溶解度 パラメータ。 可塑剤や溶剤の溶解

logP

7 96 105 115 126 143 192 72. 7 10. 7 52. 4 72. 9 15. 1 414. 4 86. 54 1. 8 弱 2-メチルペンタン-1,3-ジオール 149-31-5 21. com Xを に置き換えてください メールの件名は [pirka]で始めてください。 8 シリコーンゴム(MQ) 7. 9 73 77. 計算値自体は問題ないが、多量体 X-mer を作る際には問題になる。 Hansen Solubility Parameters: A user's handbook, Second Edition. 4 8. 0 7. 8 8. 645E-08 0. 0 7. 8 48. 1 中 ジプロピレングリコール 110-98-5 20. 6 弱 パイン油 8023-99-2 17. 8 9. 1 中 酢酸ビニル 108-05-4 18. 2]なのでHSPの距離 Ra は4. 0 弱 ペルフルオロメチルシクロヘキサン 355-02-2 12. 1 10. 6 49. 「似たもの同士は混ざりやすい」、確かにそうなんですが、その「混ざりやすさ」を数値にしたってところがすごいじゃないですか! KB値は、すぐにはわからないので時間があったら調べておきます。 2 8. 5 10. 5 弱 クロロホルム 67-66-3 19. 8 210 212 320 100 135 135 135 135 136 140 147 28 31. 106E-10 5. 9 弱 プロピオン酸 79-09-4 20. 2 86. 0 中 メチルアミルアセテート 108-84-9 16. 当然、同じになるはずですよね。 4 中 メチルイソアミルケトン 110-12-3 17. HSPによる混合溶媒の取り扱いは、基本的には分子体積の相加平均を用いる。 83 0. 6 2. 1—8. 7 48. 3 中 メチル-n-ヘキシルケトン 111-13-7 17. 85 30. 5)で構成されている。

Next

ハンセン溶解度パラメーター

5 中 スチレンオキシド 96-09-3 21. また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 65 0. 1 0. 3 クロロベンゼン 9. 5 4. 求まったHSPは[17. 3 中 プロピオ 57-57-8 27. 9 216. 46 37. 3となります。 3, 71 1953 [2] 沖津 俊直、日本接着学会誌、vol. 5 19. 次ぎのステップ 本やソフトウエアーの将来について。 6 90. また、成分分けもしてあるので、成分分けの科学的な賛否は別として 記載しておきます。 000001352 0. 9] である。 溶媒に対して最も重要な物性値はであろう。 5 ボルニルアクリレート 8. toishi. 3 51. 4 弱 ジメチルシロキサン 9016-00-6 10. 6 68. 88 3. 2 35. 1 9. このカプサイシンのHSPは[18. 4 中 ジエチルホルムアミド(N、N) 617-84-5 21. 01でも同じ値になってしまう。

Next

溶解度の一覧

5 アクリル酸ブチル 9. 9 58. 6 71. 1 中 プロピレングリコール メチルエーテル (1,2-ジメトキシ) 7778-85-0 20. FOX式において式中のTは原材料、または共重合体や混合物のガラス転移温度を意味していますが、全てケルビン(K)です。 7 66. 87 8. 5-8. 2 37. 溶媒をクリックすれば溶媒の名前が現れる。 3 強 イソプレン 78-79-5 15. こちらは一覧表がダウンロードできますので、もしよろしければ参考にしてみて下さい。 21 4. 8 弱 酢酸プロピル(ノルマル) 109-60-4 18. 8 HSP は他の科学と相乗効果がある。 76 1. 57 0. 2 9. 7 中 エチレングリコール 107-21-1 29. 3 106 167 203 245 121. 22 11. こうしたいくつかの例外はあるものの,現実的な観点から言って,この結果は溶媒探索に非常に効果的だ。 0がリリースされました。 9 7. 6 4 7. Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。

Next

溶解パラメータ

1 7. 8 8. 1 強 ギ酸 64-18-6 24. 8 メタクリル酸メチル 9. 0 中 シクロヘキサノール 108-93-0 23. などにもHSPが使われている。 4 中 1,4-ブタンジオール 110-63-4 24. 16 0. 2 中 イソプロピルアルコール IPA 67-63-0 18. 9から8. 1 10. 7 弱 1-ドデカノール 112-53-8 20-21 9. 8 中 ジクロロジフルオロメタン(フロン12) 75-71-8 11. 4 弱 シェルTS28溶剤 8042-32-8 15. 2 8.。 1 強 ジエチレングリコール 111-46-6 24. 93 2. 9 中 炭酸ジメチル 616-38-6 20. 1なのでほとんど浸透しない。 6 7. 9 16. 8 78. 1 63. こうしたデータを集積している時に,我々は市販のデータベースやハンドブックに間違いがある事に気がついた。 3 18. 2 90. 4 中 2-アセチルピロール 1072-83-9 23. 5-6. 3 106 126 150 0. 2 7. 3 45. 8 強 塩化ビニル 75-01-4 16. 4 9. 6 中 臭化メチル 74-83-9 19. 7 10. 1 62. 6 アクリルゴム(ACM) 9. 9 82. 4 9. 3 48. 4 中 アネトール(パラ) 4180-23-8 17. 2 8. 5 14. 9 11. 5になり、相互作用半径 R0 が13. 6 8. 5番目の方法はである。 0 成分分け 分散力成分 極性成分 水素結合成分 合計 ナフタレン 9. 26 1. 2 8. 6 57. 7 71. 2 8. 9 17. 8 12. これらの製剤は界面活性剤による1)吸着による表面改質並びに2)自己組織化のいずれかの性質を利用している場合が多い。 このサイトについて 研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。

Next

polymer

3 11. また、分子構造から推定しようという試みもなされている。 さもないと上のようにOHを修飾した場合、修飾基の効果(数、種類)なのか、OHが減った効果なのかわからなくなってしまうからだ。 3 8. 2 8. 2 8. 4 96. 化学式(構造式)からSP値を類推する方法は、種々提案されています。 0 強 アミルアルコール(ノルマル) 71-41-0 22. また、重量%を代入するのであれば、同じく左辺の分子を100にしなければなりません。 4 14. 8 8. 055E-07 0. 6 弱 リン酸トリフェニル 115-86-6 17. 9 98. 7 弱 ジクロロエチルエーテル 623-46-1 20. 5 強 フルフリルアルコール 98-00-0 25. 6 102 105 31. 0 8. 7—10. 8 クロロプレンゴム(CR) 8. SP値は,Solubility Parameter(溶解度パラメータまたは溶解性パラメータ)のことです。 04 37. 2 32. 我々は1200以上の化学品,600以上のポリマーのオフィシャルなHSP値のデータベースを持っている。 9 10. 6 弱 ホワイトスピリッツ Varsol 2 64741-92-0 15. 3 10. 8 中 2-エチル-1-ヘキサノール 104-76-7 19. 0 8. 良溶媒(赤い球)はハンセン空間中の似たような位置に集まっており、良溶媒を取り巻くように、緑のハンセンの溶解球が見つけ出されている。

Next

溶解度の一覧

141 0. 8 弱 塩化アリル 107-05-1 18. 6の方がおっしゃるように、比誘電率(誘電率?)の値は物質の極性を表す一つの指標になるかと思います。 4~8. 1 6. 0 9. 9 中 エチレンオキシド 75-21-8 22. 自分でやろう 自分の使っている分子のHSPを計算する方法。 2 67. 2 強 ジメチル-2,2-ブタンジオール、 1,2(イソブチレングリコール) 558-43-0 22. 4 中 プロピオン酸エチル 105-37-3 17. 0 9. 9 弱 プロピオン酸メチル 554-12-1 18. そこで蒸発しないものの溶解度パラメータは直接決める事はできない。 そしてこの図から明らかなように,HildebrandのSP値の言う所は原点からの距離が同じになる球の表面を作るベクトルは皆同じ溶解性になると言っているのに等しい。 0 8. 6 弱 オクチルアルコール(ノルマル) 111-87-5 21. 2012. HSPは Flory-Huggins Chi パラメーターの予測に使われ、実用的に正確な結果が得られている。 6 中 エチレングリコールメチルエーテルアセテート 110-49-6 18. 2 33. 5 73. 4 24. 57 - 1,1,2,2 - テトラクロロエタン 79-34-5 19. きれいになる 特殊なポリマーやインクを溶解する溶媒をいかに早く見つけ出すか? HSPが役に立つだろう。 9 18. 0 弱 1,2-ジブロモエタン 106-93-4 21. 8 強 プロピオニトリル 107-12-0 22. 4 vinyl chloride 16 6. SP値が近ければ相溶性の(均一な)ポリマーになりますし、SP値が離れていれば「海島構造」になります。

Next