大正 純愛 金魚 繚乱。 大正殉愛 金魚撩乱

岡本かの子代表作品おすすめ!鮨、桜、生々流転、金魚など!

。 崖端のロマネスクの半円祠堂型の休み場もついでにそのとき建った。 身体に燃えるぬめりを水で扱き取ろうとして異様に 翻 ( ひるがえ )り、翻り、翻る。 3つ目におすすめする代表作は1人の少女の成長を見守る作品「生々流転」です。 事実はざっとこうなのである。 それに近頃では外国人がだいぶ需要して来ました。 ついに免れ切れなくなって、雌魚は柳のひげ根に美しい 小粒 ( こつぶ )の真珠のような産卵を撒き散らして逃げて行く。

Next

大正殉愛 金魚撩乱 2

真佐子は 淑女 ( しゅくじょ )らしく胸を反らしたまま軽く目礼した。 一ぴきの雌に対する三びきの雄の候補者であることを自他の意識から完全にカムフラージュしていた。 岡本かの子は彫刻家で有名な「芸術は爆発」などと名言を残した岡本太郎の母親でもあります。 歳 ( とし )にしては 大柄 ( おおがら )な背中が声もなく波打った。 どうして自分が、あんな女に全生涯までも影響されるのかと、不思議に感じた。

Next

岡本かの子代表作品おすすめ!鮨、桜、生々流転、金魚など!

詩を作るものに田を作れというようなもんです。 母親は早くからなくして父親育ての 一人娘 ( ひとりむすめ )なので、はたがかえって 淋 ( さび )しい娘に見るのかも知れない。 奈良県下の 郡山 ( こおりやま )はわけて 昔 ( むかし )から金魚飼育の盛んな土地で、それは 小藩 ( しょうはん )の関係から貧しい藩士の収入を補わせるため、藩士だけに金魚飼育の特権を与えて、保護 奨励 ( しょうれい )したためであった。 情痴 ( じょうち )を生れながらに取り落して来た女なのだ。 右手は、 蘆 ( あし )の 洲 ( す )の上に漁家の見える台地で、湖の他方の岐入と、湖水の 唯一 ( ゆいいつ )の吐け口のS川の根元とを分っている。 輝 ( かがや )く蒼空をいま 漉 ( す )き出すように頭上の 薄膜 ( はくまく )の雲は見る見る 剥 ( はが )れつつあった。 一木ざかりの八重一重……。

Next

大正殉愛 金魚撩乱

復一は見るべからざるものを見まいとするように、急いで眼を 瞑 ( つぶ )った。 これを二年続けて失敗した復一は、全然出発点から計画を改めて建て直しにかかった。 「生理的から云っても、生活的からいっても異性の肉体というものは 嘉称 ( かしょう )すべきものですね。 騒 ( さわ )がしくも 寂 ( さび )しくもない小ぢんまりした道筋であった。 だが 「とても 廉 ( やす )く仕切るので、 素人 ( しろうと )の商売人には 敵 ( かな )わないよ。 しかし、復一が気がついてみると、もうこのとき、真佐子の周囲には、鼎造のいわゆるよその雄で鼎造から好意を受けている青年が三人は 確 ( たしか )にいて、金 釦 ( ボタン )の制服で出入りするのが、復一の眼の 邪魔 ( じゃま )になった。

Next

岡本かの子 金魚撩乱

それから結婚します。 だが年月の推移につれ研究の進むにつれ、彼の心理も変って行った。 宿直の小使がいった。 あなたはもう学校も済んだし、そんなに美しくなって……」 復一はさすがに云い 淀 ( よど )んだ。 それが一つの金魚であった。

Next

岡本かの子代表作品おすすめ!鮨、桜、生々流転、金魚など!

「いや、金魚はよろしい。 復一は真佐子へも真佐子の父へも手紙の返事を出さず、金魚の研究も一時すっかり 放擲 ( ほうてき )して、京洛を 茫然 ( ぼうぜん )と遊び 廻 ( まわ )った。 「それにしても、これからは万事科学を応用しなければ損です。 けれども復一は必死になっていった。 縁から見るこの 谷窪 ( たにくぼ )の新緑は今が 盛 ( さか )りだった。 両親のいる家へ真佐子が来たときは復一は真佐子をいじめなかった。 すると宗十郎が背中を叩いて云った。

Next

大正殉愛 金魚撩乱 2

そして、いかなる術も彼女の中身に現実の人間を詰めかえる術は見出しにくいと思うほど、復一の人生 一般 ( いっぱん )に対する考えも絶望的なものになって来て、その青寒い 虚無感 ( きょむかん )は彼の熱苦るしい青年の野心の性体を寂しく快く染めて行き、静かな吐息を肺量の底を 傾 ( かたむ )けて吐き出さすのだった。 彼は三十前なのに大分老い 晒 ( さら )した人のような身体つきや動作になっていた。 岡本かの子はあまり有名な人物ではなく1人の母としての方が有名な人物ともいえます。 そして傾いたボートの 船縁 ( ふなべり )からすれすれに、 蒼冥 ( そうめい )と 暮 ( く )れた宵色の湖面が覗かれた。 鏡面を洗い澄ましたような初秋の太陽が昇ったのだ。 蘭鋳から根本的に交媒を始め出した復一はおよその骨組の金魚を作るのに三年かかった。

Next

大正殉愛 金魚撩乱 2

初めのうちはこんなにも大人に育って女性の 漿液 ( しょうえき )の 溢 ( あふ )れるような女になって、ともすれば身体の 縒 ( よじ )り方一つにも復一は性の独立感を 翻弄 ( ほんろう )されそうな 怖 ( おそ )れを感じて 皮膚 ( ひふ )の感覚をかたく 胄 ( よろ )って用心してかからねばならなかった。 いかにささやかなものでも生がこの世に取り出されるということはおろそかには済まされぬことだ。 試験所から 依頼 ( いらい )されているのだが、湖から珍らしい魚が 漁 ( と )れても、受取りの係である復一は秀江の家へ近頃はちっとも来ないのである。 復一は急いで眼口を閉じたつもりだったが、 牡丹 ( ぼたん )桜の花びらのうすら冷い 幾片 ( いくへん )かは口の中へ入ってしまった。 鼎造の崖邸は真佐子の生れる前の年、崖の上の 桐畑 ( きりばたけ )を 均 ( なら )して建てたのだからやっと十五六年にしかならない。 「あたしですの。

Next