昭和 同人 道。 地方自治判例

稲垣道

桑沢デザイン研究所非常勤講師、武蔵野美術大学非常勤講師 宮沢洋(ミヤザワヒロシ) 1967年東京生まれ、千葉県育ち。 140• 文系なのになぜか「日経アーキテクチュア」編集部に配属。 昭和16年「ホトトギス」初入選。 (一)原告A関係 (1)原告Aが昭和三九年当時学校長の地位にあり、かつ職員団体たる北教組の組合員であつたことは当事者間に争いがない。 19歳の時に高浜虚子特選10句の中に入り、続いて「ホトトギス」にも投句入選して60数年。 建築巡礼は、そのことに気付かせてくれる。

Next

句集 裸 : すずき春雪

昭和53年「狩」創刊と同時に鷹羽狩行に師事。 昭和55年「狩」同人。 昭和49年「氷海」に入会。 いつも疲れた脳味噌に感動を届けてくれてありがとう、と言いたい。 (一)そこでまず、春休み等の休業期間の性格を考えてみるに、右休業期間は、授業が行なわれないために学校内で行なうべき仕事が少なく、したがつて、平常どおり登校して通常の勤務体制に入る必要が必ずしもない時期であつて、現実においても本件戒告処分がなされた昭和三九年当時、休業期間中は各教員が登校の要否を自主的に判断し、これに基づいて行動している実状にあつたことは後に詳述するとおりである。

Next

句集 裸 : すずき春雪

受賞歴…北奥羽短歌大会八戸市長賞(昭36)、国原賞(昭44)、青森県準短歌賞(昭52)、八戸市文化奨励賞(昭60)、青森県歌人賞(平4)、青森県歌人功労賞(平7)、八戸市文化賞(平8)、青森県芸術文化報奨(平11)、八戸市文化功労賞(平15)、青森県歌人懇話会創立50周年記念式典記念表彰(平16) 歌碑の歌…みちのくの水芭蕉めでのぼり来し丘にひそかにキリストの墓. 稲垣浩の逝去を受けて53年5月より「国原」を主宰。 (三)以上によれば、本件戒告処分は、原告Aが訴外Cに対してなした右承認行為を違法なものとしてなされたことおよび原告Bが所属長から何らの承認を得ることなく本件支援活動に参加した行為を違法なものとしてなされたことにつき、原告ら主張の違法はなかつたといわなければならない。 」旨の説明(成立に争いのない甲第三号証によつて認められる。 2,135• )したがつて、休業期間中といえども服務の義務を負う点においては平常と変りがないというべきである。 平成7年北海道札幌市に移住、「道」入会。 )からすると、原告がその当時組合専従職員ではなかつたCに対し、本件承認を与えることは右条例に違反するものであるとの認識を持つことはほとんど期待できず、したがつて、これにつき条例違反はないと考え、ないしは、これに抵触するかどうかにつきさしたる関心を持たなかつたとしても、それはまことに無理からぬところであつたといえるのである。 右によると、原告Aは、訴外Cから本件支援活動に参加するため学校を離れる旨の申出がなされたのに対して、このような場合組合専従職員ではなかつたCに対して義務免の承認をすることは本件条例 二条三号が許容するところであつて何ら違法ではないとの認識のもとに右承認をしたものであることが窺われるのであるが、本来学校長の地位にある同原告としては、教員の職務専念義務等服務規律一般につき十分な知識を有していなければならず、本件条例 二条三号が前記のとおり組合専従の場合にのみ適用されるものであることについても十分に認識していなければならなかつたのであつて、同原告が右承認当時たまたま右条号の正確な意義を知らなかつたからといつて、そのことの故に右条号に抵触する承認をしたことにつき直ちにその責を免れうるものではなく、むしろ右条号の理解に欠けるところがあつたことにつき学校長の地位にあるものとしての職責を十分に果たしていなかつたとの非難を受ける余地がないではない。

Next

地方自治判例

終戦から東京五輪まで名建築55選。 90年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、日経BP社入社。 140• 以上のほかには、本件処分が原告Aに対する不当労働行為であることを雅認させる事実を認めるに足りる証拠はない。 第三結論 以上によると、原告両名に対して行なつた本件戒告処分は、いずれも違法であつて取消を免れない。 2,137• 秋元不死男に師事。 平成14年「道」俳句作家賞受賞。 これに加えるに、前記認定のとおり、春休み等の休業期間中において組合活動その他自宅研修以外の行為をするについては、長期の旅行等を除くほか、所属長に対し口頭で承認を求めることすらほとんど行なわれていなかつた等、勤務時間中に教員が組合活動をする場合に関する服務規律がきわめてあいまいであつたこと、同原告が右承認をした日は一日を除いていずれも春休み期間中であつて(これは当事者間に争いがない。

Next

楽天ブックス: 昭和モダン建築巡礼・完全版1945

そうとすれば、原告Bが右行為をしたことの故に同原告を不利益に扱つたとしても、これをもつて不当労働行為ということはできない。 他に「みちのく賞」「若葉論文賞」等受賞。 それゆえ、現地で溢れる発見、止まらない妄想! はなから「この建築はすごいのだ」の建築史の本にはない、建築の真価がここに凝縮。 昭和29年「若葉」入門、同人。 幹部同人。 主な作品 『冬の園』『母の紋章』『花の流離』『かたかごの花』『光の渚』 青森との関わり 八戸市生まれ。 1,949• 平成元年10月から現在もNHK八戸文化センター講師として「短歌入門」「万葉集」等の指導をしており、「航跡」19号まで発行、また八戸市鴎盟大学講師を昭和54年より現在まで28年間している。

Next

桜紅葉 松本澄江句集 : 松本澄江

その年の冬、八戸市の歌誌「国原」に入会し稲垣浩に師事。 1 カテゴリ• 日本ペンクラブ会員。 謹んで御冥福をお祈りいたします。 2000年に独立。 しかしながら、右事実をもつてしては、いまだ本件処分が、原告Aが北教組の組合員であることの故をもつて不利益な取扱いをしたものと推認するに足りない。 1 カテゴリ• 第二本案についての判断一 原告らが被告の任命にかかる教員であり、昭和三九年一一月一二日当時、原告Aが檜山郡K村立L中学校長、原告Bが同村立K中学校教諭であつたこと、被告が右同日付で原告らに対し、 地公法 、 に基づき、原告主張の理由により本件戒告処分を行なつたこと、右処分に対し、原告らが北海道人事委員会に行政不旅審査法に基づく審査請求をしたが、昭和四六年三月一九日、同委員会が右処分を承認する旨の裁決をしたことは、いずれも当事者間に争いがない。 イラストはカラー化。

Next

地方自治判例

カテゴリ一覧• 句集名は伊賀上野吟行の「はせを塚取巻く櫻紅葉かな」より採った。 88年名古屋大学工学部建築学科卒業。 稲垣浩亡きあと「国原」を主宰。 」と規定しているところ、右条号は、その文言からも明らかなとおり、組合専従職員に対してのみ適用されるものと解するのが相当であつて、原告ら主張の解釈はとりえないものである。 この点に関し、前記D証人は、上ノ国村において学校管理規則を制定した昭和三三年一〇月一七日の時点ですでに本件条例二条三号が組合専従職員に限つて適用される旨の説明会がなされ、それ以降本件処分にいたるまで一貫して所属の各教員に対して右解釈を周知徹底させてきた旨供述し、前記乙第一四号証にもこれと同旨の記載があるが、右はいずれも前記甲第七号証、前記証人C、同E、同F、同G、同H、同I、同Jの各証言および原告B本人尋問の結果に照らし採用し難く、また、前記乙第一三号証によると、上ノ国村内の校長のうちには、右のような解釈を認識していた者もあつたことが窺われないではないが、それは例外的な存在であつて、一般には、右解釈が周知徹底していたものではなかつたことが 同号証によつて認められるから、結局 同号証も前記認定と何ら抵触するものではない。

Next