オシア コン クエスト 300hg。 ジギング、スロージギングでのベイトリールはオシアジガーとオシ...

オシア コンクエストCTが発売! 番手の選び方とフォールレバーの使い道

HAGANEボディ 樹脂製に比べて剛性が高いアルミやマグネシウムなどの金属を使用したボディ。 スプール幅がコンクエストの22mmから、コンクエストリミテッドでは僅かに0. 最新ロックフィッシュロッドで個人的にも気... オシアコンクエストのハンドルはやや安っぽい部分があったので、少し高級感が増したかもしれませんね。 マイクロモジュールギアの搭載でギアのクリアランスが一層向上したためパワーロスがない。 ギアも全然奇麗なんですけどね〜。 」 剛性、耐久性などは「E. オシアコンクエスト300HGのスペックについて! 『オシアコンクエスト』は、シマノのリールテクノロジーを結集して強靭さ、滑らかさ、操作性を可能な限り高めたオフショア用両軸リールのフラッグシップモデル。 バッタンバッタンと波に叩きつけられながら走る船上なので、タックルにも相当な負荷がかかります。 (超防錆処理) ボディ、スプールに特殊処理し、錆に対して従来の2倍以上の耐食性を実現。

Next

オシアコンクエスト300HGはおすすめ│単独Saltistの“Blue journal”

なので自分で購入して、実際に使い込み運用していく過程も含めて、インプレッションにまとめてみました。 安いリールだと、特にリールに強い力がかかった時にリール自体が「きしむ」ことがあります。 バラした手順の逆に組み上げて行きます。 もちろん頑丈さも文句なし。 手が小さい人も握りやすくなってる。 リールのギア精度で、ここまで水中の様子が伝わってくるのは怖いくらいです。

Next

オシア コンクエストCTが発売! 番手の選び方とフォールレバーの使い道

8 8. ついでに、マイクロモジュールギアのおかげか、 リールそのものの剛性のおかげか、 巻き上げ自体が非常になめらかなので、割と楽に上げてくることができました。 伊良湖も似ていて似てない面があります。 ちなみに、ジガー1500HGと300はほぼ変わらない感じです。 こんにちは。 157• ちなみに、鳥羽(ヴァーチカル)なら300HGと200PGがあればオールシーズン対応できますが、志摩(ドテラメイン)は若干事情が違う事があります。 また、根魚などスローピッチジャークで狙う時に、フォールスピードを落とさないで着底させると、結構大きな音でゴォン!って底で鳴り響いていて、根魚には良くないと言われています。

Next

オシアコンクエストCT300 インプレ

そして 「マイクロモジュールギア」採用によってより滑らかになり、本体剛性と巻きの滑らかさが相まって「軽く、力強く巻ける」ことができます。 ジギング• レベルワインドがいかにフォールスピードの邪魔をするのかよくわかります。 強いて言えば、結構重たいところですね。 (RYOGA BJは2号250m(300m近くまで巻けない事はないけど余裕なし) 現時点としては、PE2号超過300m以上を使用するなら、オシアジガーの1500HG、2000HGを選択するのがベターです。 とはいえ、200番台のオシアコンクエストへのストレスフリーレベルワインドの実装によって、カルカッタコンクエストであったフォールのストレスからは解放されました。

Next

ジギング、スロージギングでのベイトリールはオシアジガーとオシ...

X-SHIP ギアの大型化、配置最適化、精度向上でパワーを効率よく伝達し、より強力に巻上が可能になったギア。 5号 ・ライトヒラメ ・マゴチ ・水深50m以上の船釣り全般 ・根魚(マハタ、カサゴなど) PE2. 2号が600m相当カツカツです. 1. もちろん感覚の個人差みたいなものかもしれませんが、このオシアコンクエストはそれが顕著に出ていると思っています。 オシアコンクエスト300HGがPE2号380mのラインキャパで出てきましたので、今までとは若干構成が変わってきくると思います。 例えば有名なところでは「オシア」シリーズ。 オシアコンクエスト 技術特性のコレがイイ! オシアコンクエストはシマノのオフショアソルトゲームにおけるフラッグシップリールです。 また、鯛ジギングやシーバスなどのライトジギングもおすすめです。 2で1回転当たりの巻き上げ量は78cm、シングルハンドルですのでライトジギングがメインになりそうなモデルです。

Next

オシア コンクエスト[OCEA CONQUEST] |両軸リール|リール|製品情報|シマノ

ライトジギングであれば、ワンピッチジャークのピッチを合わせるためにHG 船釣りであれば、手返しを重視したいからHG こんな感じに何を取るかを明確にすると、自分にあったモデルが見えてきます。 最終的にワインダーとカウンターがあって初心者向けのオシコンがいいかなと思ってこっちにしたわけだけど、一通りいろんな釣りで使い込んだ結果ジガーも必要って結論に至りました。 力が逃げない、巻きが軽い! 近海ジギングを変えるリールです。 いやいや違います、 オシアコンクエストCTです。 HAGANEボディ 樹脂製に比べて剛性が高いアルミやマグネシウムなどの金属を使用したボディ。 また、特別な存在感を放つ精悍なダークブルーのボディには強靭でスタイリッシュなAL鍛造ハンドルを標準装備。 一方オシコンCTは分解するときに外さないといけないネジがすべて外部に露出しているので分解が簡単。

Next

気ままに釣行記: オシアコンクエストに300HG 301HGがしれっと登場!

ジギング(オフショア)に必要なタックルやジグのしゃくり方を紹... キャスティングがしやすい。 アンダーハンドキャストを多用しますからね! 遠心力ブレーキの搭載があることによってキャスタビリティが上がり、200番台のオシアコンクエストの汎用性が一気に上がっています。 ギア比がわずかに小さくて、 ドラグ力は同じ。 シマノ従来製品比で、振動レベルは半減しているらしい。 ドラグスプリングがコイルドウェーブスプリングなんですね。 相変わらず釣りに熱狂していたタックンは、 そろそろ良いタックルも欲しいな、なんて思いながら、 「今年も釣るぞ~」っという祈願をこめて、 オシアコンクエストを購入しました。 長く使う買い物になると思うので、自分でメンテしやすいっていうのは僕にとっては大きなポイントだったりする。

Next

淡水鱒時々潮魚:オシアコンクエスト 300HGをオーバーホール

2 7. まとめ 以上シマノのタイラバに使える丸型リール6機種を紹介してきました。 だんぜん軽いです! 285g 対 345g です! ・僕が一番重要視する巻き上げトルク、巻上パワー! リョウガの勝ちです! ここが一番かきたかったとこです サイズ1まわりでかいから当然でしょって思いますか?? サイズ1まわり小さくても同等のパワーがあってほしいとう願望があったんです! ・感度! それ以外のパーツにはシマノ純正のDG04をうっすら塗布してます。 いろいろ調べ、正直かなり悩みました。 コンクエストリミテッドのハンドルは長さが5mm長くなり、握りやすいグリップと併せてよりパワフルな巻き上げが可能になっています。 もちろん300に分があり、かなり楽にやりとりできます。 面白いくらい、みーんな持ってる。 難点は樹脂製に比べて若干重いこと。

Next