飛鳥未来高等学校 評判。 飛鳥未来高等学校口コミ・評判

飛鳥未来きずな高等学校の気になる評判・学費・入試を解説!

例えば、「医療事務(医療保険制度の仕組みや、診療報酬の算定の仕組みを学ぶ)・福祉(介護の役割を理解し、介護に関する基礎的な知識を習得する)・健康スポーツ(運動メカニズムを学び正しい運動の方法について実技実習を交えながら学ぶ)・こども(こどもの発達、生命の誕生、全身運動、言葉の発達について学ぶ)・美容(ヘアメイクやネイルアートなど髪や爪に関する知識は勿論、基礎的な技術や色彩感覚を学ぶ)」このように将来に向けてさまざまな専門的な勉強を早い段階から行うことができるのが、飛鳥未来高等学校の強みです。 しかし、返済不要の就学支援金を受ければ公立校とほぼ同額になり安心です。 そんな時は 飛鳥未来きずな高等学校では、都道府県の奨学金を利用する生徒を対象に、 初期費用軽減&学費分納制度 があります。 美容師コースは卒業と同時に免許がもらえるスケジュールで進められる、美容専門学校とのダブルスクールとなっています。 飛鳥未来きずな高等学校 立川キャンパス• sanko. 不明な点がございましたらお問い合わせ下さい。 自分に合ったコースを選択しないと、結局単位が取得できずに予定よりも長い間通信制高校に在籍しなければならなくなってしまいます。 またクラスの友達などの交流や、学校生活も楽しむことができます。

Next

トライアルレッスンができる飛鳥未来高等学校の口コミ・評判|全国通信制高校比較Navi

自分も頑張ります。 別途就学支援金を利用すると最大22. 世帯年収で支援金の額は変わります。 登校時の服装は自由です。 提携専門学校は医療・看護・薬業・歯科・福祉系専門学校13校、美容系専門学校11校、ブライダル・観光系専門学校7校、スイーツ・カフェ系専門学校6校、調理・製菓・栄養系専門学校3校、スポーツ校系専門学校9校、保育系専門学校14校、こども心理を学べる東京未来大学や栄養士・保育士を目指せる小田原短期大などもあり、卒業後に更に専門に学びたい場合には優先的に進学することができます。 ベーシックスタイル以外の各スタイルはクラス制を採用しているので、クラスの友達と高校生活を満喫することができます。

Next

飛鳥未来高等学校の評判や学費情報を調査!

スタンダードコース 週に1度、ホームルームがあり、その日だけ通学するというコースです。 ですが逆に、その自由な校風に馴染めなかったり、自分から積極的に関わりを持たないと満足感も低いようです。 なおコースはベーシックスタイル・スタンダードスタイル・3DAYスタイル・5DAYスタイルの4種類から選べます。 関わらなければOK。 コースによって授業内容や登校日数が変わってきますので、無理なく通えるコースを選択するようにしましょう。 また、打ち込むことが見つけられないという方であっても、学校で将来の夢や目標を見つけられるようにメイクやダンスなど様々な体験のできる トライアルレッスンを実施しています。

Next

飛鳥未来きずな高等学校

入学金:10,000円• 自己管理能力は身につきます。 ローンの詳細は、募集要項をご確認ください。 若くて生徒の感覚に近そうな先生が多いですよ。 入学金 80,000円 授業料(年間) 190,000円 通信費 50,000円 初年度の学費 720,000円(ベーシックコースにプラス) 885,000円(3DAYコースにプラス) 飛鳥未来高等学校は、 運営母体が大きく、たくさんの専門学校を持っているという大きな魅力もあります。 (昭和60年) - 学校法人三幸学園設立• 学習面でも生活面でも、しっかりとした支援が受けられます。 テストもありますが、マークシートの為赤点を取る事は殆どありませんでした。 php on line 564 Contents• ・入試に学力試験はないため難しくはないが、詩の朗読がある。

Next

飛鳥未来きずな高等学校はどんな学校?|全国通信制高校比較Navi

在学中アルバイトとして美容院で働くこともできたので良かった。 キャンパスごとにどんな先生がいるかHPに一言メッセージとともに載っているので、気になる人は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。 入試の内容は先ほど解説した通り、書類選考と面接です。 いじめもなく過ごしやすかった。 飛鳥未来高等学校と飛鳥未来きずな高等学校は姉妹校です。

Next

飛鳥未来高等学校の情報/評判は?資料請求はこちらから

少しでも気になった人は、資料請求や学校見学に行ってみましょう!. とは言っても難しい詩ではないので、 落ち着いて臨めば大丈夫でしょう。 飛鳥未来高等学校もその中のひとつ。 もちろん、充実した高校生活を送りたいという人も、毎日通学することで楽しく過ごせます。 自由登校制では年間20日程度の登校で卒業が可能ですが、クラス制では週1日暮らすのHRに参加し、友達をつくったり行事に積極的に参加したりできるので、自分の生活に合わせて選んでください。 「気の合う友人数人と楽しく学校生活を過ごしたい」 あるいは 「煩わしい友人関係に悩みたくない」 という人には向いています。 みんなと交流出来出来よかったです。

Next