レ ヴォーグ プロトタイプ。 スバル 新型レヴォーグ 2021 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

新型は大きい? 小さい? 新型スバル・レヴォーグ 新型と現行のサイズを比較してみる【東京モーターショー2019】|ワゴン|MotorFan[モーターファン]

デザインは、スバルの車それぞれが持つ価値を際立たせる新デザインコンセプト「BOLDER」(=より大胆に)を採用した。 かげまるさんこんばんは。 ブラックカラードドアミラー&カラードドアハンドル 【インテリア】• 8Lグレードを買ってから翌年2. スバルグローバルプラットフォームは、全面改良を受けて新世代になっているインプレッサから採用され、2025年までを見据えたスバルの次世代プラットフォームとして製作されています。 これによって、 パワーユニットやステアリング、ダンパーの制御が変更できるようになり、様々な乗り心地をスイッチ一つで切り替えて体験することが可能になりました。 6GT-S EyeSight Advantage Line 価格 【1. 6STI Sport EyeSight」、「2. プレスリリース , 株式会社SUBARU, 2017年7月3日 ,• 「」 写真はFA20型ターボエンジン。

Next

レヴォーグ

こちらの導入も大いに期待したい。 そのモードに入れるにはどうしたらいいのか? 取扱説明書を隅から隅まで読んだけど書いてなかった? そうなんです、裏モードなので専用のスイッチなどはありません。 レヴォーグ フルモデルチェンジで予想できる快適装備の内容 新型レヴォーグに搭載が予想できる快適装備は次の通りです。 なお、最小回転半径はレヴォーグの1. 0リッター水平対向DOHCターボエンジンは300psを発生するが、1. 衝突エネルギー吸収量を現行車比1. 東京モーターショー2019の目玉のひとつが、スバルのスポーティワゴン、「レヴォーグ プロトタイプ」だろう。 3インチデジタルメーター、11. 全く新しい 新開発の1. 現行レヴォーグでは「D型以降はマイルドな乗り心地になったけど、レガシィと比べると・・・」という意見もありましたが、SGPの恩恵を受けた新型レヴォーグでは乗り心地にも不満のない出来が期待できます。 プレスリリース , 株式会社SUBARU, 2019年10月23日 , 2019年10月24日閲覧。 新型レヴォーグについて 2代目新型「レヴォーグ」エクステリアはキープコンセプト。

Next

【スバル新型レヴォーグ】2020年8月予約開始&11月フルモデルチェンジ発売!最新情報、「レヴォーグSTIスポーツ」、サイズ、燃費、価格は?

エンジンはを搭載。 レヴォーグのプロトタイプのほか、インプレッサ Sport 2. 特徴的なのはホイールアーチだ。 4リッターの3種類のダウンサイジングターボエンジンを開発中だという。 6GT EyeSight」、「1. 革新を続ける「SUBARUの走りの未来」を切り拓くモデルとして登場したレヴォーグ プロトタイプ STI Sportには、スバル初採用となる「電子制御ダンパー」と「ドライブモードセレクト」を搭載。 6GT-S EyeSight」と共通の「メッキ加飾フロントグリル:ダークメッキ+ブラック塗装」と「LEDロービーム+ハロゲンハイビームヘッドランプ(ブラックベゼル)を追加。 8L水平対向ターボエンジンで 最高出力200ps 最大トルク30. 0GT EyeSight」、「2. 実際にステアリングを握ってみると、斜め前方の視界が現行レガシィよりも開けているのも朗報。 走行時の後側方検知や後退時の左右後方検知を行う「スバルリヤビークルディテクション」(後側方警戒支援機能)、左側ドアミラーにカメラを搭載し、ドライバーからの死角となる左前方の映像をガイド付でマルチファンクションディスプレイに表示する「サイドビューモニター(自動防眩ルームミラー付)」、ルームミラー一体型の単眼カメラを新採用することで、先行車や対向車を検知して、ヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」、アイサイトの作動状況や警報に応じて点灯するランプをフロントウィンドウの運転席前に表示する「アイサイトアシストモニター」で構成される。

Next

スバル 新型レヴォーグ、正式デビューは2020年か|発売時期やエンジンラインナップも大胆予想【東京モーターショー2019】

運よくこの記事を読んだあなただけが、使うことができるんです。 これにより、走りの自在性を高め、さらなる走行性能を楽しむことができるようになっています。 上位グレードのエンジンはどうなるのか聞いてみると、「今日は1. 6GT EyeSight」をベースに、18インチアルミホイール(シルバー塗装)、4灯ロービーム+ハロゲンハイビームヘッドランプ(光輝タイプ)、運転席8ウェイパワーシート(前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング)、クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、リヤフォグランプ)を特別装備とした。 私もSGP仕様のスバル車に何台が試乗していますが、SGPによるカッチリ感・安定感はとても優れたものがありました。 写真を見ながら気になった点をピックアップさせて頂きます。

Next

レヴォーグのフルモデルチェンジは2020年11月頃 高度運転支援技術と次世代安全装備を備える

5リッター、1. 世界に誇れる日本のスポーツワゴンが、今年の秋、再び登場する予定です。 毎回異なるテーマのコンセプトカーが披露され、2018年3月に行われたジュネーブモータショーでは、ツアラーをテーマとするスバルVIZIVツアラーコンセプトが公開されました。 プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2014年4月15日 ,• 写真を見て思ったのがインタークーラーがFA・FBエンジン向けのよりも大いですね。 3)ユニットの量産体制を万全に期するため、2013年12月27日の先行予約開始時に発表した発売日を全グレードとも延期し、「6月20日一斉発売」に変更したことが同時に発表された。 トランスミッションは熟成を重ねたリニアトロニックCVTだろう。 高いパフォーマンスを発揮するパワートレインラインナップとなります。

Next

スバル 新型 レヴォーグ フルモデルチェンジ 2代目 2020年10月発売

6GT EyeSight S-style」は廃止となった。 ただしこれまでの2. 8リッター、2. 6GT-S EyeSight Proud Edition」を設定。 8L水平対向エンジンらしい。 今後、スバルはレヴォーグ以外のモデルでもスターリンクとの対応車種を増やしていくとのことです。 8Lターボは「トルク重視」 搭載される新技術で注目なのが、新型1. 6インチの大型サイズで、STIスポーツはメーターパネルが液晶グラフィックになる見込みです。

Next

スバル 新型 レヴォーグ プロトタイプ 2019年10月23日発表

STIロゴ付きのマルチインフォメーションディスプレイ付レッドルミネセントメーター、STIロゴ入りステンレス製サイドシルプレート(フロント)を装備。 プロトタイプではありますが、注目のスバル・レヴォーグに試乗する機会がありましたので細かくご報告していきたいと思います。 新型は 2020年7月2日より先行予約がスタートする予定である。 プラットフォームですが、スバル・グローバル・プラットフォームが採用され、現行レヴォーグに比べて若干サイズアップしています。 また、新世代アイサイトや高精度マップandロケーター、SUBARU国内初採用となるコネクティッドサービスを用意し、安心して運転が楽しめる一台となっています。 このエンジンは、今後スバルが生産する車の多くに搭載され、プラグインハイブリッドなどの電動化にも対応します。

Next

スバル レヴォーグの燃費

6GT-S EyeSight」と同デザインのLED4灯ロービーム+ハロゲンハイビームランプ(ブラックベゼル)、ダークメッキ加飾+ブラック塗装フロントグリルを採用。 6L車には、前60:後40のトルク配分を基本に、路面や走行状況に応じて前後輪のトルク配分をコントロールする「アクティブトルクスプリットAWD」(電子制御AWD を、また、2. 2020年1月の東京オートサロンでレヴォーグSTI SPORTコンセプトカーが出展され、電子制御ダンパーが搭載されることが明らかになりました。 車体全体の低重心化も進められることで操舵時の無駄な挙動も防がれ、路面に吸い付くようにまっすぐ走れることで、将来の自動運転走行も見据えた走行性能になっています。 最新のデザインとパワートレインにより性能を進化する新型レヴォーグについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 一気にPHEV版の登場も期待したいが、現実的にはe-BOXER(マイルドハイブリッド)の搭載になるだろう。 3km前後を可能にしたモデルとなった。

Next