転職 行政書士。 行政書士を辞めて異業種へ転職したい。転職先や適性が高い職種を解説

行政書士の就職|試験合格後の仕事の探し方|Time Hacker

弁護士事務所:電話応対や裁判所への書類提出のサポートなど、 パラリーガル(法律事務員)として弁護士事務所に勤務する• 行政書士の資格を生かすことができますし、実務の中でさらに難易度が高い司法試験を目指したいというステップアップをしたい人にも向いています。 行政書士資格を取得しても、稼げる人とそうではない人がいることを認識しておきましょう。 その際に行政書士とFPの資格を持っていると相続に関する書類の作成だけでなく、資金面や財産に関する相談に乗ることができるでしょう。 顧客からの依頼内容によっては、一つの案件で税務、法律、関連書類の手続きが必要になる場合があります。 その際、単に資格保有欄に「行政書士資格保有」と書くだけでは、せっかく頑張って取得しても勿体無いです。

Next

未経験から行政書士資格を取得して転職する賢いやり方を徹底解説

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。 そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。 法律に詳しい人を求めている企業もありますので、行政書士としての経験や知識が活かせるメリットもあるでしょう。 そのためには、募集先の企業や事務所が、一体どういった目的で行政書士資格者を募集しているのかをしっかりリサーチする必要があります。 外国人を中途採用した場合、どんな手続きが必要? 外国人を中途採用した場合、具体的にはどのような手続きが必要となるのでしょうか? 最も重要な手続きの一つとして 就労ビザ(在留資格)の更新手続きがあげられます。 同じ法律系の資格である司法書士と比較すれば、試験科目は少なく専門的知識も必要としません。

Next

行政書士の求人

自分に関心を持っている企業がわかる たったの5分で、優良企業5,500社にあなたの経歴を公開できます。 なかでも、かつて大学の などで法律を勉強していた人は、法律に関する素養があるぶん、行政書士への転職を志しやすいようです。 転職後の活動の内容、期間、地位及び報酬の記載ある文書 ・雇用契約書の写し ・辞令・給与辞令の写し ・採用通知書の写し など 6. ただし、これらの一般企業では、士業事務所とは異なり、行政書士資格を使って仕事をするのではなく、あくまで行政書士としての知識を生かすという働き方に留まるという点には、留意する必要があるでしょう。 個人で全ての書類を網羅するのは難しくなっています。 関連相談• パートやアルバイトも視野に入れる これは家庭の事情もあるので安易におすすめはできませんが、 求人を正社員だけで探すと範囲を狭めてしまうことにもなります。 それに加えて、企業の求める方向性の人材と合致していると判断されると、採用される確率はかなり高くなるでしょう。 ただし、企業などに就職する場合には、その企業なり法律事務所なりが求める能力、条件を満たした人材が求められるでしょう。

Next

行政書士の転職・求人・中途採用情報【doda(デューダ)】

企業の場合、これから長く会社の戦力となる有望な人材として採用するわけですから、できるだけ若い年齢の方が有利です。 企業の法務部や総務部で行政書士としての知識やスキルを活かして働くことができる• また一般企業は、弁護士事務所などよりも採用人数が多く、入社しやすいですよ。 関連相談• これは、行政書士試験を受けるにあたって年齢制限などがなく、さらに資格自体に定年制度もないため、いつの時点からでも行政書士を目指しやすいことが要因として挙げられます。 ただし、それはあくまで資格だけの話であり、実際に行政書士として働くためには、行政書士事務所などに勤め、実務経験を積むことが必要です。 また、士業事務所など即戦力としての行政書士を求められているところでは、未経験者は採用されないこともあります。 弁護士や税理士などが独立した場合、数十万円の年会費がかかりますが、行政書士は、数万円で済みますよ。

Next

行政書士資格は就職に有利?就職先や年収まで求人の実態を調査!

「将来独立するつもりがありますか」と質問されることも多いでしょうが、企業の採用面接であれば「行政書士資格によって企業へ貢献したい」という点を強調しておいた方が、チャンスは大きくなります。 転職するためには資格試験に合格する必要がありますが、人の役に立つ仕事、人と触れ合うことが好きな方には、目指す価値のある仕事と言えます。 いずれの場合も行政書士の 独占業務を行うことはできず、資格取得を通じて身につけた知識・スキルを活かして、有資格者以外でも可能な一般的な業務を行うことになります。 行政書士事務所では、借金問題に強い事務所や旅券関係をメインとした事務所も各業務に特化している事務所など幅広くあります。 法務事務所:行政書士を中心に弁護士以外の士業が開業する事務所で、事務所に雇用されて働く 使用人行政書士になる• 一方で、独立せずに企業で働いた場合は、平均年収が600万円程度なります。

Next

行政書士の就職|試験合格後の仕事の探し方|Time Hacker

ですが、平均年収ですので、もちろん企業によっては、年収1000万円以上を稼ぐことは可能です。 また、単に法学部を出ただけではこうした能力を身につけたとは言いがたいのが現状です。 許認可関係、遺言・相続関係、外国人関係など、自分の興味の方向性をある程度定め、それに合致した就職先を選びましょう。 経営力が足りない 行政書士は業務に関する法的的知識だけでは事業をうまく展開することができません。 法律事務員は、弁護士の指示通り、法令の調査や書類作成などを行います。 ここでは、転職時に行政書士資格を取得しているメリットを紹介します。

Next

行政書士資格は就職に有利?就職先や年収まで求人の実態を調査!

行政書士でなければならない業務がもともと少ない上に、自前でネットの検索や手軽なフォーマットを利用できる機会が増え、一般の人や法人が行政書士に頼るケースが大幅に減ってきています。 営業の経験もコネクションもないという方は、まず行政書士の開業セミナーや行政書士実務講座を受講されるといいでしょう。 せっかく行政書士になっても、営業が嫌という理由で他の仕事に転職する人もいるくらいです。 官公署に提出するための許認可などの作成は、法的に有効な書面の作成などをおこないます。 1 31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。 行政書士への転職面接で気をつけるべきことは? 行政書士事務所などに転職する人のなかには、将来的に独立開業することを視野に入れている人も多いかもしれません。 資格取得後、開業以外の選択肢となる求人のありかをご紹介します。

Next