ただ 君 に 晴れ 歌詞 付き。 ヨルシカ

ヨルシカ ただ君に晴れ 歌詞&動画視聴

2番 夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識 記憶の中はいつも夏の匂いがする 写真なんて紙切れだ 思い出なんてただの塵だ それがわからないから、口を噤んだまま 絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ 夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識 記憶の中はいつも夏の匂いがする 山桜桃梅(ユスラウメ)とは花の名前ですね。 晩春に咲く花なので 僕がいる現在(イマ)は春が終わり夏が近づいている季節です。 あの夏の僕らと大人になった僕ら 夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜた バス停の背を覗けば あの夏の君が頭にいる だけ ヨルシカ ただ君に晴れ 作詞n-buna 夜空に浮かぶ海月のような月を見たことで、あの夏の君が思い出されます。 口に出せなくても僕ら一つだ=楽しく遊んだあの頃から「僕」と「君」の関係性は変わっていないはずだ、という「僕」の思い。 大人になるにつれて乖離していく、君と僕の気持ち。 きっとその中には、歌詞の意味がわからなくて、共感できないものもあるだろう。

Next

【ただ君に晴れ/ヨルシカ】歌詞の意味を徹底解釈!まさかの正岡子規との関連性が!?

晴れるということは「陽」がさすということ。 だけ 鳥居 乾いた雲 夏の匂いが頬を撫でる 大人になるまでほら、背伸びしたままで 遊び疲れたらバス停裏で空でも見よう じきに夏が暮れても きっときっと覚えてるから 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せないなら僕は一人だ それでいいからもう諦めてる だけ 夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識 記憶の中はいつも夏の匂いがする 写真なんて紙切れだ 思い出なんてただの塵だ それがわからないから、口を噤んだまま 絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ 俯いたまま大人になって 追いつけない ただ君に晴れ 口に出せないまま坂を上った 僕らの影に夜が咲いていく 俯いたまま大人になった 君が思うまま手を叩け 陽の落ちる坂道を上って 僕らの影は 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せなくても僕ら一つだ それでいいだろ、もう 君の想い出を噛み締めてるだけ だけ 夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜた 海月と書いてくらげと読みますがこちらには他にも次のような意味があります。 つまり「ただ君に晴れ」の意味は、「ただ君に陽を」と言った感じでしょうか。 このサビの部分には 変わってしまった大人の「君」と、「僕」が追慕する無邪気な頃の「君」、の対比が描かれています。 私に作曲はできないけれど、歌詞の意味を伝えることで音楽をいろんな人に広められると思う。 夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜた バス停の背を覗けば あの夏の君が頭にいる だけ 鳥居 乾いた雲 夏の匂いが頬を撫でる 大人になるまでほら、背伸びしたままで 遊び疲れたらバス停裏で空でも見よう じきに夏が暮れても きっときっと覚えてるから 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せないなら僕は一人だ それでいいからもう諦めてる だけ 夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識 記憶の中はいつも夏の匂いがする 写真なんて紙切れだ 思い出なんてただの塵だ それがわからないから、口を噤んだまま 絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ 俯いたまま大人になって 追いつけない ただ君に晴れ 口に出せないまま坂を上った 僕らの影に夜が咲いていく 俯いたまま大人になった 君が思うまま手を叩け 陽の落ちる坂道を上って 僕らの影は 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せなくても僕ら一つだ それでいいだろ、もう 君の想い出を噛み締めてるだけ 基本情報. サビ1 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せないなら僕は一人だ それでいいからもう諦めてる だけ 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 追いつけないまま大人になってとありますがこれは 僕の心を表しているものだと感じます。

Next

ヨルシカ

最高の一言に尽きます。 バス停の背を覗けば あの夏の君が頭にいる あの夏の君が頭にいる、とありますがこれはバス停の背を覗いているのが現在(イマ)にいる 僕であり覗いた先にいる 君は過去(あの夏)の人物なのがわかりますね。 夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜた バス停の背を覗けば あの夏の君が頭にいる だけ 鳥居 乾いた雲 夏の匂いが頬を撫でる 大人になるまでほら、背伸びしたままで 遊び疲れたらバス停裏で空でも見よう じきに夏が暮れても きっときっと覚えてるから 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せないなら僕は一人だ それでいいからもう諦めてる だけ 夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識 記憶の中はいつも夏の匂いがする 写真なんて紙切れだ 思い出なんてただの塵だ それがわからないから、口を噤んだまま 絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ 俯いたまま大人になって 追いつけない ただ君に晴れ 口に出せないまま坂を上った 僕らの影に夜が咲いていく 俯いたまま大人になった 君が思うまま手を叩け 陽の落ちる坂道を上って 僕らの影は 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せなくても僕ら一つだ それでいいだろ、もう 君の想い出を噛み締めてるだけ 「ただ君に晴れ」 ってどういう意味でしょうか。 以上、tonaの、ヨルシカ、ただ君に晴れの歌詞の意味考察でした!. 私自身、n-bunaさんのボカロから聞いていて、 ヨルシカ結成と同時にヨルシカのファンになったほど昔から聴いております。 そして夏が終わってもきっとこの思い出を忘れない、と言っています。 けど、あえて「海月のような」と比喩を用いているのには、ちゃんと理由があると思う。 つまり、 「僕」の知らないところで「君」は純朴な子供の部分を捨てて大人になっていった、 ということなんです。

Next

ただ君に晴れの歌詞・楽曲情報

晩春に咲く花で花言葉は 「郷愁」 「輝き」 の二つがありますね。 しかし、 あの頃の君は記憶の中にいるだけ つまり、現実にはいません。 では行こう。 全体の意味としては いつもそこを通る君がそこにある石に腰を落として休憩をしているといった意味になりますね。 写真なんて紙切れだ 思い出なんてただの塵だ それがわからないから、口を噤んだまま 写真や思い出なんてゴミだと、そう感じているのに 僕は違和感を抱いていて、それが何なのか分からないから言葉にできないのでしょう。

Next

ヨルシカ

はい、意味わかりませんね。 遊び疲れたらバス停裏で空見てたんだね~この二人……。 ここで山桜桃梅とは、ユスラウメという花のことで、その花言葉は {郷愁、ノスタルジー、輝き}です。 君の記憶が徐々に薄れていく。 冒頭で、バス停の背を覗いて君を思い出したのは、遊び疲れたらバス停裏で一緒に空を見てたから。

Next

ただ君に晴れの歌詞・楽曲情報

そんな様子が最後の「だけ」に集約されています。 本稿を読む前にこれを覚えておいてください。 何はともあれ歌詞がなければ始まらないので、に気を付けつつ歌詞を引用する。 君に思いは届かず、なげやりな気持ちが「それでいいだろ、もう」に表れていますね。 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せないなら僕は一人だ それでいいからもう諦めてる だけ ヨルシカ ただ君に晴れ 作詞n-buna そして二人は大人になります。 そんな願いは口には出せないまま、 「僕らの影」つまり僕らの自分自身の気づかない部分で 「 夜が咲いていく」、大人になっていく。 そんな切ない感情を少ない言葉で伝えるn-bunaさんは天才ではないでしょうか。

Next