東京電力雷レーダー。 今【落雷】どこに落ちた?リアルタイムで位置確認・・コレ使えます!

過去の雷の調べ方のまとめ(1時間前から100年前まで)

活動度2は、「雷あり」で、電光が見えたり雷鳴が聞こえる。 天気の情報=気象庁の情報」と思ってもほぼ間違いありません。 Yahoo! 例えば では関東エリア限定ですが、都道府県ごとの雷の状況を掲載しています。 でんき家計簿にログインして頂き、ご利用明細を確認して頂くとお客様番号を調べることができます。 「雷」がページのタイトルについてないので知っている人しかわからない・・・。

Next

雷情報を配信しているサイト一覧 | 雷情報ナビ

近年頻発しているゲリラ豪雨や突然の雷。 過去の雷を調べる場合も時間が経過するほど調べるのが難しくなります。 このまま去ってくれるのかしばらく振り続けるのか、わからないことには自分の行動も決めにくいですよね。 平日だけでなく土曜日も営業しています。 雷レーダ関係の情報で3ヶ月程度遡って検索 5. また、避難に時間がかかる場合は、雷注意報や活動度1が予測された段階から早めの対応をとることが必要です。 o気象センサ…各事業所に設置し、風向・風速、温度、湿度を計測。

Next

東京電力の情報「問い合わせ・お客様番号・雷レーダー・営業時間など」の解説

100%とはいきませんが、90%程度は検出してくれます。 1か月以内の雷を調べるなら 1か月も前になると「あれ?いつ雷落ちたっけ?」となってしまいがちです。 それはそれで信頼できるのですが、みていると実は気象庁より精度よく観測している機関があります。 時間ごととは、以下の5つの間隔を指しています。 停電時に24時間対応はありがたいですね! 電話による問い合わせは、月曜日~土曜日の9時~17時です。 このシステムにより、平常時には電力設 備の的確な運用を、また、異常気象や非常災害の発生時には応動態勢の迅速 な整備をはかっております。 あなたの個人情報を元にお客様番号を調べてくれますよ。

Next

TEPCO速報

雨量の他に、カミナリ雲、カミナリ、カミナリ雲+カミナリの情報も完全網羅しているのでアウトドアや旅行の時も大助かりです。 落雷の可能性や激しさ、直前に発生した雷を地図上に表示する機能です。 の商標です。 お客様相談室受付時間は以下の通りとなっています。 3 端末:Nexus 7 2013 OS 4. これまで紹介したのは、データの大本が気象庁になります。

Next

今【落雷】どこに落ちた?リアルタイムで位置確認・・コレ使えます!

の登録商標です。 ここで表示される落雷の情報は、気象庁の落雷情報と同じですが、操作が簡単なので(というか、開いたらそのままなので)こちらを紹介しています。 スマートフォンからでも簡単にみることができますよ。 (昔は測候所で人が観測していたようですが) 前置きが長くなりましたが から、地点や日付を選択し最後に「 1時間ごとのデータ」を表示させるとその日のデータを見ることができます。 最大1時間先までの落雷の可能性やその激しさについて、4段階(可能性 あり、可能性 高、やや激しい、激しい)の色の濃度で確認できます。 福島第一原子力発電所関連の相談室になります。

Next

東京電力の情報「問い合わせ・お客様番号・雷レーダー・営業時間など」の解説

天気』。 気象レーダーによる5分毎の降水強度分布観測と、降水ナウキャストによる5分毎の60分先までの降水強度分布予測を連続的に表示しています。 注2 各種センサ o地震センサ…変電所等に設置し、水平方向の加速度を計測。 そういう場合のために、 では雷活動度を参考に「雷が落ちた可能性が高い」 という状況を調べることもできます。 端末装置に汎用ワークステーションを採用し、また今後の社内各種シ ステムとの情報連係を容易にするためLANを採用した。 その画像はこちら 引用元(リアルタイム地図 Blitzortung) スマートフォンであれば、地図のズームも可能なので、非常に使いやすいですし、雷が落ちている場所が一目で確認できます。

Next

気象庁

最後の手段で気象観測データから確認するという方法があります。 この「雨量・雷観測情報」は、日本気象協会提供の雨量・雷雲情報と東京電力の観測システム提供の落雷情報を元に作成しています。 ここ10年以内であれば、人が観測をしているのは県庁所在地等にある気象台だけになります。 で詳しく書いていますが「Yahoo! 雷ナウキャストについて 活動度は、最新の落雷の状況と雨雲の分布によって、以下のように区分しています。 現在の防災情報システムは、平成元年度に導入されたもので、当社独自 の雷レーダ観測情報に加えて 財 日本気象協会マイコスセンター 注1 や社内各種センサ 注2 地震センサ、気象センサ、送電線着雪センサ、 塩分付着量センサ からの情報を受信・集約し、社内各事業所に設置された CRT端末装置に表示しています。

Next