ジョエルエドガートン 映画。 『ある少年の告白』ジョエル・エドガートン“監督”の魅力!(シネマズ PLUS)

ザ・ギフト : 作品情報

愛想のいい、いかにも成功者という感じの夫・サイモンにジェイソン・ベイトマン。 2004年 「キング・アーサー」 2005年 「キンキブーツ」 2011年 「ウォーリアー」ではトム・ハーディーと共演し、子供の治療費のため、高校教師から総合格闘家へ戻り大会で優勝を目指すブレンダン・コンロン役を熱演。 Filmotomy 2018年12月11日. Deadline Hollywood. 最初は思い出せなかったサイモンも、「ゴードンだよ」と名前を告げられ記憶を取り戻したようで、「おー久しぶりだなー! 今度遊びに来いよ!」ってな感じでお家にご招待するわけです。 2016年7月7日閲覧。 それほど、素晴らしいキャスティングが実を結び、俳優が映画を牽引した必見の映画である。

Next

speedtracktales.co.uk: キンキーブーツ (字幕版): ジョエル・エドガートン, キウェテル・イジョフォー, サラ=ジェーン・ポッツ, ニック・フロスト: generic

魂を殺されかけながらも、ありのままの自分でいることを選択した息子と、息子への愛に苦悩し葛藤する親。 恐怖を与える存在ながらも繊細さを纏ったキーパーソンを演じている。 牧師の父と母の一人息子として愛情を受けながら、輝くような青春を送るジャレッド。 ジェニファー・ローレンスが29歳なので、もし本当に付き合っていたら16歳差! しかし事実はというと、どうやらガセネタのよう。 ジャレッドの両親役をラッセル・クロウとニコール・キッドマンが演じるほか、映画監督・俳優としてカリスマ的人気を誇るグザビエ・ドラン、シンガーソングライターのトロイ・シバン、『レッド・ホット・チリ・ペッパーズ』のフリーらが共演しています。 その後、兄ナッシュ・エドガートンとともに映画製作会社を設立しました。

Next

ザ・ギフト : 作品情報

そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。 謝ってくれれば「サイモンも変わったんだな」って納得できて、そこで終われたんじゃないかなと。 ガラルドが私のストーリーへの情熱を信頼してくれたことに対して感謝しますが、私は撮影をやり直すより最善の方法は考えられません。 『エクソダス:神と王』• 『ある少年の告白』 2019年4月19日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー 俳優のジョエル・エドガートンが『ザ・ギフト』に続きメガホンをとった映画『ある少年の告白』。 2018年9月12日閲覧。 共演者も絶賛!ロバート・パティンソンの怪演が観終わった後も頭から離れない 各映画祭で多くの批評家から出た感想が「 ロバート・パティンソン演じるフランス王子が強烈」というものだった。 むしろ(贈り物に生首入っててイヤー! 的な)ただのホラーよりも全然あり得そうな話なのでそこが良いなと思いつつ、ただリアルが故に大きな衝撃もなく、じわじわと「なるほど…こういう話ありそうだな…嫌だな…」と染みてくるような感じが良くも悪くも地味なので、今ひとつピークがなかったかなぁという印象です。

Next

ザ・ギフト : 作品情報

主役のモーゼ役を演じたのは、30キロ近く減量して挑んだ「マシニスト」で役作りの凄さが話題を呼び、クリストファー・ノーラン監督「バットマン ビギンズ」のバットマン役で有名なクリスチャン・ベールです。 2018年12月15日閲覧。 その後も結婚は誰ともされておらず、仕事が結婚相手の様です。 再会を喜んだゴードから、2人に1本のワインが「ギフト」として贈られる。 牧師の父(ラッセル・クロウ)と母(ニコール・キッドマン)のひとり息子として愛情を受けて育ち、輝くような青春を送る大学生のジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)。 2018年12月15日閲覧。 クロエ - マデリン・クライン• Fleming Jr, Mike 2017年6月8日. しかし、徐々にゴードからのギフトはエスカレートしていき、度を越していく贈り物に2人が違和感を覚えはじめた頃、夫婦のまわりに異変が起き始める。

Next

映画レビュー1004 『ザ・ギフト』

アメリカの批評家サイトRotten Tomatoesで93%の高評価を叩き出し、日本でも「嫌な気分になれる最高の映画」として話題を呼んだ。 夫と娘の3人で幸せな生活を送っていたナタリー・ポートマン演じるジェーンですが、ある日、ユアン・マクレガー演じるビショップ一家の首領ジョン・ビショップによって、夫が射殺されてしまいます。 これ役を(ジェイソン・ベイトマンと)逆にしてたらだいぶ印象が違うし、その辺良い意味で変でいいなと思います。 2020. 映画『ある少年の告白』のあらすじ アメリカの田舎町。 今後も俳優&製作者としての活躍が止まらない。 それ以降ちょくちょくと玄関先にちょっとした贈り物が置かれていたり、いきなり池に鯉が放流されていたりと「ありがたいけど気持ち悪い」プレゼント攻勢を受けるサイモン夫婦。 キャストの 演技にも目が離せません。

Next

楽天ブックス: ある少年の告白

Tapley, Kristopher 2018年8月30日. 2017年9月9日閲覧。 兄弟で映画監督を務めるとは才能のある2人ですね! スタントマンとしてはかなり有名で、マトリックスやスパイダーマン、ジョエル・エドガートンと同じくスターウォーズにもユアン・マクレガーのスタントダブルを演じました。 。 俳優ジョエル・エドガートンが『ザ・ギフト』(2016)続いて手がけた監督第2作で、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2017)などの若手実力派俳優ルーカス・ヘッジズを主演に迎えました。 。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All Rights Reserved. 自らを偽り、別人のように生きることを強いる〈口外禁止〉だというプログラム。 日本では「ジェーン」だけでなく、「ザ・ギフト」も、今年10月に公開が予定されているので、ジョエル・エドガートンは今大注目の人物です。

Next

ジョエル・エドガートン【2020年最新版】必ず見たことある名バイプレイヤー! 「スターウォーズ」にも実は出演!身長,年齢,性格は?結婚相手や出演映画を紹介!

Hollywood Music in Media Awards 2018年10月. 受賞とノミネート [ ] 賞 部門 候補 結果 メイキャップ賞(コンテンポラリー) 『ある少年の告白』 ノミネート 主演男優賞(ドラマ部門) ルーカス・ヘッジス ノミネート 主題歌賞 『Revelation』 ノミネート 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート 作品賞 『ある少年の告白』 ノミネート 監督賞 ジョエル・エドガートン ノミネート 主演男優賞 ルーカス・ヘッジス ノミネート 助演男優賞 ラッセル・クロウ ノミネート ジョエル・エドガートン ノミネート 助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞 脚色賞 ジョエル・エドガートン 受賞 (国際部門) 助演男優賞 ジョエル・エドガートン ノミネート 助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞 オーストラリア映画批評家協会賞 助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞 主演男優賞 ルーカス・ヘッジス ノミネート 助演男優賞 ラッセル・クロウ ノミネート 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート 歌曲賞 『Revelation』 ノミネート 功労賞 ニコール・キッドマン 受賞 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート 助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞 ノースカロライナ映画批評家協会賞 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート ウエスタン・ニューヨーク映画批評家協会賞 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート ロサンゼルス・オンライン映画批評家協会賞 主題歌賞 『Revelation』 ノミネート オンライン女性映画批評家協会賞 脚色賞 ジョエル・エドガートン ノミネート 大人のための映画賞 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート キャメリメージ国際映画祭 監督賞 ジョエル・エドガートン ノミネート シカゴ国際映画祭 観客賞 『ある少年の告白』 ノミネート サンディエゴ国際映画祭 観客賞 『ある少年の告白』 受賞 ミルバレー国際映画祭 観客賞 『ある少年の告白』 2nd Place ハートランド国際映画祭 観客賞 『ある少年の告白』 受賞 ヒューマニタス賞 作品賞(ドラマ部門) 『ある少年の告白』 受賞 ハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワード 歌曲賞 『Revelation』 ノミネート 出典 [ ]• 本作でも監督だけでなく、脚本・製作・出演も果たしているエドガートン。 2016年7月7日. 2018年12月1日閲覧。 Camerimage International Film Festival 2018年11月. 2018年12月15日閲覧。 boy-erased. 様々な中で葛藤する主人公 ルーカス・ヘッジズが、感情を爆発させる場面は観る者の胸を揺さぶります。 ウォーターゲート事件とは、1972年にリチャード・ニクソン再選を図るアメリカ共和党の大統領再選委員会が、民主党本部に盗聴器を仕掛けようとしたことで始まったアメリカの政治スキャンダル。

Next

ジョエル・エドガートン

2018年12月1日閲覧。 2018年9月12日閲覧。 Filmmaker Magazine. アーカイブ化• 『華麗なるギャツビー』• 登場シーンから、主演のティモシーを超える勢いで印象に残る。 初めて脚本・出演・製作を手掛けたのは『ディスクローザー』(13)。 ただ後でじわじわ来る系の映画なので、わかりやすく目立った面白さみたいなものは薄く、「初監督・脚本作品なのに随分と渋い映画作ってきたね」というような。

Next