夜 に 駆ける 歌詞 意味。 夜に駆ける 歌詞「YOASOBI」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

死への誘惑や欲望は物語にどう作用するのか【YOASOBI/夜に駆ける】の歌詞の意味を徹底解釈

君と遊ぶ〜駆けていく 「ここではないどこか」のイメージを漂わせたこの市街地は、おそらく、アメリカで起きた9. 彼女には自殺願望があることを知っているために、それを止めるために現場に駆け付けたところ、今まさに屋上のフェンスを越えて飛び降りようとする彼女の姿がありました。 ・2019年にボーカロイドプロデューサーと共に小説を原作に曲を作る音楽ユニット「」を結成し、「ikura」名義でボーカルを担当。 いずれにせよ、このままだと「死んでいた」僕が、「生きる」道を選び、衝動に突き動かされていくサマがここでは描かれているように思う。 自分の見た未来が本当のことになるのか、不安と期待が頭の中でグルグルしているかんじですね。 学校のシーン いつも通りの朝に いつも通りの君の姿 思わず目を逸らしてしまったのは どうやったって忘れられない君の言葉 今もずっと響いてるから 予知夢を見た楓は何事もなかったかのようにふるまおうとしますが、一宮を意識するあまり挨拶もできずに目を逸らしてしまいます。 今は、辺りは真っ暗な夜だけど、いつかこの場所にも明かりを満たすために、今を精一杯に生きていく、そんな決意に満ちた歌なのだと思う。 「 その一言で全て が分かった」の ピンクの部分は地声のように聴こえますが、上手にミドルボイスにしている可能性もあります。

Next

ヨアソビ「夜に駆ける 」小説を音楽にしたユニット

ラストサビ 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 不可解な君の笑みでしたが、はじめて見る君の笑顔に、今まで君を想い通りにできなかった煩わしさはスッと消えていく。 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ 解釈 毎日が騒がしいけどそれについていけなくて笑うことも出来ない君だけど、僕が思いつく限りの楽しい日々を一緒に過ごさせてあげる。 必死に明るい未来を描こうとしていたのも君がそれを願っていると解釈していたからに過ぎません。 ・2018年4月21日に1stミニ・アルバム『Rerise』をライブ会場限定で発売。 「死んでしまったのかも」という表現は、口だけだったと思われるその子に対して、皮肉を言っているのでしょう。

Next

【死神の意味】YOASOBI「夜に駆ける」歌詞解釈:元となる小説は?

MCネームの通り、とにかく多様な長文踏み、語感踏みを多用して韻を踏み続けることに特化したスタイルが好評です。 最後の1行、タイトルにもなっている「夜に駆ける」いうのは、「空へ飛び立つ」という意味を表しているのかもしれません。 蝶々にペンを突き立てる主人公 主人公の前をひらひらと飛ぶ一匹の蝶々。 「君」と「僕」、2人の姿も合わせて楽しんで頂ければ幸いです。 沢山の方の耳に届きますように。 こちらを踏まえた上で、歌詞解釈を進めていきたいと思います。 「夜にかける」歌詞解釈 屋上に立つ二人のモノクロシーンから始まる 物語は屋上に立つ二人のモノクロのシーンから始まります。

Next

小説を音楽化するYOASOBI『夜に駆ける』 妙に耳に残る日本語歌詞――近田春夫の考えるヒット(2020年6月23日)|BIGLOBEニュース

誰も知らない 二人だけの夜 待ち焦がれていた景色と重なる 夏の空に未来と今繋がる様に開く花火 君とここでほらあの夢をなぞる 見上げた空を飾る光が今照らした横顔 そうずっとこの景色のために そうきっとほら二つの未来が 今重なり合う ついに待ちに待った予知夢で見た告白される花火大会当日がやってきました。 聞けば聞くほど「そういうことかー!」と発見があります。 きっと税金は沢山払っているだろうし、知り合っていく人達も様々だと思います。 作曲を手がけるAyaseさんは謎のボカロPとして2018年12月から楽曲の投稿を始め、 2019年4月に投稿された楽曲『ラストリゾート』が現在では340万回を上回りバズったことで注目を集めました。 「待ち焦がれていた景色と重なる」は、ついに花火を二人で見る場面になったことを表していますね。

Next

夜に駆ける 歌詞『YOASOBI』

『夢の雫と星の花』はmonogatary. 外に出る=本音に近い自分になる、ということを意味するわけだ。 いやホントよマジな話。 これは主人公からもそう見えていて、「彼女を助けたい」という気持ちばかりが先行してしまい 彼女自身の感情や気持ちを読み取ろうとしていないことを表現している様にも解釈することができます。 死んでから言っても意味ないのに。 なので 曲名に入っている「夜」は「死」を指しているということが考えられるのではないでしょうか。 要は死んだように生きてきた人間は「再生」し、新たな一歩を踏み出すことが示されるわけだ。 藍にいなさんは椎名林檎さんのツアー映像やMaison book girlの「闇色の朝」のMVも担当しており、 注目度が高くなってきているクリエイターです。

Next

【YOASOBI(ヨアソビ)】「夜に駆ける」歌詞を考察してみた

心の奥底では「死んでいる」ことはいけないことだと思い、「いつものように」金網は飛び越えていたわけだ。 「さよなら」というメールが送られてきただけで何が起こっているのか全て理解した。 「さよなら」や「フェンス」という単語から連想した方もいらっしゃるかもしれませんが、楽曲の元になった『タナトスの誘惑』は死を描いた物語。 そしてこの曲の中で一番強い地声を使っているのがこの部分です。 2019年のコンテストで賞をとり、そしてYOASOBIにより楽曲化されました。

Next

【UVERworld/無意味になる夜】の歌詞の意味を徹底解釈

この二人の関係性は少々異質的ですが、一般的なカップルの日常に置き換えても主人公の気持ちは共感できるのではないでしょうか。 彼女を連れ去ろうとする「死神」が嫌いなのではなく、その「死神」に恋をしているような顔をしている君が嫌いだ。 最大のポイントは「もう一度」という言葉にある。 強がりを研ぐということは、強がりを洗練させるということなわけだが、その意味するところは分かりづらい。 個人的に、飛び降りてから地面に着くまでの 僅かな時間でも笑顔の君と重なり合いたかったのかなと解釈しています。 なんとなく察しがついた方もいらっしゃるかもしれませんね。

Next