信じられないという人が読んだら 星1つかもしれない。 表紙の写真って!浮いている???読了後は最初に感じたこの本に対するイメージが変わってきました。 経験のある方はわかるのではないかと思いますが、こんな悲しいことはないんです。

Next

【かみさまは小学5年生/すみれ】感想と要約

人間は相手の言うことが聞けない。 しかし、 「めっちゃ泣いてしまった」 「この本は間違いなくわたしのナンバーワンだ」 などと言ってしまえる大人たちは大丈夫だろうか、と滑稽に思えてしまうのです。 そんな子供のすみれちゃんが書いた本がこの本です。 姿形は一切見ることができなくても、そこに込めた意識が 真に純粋な意図であれば、絶対に伝わるのです。 しかも、ジャージを着ただけでダイエットしている気分になってしまい、3分くらいでダイエットに挫折してしまうそうです。 あと、聞いてはいませんが、この本を読んだわたしの母親はどう感じたのだろうか。 それは、胎内記憶と前世記憶、あとかみさまの国のことだ。

Next

『かみさまは小学5年生』あなたは神さまを信じますか?この世界を平和にするためにできること

前世記憶というのは、今世の前の人生、ようは生まれ変わる前の記憶のことだ。 関連記事です。 その場合はその人はあくまで 広報役として活動し、アナスタシア本人は出てこないのです。 みなさん、アプローチは異なりますが、 同じところを見ていらっしゃったんだと思います。 『かみさまは小学5年生』もその中の1冊でしたが、最初は全く読もうとは思っていませんでした。 それは、当たり前だ! だって自分の意見をちゃんともっているから! 自分の意見を持っていない人は どう生きていけばいいか分からないから、 人の言うことを聞いているんだ。 作れるようになるのかな? ワクワクしますね。

Next

【衝撃】かみさまは小学5年生 読書レビュー

それで注目されてサンマーク出版の編集者が接触。 だから前世の経験値がそのまま受け継がれてると考えるのが、一番かんたんに納得ができます。 でも、 自分が日本で一番の神様と言ってしまった、そのことがどれだけ大きなことなのかを自覚した時にも同じことを言い続けられるのでしょうか。 こんなに意志が弱いと神様なんてやっていけないのでは?というのが素朴な疑問です。 それは 「相手の言うことが聞けないのは当たり前」 という一文でした。 みなさんは心に神を持っていますか? わたしは「チバユウスケ」という人と「アナスタシア」という存在、この 圧倒的な似姿の2人を心に携えているおかげでなんだか楽しい毎日です。 今、わたしは、すみれの体の中にいます。

Next