えきねっとトクだ値 事前予約。 「えきねっとトクだ値」の使い方、予約、受取、変更|新幹線旅行研究所

「えきねっとトクだ値」の使い方、予約、受取、変更|新幹線旅行研究所

自由席は手数料無料です。 JR西日本は「えきねっと」ではなく、「」というサービスになります。 もちろん、会員以外の方のキップも予約OK。 上越・北陸新幹線• 新幹線は専用の線路、 特急列車は在来線の線路で運行されています。 (きっぷ受け取り時は、事前受付時に登録したクレジットカードが必要です) しかしみどりの窓口の職員に聞いてみたところ、 システム上は座席が確定しているので受け取り時に座席変更するのは不可とのこと。

Next

JR東日本 えきねっとトクだ値を紹介【お先にトクだ値スペシャルなら最大半額】

対象区間も多彩となっており、東北や秋田に山形や北海道新幹線。 ただし、指定列車の発車前で未使用の場合に限ります。 上越新幹線や北陸新幹線にJR北海道の特急列車と在来線やJR東日本の特急列車に在来線にも対応しています。 これは大きな節約ですね!!! 事前受付の注意点 えきねっとは事前予約=事前受付という言い方をしています。 指定券券売機で受け取りを行う場合には、クレジットカードを入れると、予約内容が出てきます。

Next

えきねっとトクだ値の事前予約はいつから?自由席や往復割引は?

グリーン車は取ることができなかったので、同じ列車の普通車を取ろうとしましたが、4人まとめて座れる席は無く、 2人ずつで別々の車両ならどうにか確保できるという状況でした。 人数の変更はできません。 子供も楽しみにしていたのでできれば座席指定したかったんだけど、 事前受付サービスでは座席指定が出来ないことがこのとき判明。 事前受付分から予約成立する分はランダムに選ばれているので、もはやくじ運ですね。 指定席で払い戻しができるのは 乗車当日で 出発時間の6分前までです。 通常期と同じ割引が適用されるので、帰省や旅行での出費を抑えることができます。

Next

えきねっと(JR東日本)|えきねっとトクだ値>JR東日本の特急列車(在来線)の対象列車・区間・価格

きっぷお受け取り前の払い戻しの場合は乗車日当日の出発時刻6分前か22時54分まで。 では新幹線と特急列車の違いはなんでしょう? 新幹線の方が早いのはなんとなくわかると思いますが 一番の違いは、 線路が違うことなんです。 結局、通常予約(普通の申し込み)の手続きをし直して無事申し込みはできましたので、特に問題はありませんでした。 トクだ値の割引率は、5〜15パーセントに 設定されていています。 変更もオンラインで完了! また、きっぷの受け取り前ならば きっぷの変更や払い戻しも えきねっとのウェブサイトから可能です。

Next

えきねっと(JR東日本)|JR券申込 ご利用ガイド>お申込み方法・事前受付>乗り継ぐ2つの列車を申込む場合の操作

スポンサードリンク Contents• そして、「空席があるか無いかは、えきねっとでも調べられますし、こちら(みどりの窓口)にお越しいただければ前後の列車の空きも調べられますので、何かあればいつでもお越しください」と笑顔で言われました。 JR東日本おすすめの観光列車 などの指定席だけです。 年末年始だけでなく、お盆時期や大型連休期間でも使えるのは嬉しいですよね。 下手すると10分はかかるかも。 乗車できるのは対象列車のみで、乗り遅れた場合に後続の新幹線の自由席に乗ったりすることはできません。 でも、往復割引とトクだ値を比べると• したがって往復割引もありません。 自動券売機で12枚の切符の変更をする気にはとてもなりません… 今回の旅のまとめ 航空会社の予約システムであれば会員グレードと早い者勝ちで席が指定されていくので公平感があるが、JR東日本のこの事前受付&予約システムだと希望する席が取れるか取れないかは 完全に運次第。

Next

えきねっとの事前受付を利用してみてわかったこと

すべての入力が終わり、最終確認画面が表示されるので、内容を確認し、下部の同意のチェックボックスにチェックを入れ、「以上の内容で事前受付を行う」をクリックして完了です。 窓口の場合は予約番号とクレジットカードを持参しましょう。 が、これは閑散期などの場合は便利なんですが、繁忙期となると話は別。 えきねっとの受け取り方法 えきねっとで予約が済みましたらきっぷの受け取りとなりますが、地域によって少し方法が異なります。 えきねっと予約 チケットの受け取り方 クレジットカードと暗証番号を忘れずに えきねっとでは、クレジットカードとカードの暗証番号が必要となるため、きっぷの受け取りを行う際には、忘れないようにしましょう。

Next

えきねっとの事前予約の確率は?キャンセル料金はかかる?

手配が完了すると、事前受付の結果メールが届きます。 また、「えきねっとトクだ値」で購入した切符で自由席に乗ることはできません。 えきねっとについて&えきねっとのいいところ 新幹線や特急の指定席を予約する方法としては、 ・みどりの窓口 ・電話予約 ・旅行代理店経由 ・えきねっと などがありますが、私は えきねっとを使って指定席券を予約することが多いです。 通常は1ヶ月先の4月29日までしか予約できませんが、1ヶ月と1週間後の 5月5日まで選択可能になっています。 券売機でチケットを受け取ればえきねっとポイントが貯まり、商品券やSuicaチャージに交換することまで可能ですから、追加でオトクとなりますね。 早めに予定を立てて、えきねっとで予約をしておきましょう。 というのも、このGWの旅行の切符を取るのに「事前受付」をして大失敗してしまったのです。

Next

えきねっとトクだ値の事前受付で惨敗した話

乗車希望日1ヶ月前になり、その日の 10時10分頃、予約の結果を確認しようと思い、えきねっとにログインしてみました。 えきねっとで東海道新幹線の予約できますか? 「えきねっと」は全国の新幹線の指定席の予約ができますので、東海道・山陽新幹線も予約可能です。 でもやっぱり10時ぴったりに駅窓口に行くのは大変だし、スマホ&パソコン待機してたけど忙しくて、気付いたら10時の販売開始時刻を過ぎてしまった…完売してる~!ってこともあります。 みどりの窓口は、いつも込み合っているように感じます。 事前受付で予約成立後のキャンセル料は310円なので取れないよりマシと思う人はダブルで狙うみたいですね。 みどりの窓口は混雑している場合が多いので、時間の短縮になりますよね。

Next