ちご の そら ね 現代 語 訳。 宇治拾遺物語「児のそら寝」「絵仏師良秀」原文・現代語訳・意味解説|全文|高校古典テスト問題も

ちごのそらね 現代語訳・品詞分解・原文

【現代語表記】 児(ちご)の、掻(か)い餅(もちい)するに、空寝(そらね)したる事、 これも、今は、昔、比叡の山に、児(ちご)有りけり。 那智の滝は熊野にあるがあはれなるなり。 お供している五位、六位などの者が、下襲の裾を帯に挟んで、真っ白な笏(さく)の上に扇を置いたりなどして、あちこちに行き違い、また正装をして壺胡なぐいを背負った随身の供の者が出入りしているのは、この立派な屋敷に似つかわしいものである。 助動詞「す」は「使役・尊敬」の意味があるが、直後に尊敬語が来ている場合には文脈判断する必要がある。 」と、思って寝て聞いていると、 ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、 ただむしゃむしゃと、とにかく食べる音ががしたので、どうしようもなくて、 無期 むご ののちに、「えい。

Next

ちごのそらね(稚児のそら寝)現代語訳

・当ブログの文章・イラスト等の著作権は北見花芽(きひみハマめ)に帰属していますので、無断転載等はご遠慮ください。 ・Cookieを無効にして解析等を拒否したい場合は、ブラウザの設定で出来ますので、お使いのブラウザをご確認ください。 [念じて] 我慢して。 僧たち(が)、宵の所在のなさに、 【宇治拾遺物語 現代語訳】児のそら寝. 」 尊補動(ハ四・命令) と 格助(引用) 言ふ 動(ハ四・連体) を、 格助(対象) うれし 形(シク・終止) と 格助(引用) は 係助(提示) 思へ 動(ハ四・已然) ども、 接助(逆接確定) ただ 副 一度 名 に 格助(状態) いらへ 動(ハ下二・未然) む 助動(婉曲・連体) も、 係助(強調) 待ち 動(タ四・連用) ける 助動(過去・連体) か 係助(疑問) と 格助(引用) もぞ 係助+係助(懸念)係 思ふ 動(ハ四・連体)結 とて、 格助(引用) 今 副 一声 名 呼ば 動(バ四・未然) れ 助動(受身・連用) て 接助(単純) いらへ 動(ハ下二・未然) む 助動(意志・終止) と、 格助(引用) 念じ 動(サ変・連用) て 接助(単純) 寝 動(ナ下二・連用) たる 助動(存続・連体) ほど 名 に、 格助(時間) 「や、 感 な 副 起こし 動(サ四・連用) たてまつり 謙補動(ラ四・連用) そ。 詳しくは引用元の所蔵機関のサイトをご覧ください。 僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かいもちひせむ。 教科書などの解釈や学校の授業によっては、プリントの解答が誤りとなる場合があります。

Next

児のそら寝 現代語訳 品詞分解

改訂版はこちら lscholar. 次回の予習 次も 稚児が出てくるお話を続けて取り上げます。 昔々、比叡の山に児がいたということだ。 あな=感動詞、ああ、あら、まあ わびし=形容詞シク活用、つらい、苦しい、情けない、困ったことだ という声がしたので、ああ困ったものだと思って、 今一度起こせ かしと、思ひ寝に聞け ば、 かし=念押しの終助詞、文末に用いる、~よ。 」と言ふ声のしければ、あなわびしと思ひて、今一度起こせかしと、思ひ寝に聞け ば、ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ、すべなくて、無期の後に、「えい。 こ … 代名詞 の … 格助詞 児 … 名詞 心よせ … 名詞 に … 格助詞 聞き … 四段活用の動詞「聞く」連用形 けり … 過去の助動詞「けり」終止形 さりとて、し出ださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、 そうかといって、作りあげるのを待って寝ないのも、きっとよくないだろうと思って、 さりとて … 接続詞 し出ださ … 四段活用の動詞「し出だす」未然形 む … 婉曲の助動詞「む」連体形 を … 格助詞 待ち … 四段活用の動詞「待つ」連用形 て … 接続助詞 寝 … 下二段活用の動詞「寝」未然形 ざら … 打消の助動詞「ず」未然形 む … 婉曲の助動詞「む」連体形 も … 副助詞 わろかり … ク活用の形容詞「わろし」連用形 わろし … 普通よりも悪い な … 強意の助動詞「ぬ」未然形 む … 推量の助動詞「む」連体形 と … 格助詞 思ひ … 四段活用の動詞「思ふ」連用形 て … 接続助詞 片方に寄りて寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、 片隅に寄って寝たふりで、できあがるのを待っていたが、 片方(かたかた) … 名詞 に … 格助詞 寄り … 四段活用の動詞「寄る」連用形 て … 接続助詞 寝 … 下二段活用の動詞「寝」連用形 たる … 存続の助動詞「たり」連体形 よし … 名詞 に … 断定の助動詞「なり」連用形 て … 接続助詞 出で来る … カ行変格活用の動詞「出で来」連体形 を … 格助詞 待ち … 四段活用の動詞「待つ」連用形 ける … 過去の助動詞「けり」連体形 に … 接続助詞 すでにし出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。 P 2010年4月4日, by eisaigakuin. 」をさなき人は、寝入り たまひ にけり。 ご自身の環境でプリントを利用できない場合は諦めてください。

Next

ちごのそらね 現代語訳・品詞分解・原文

この稚児が、期待をして聞いていた。 せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。 」と答えたので、僧たちは笑うことがこのうえ もなかった。 改訂版はこちら lscholar. 用言は直後に体言がくると連体形(体言に連なる形)に活用して変化する。 c No comment 昔々、比叡山に児がいたそうだ。

Next

ちごのそらね(稚児のそら寝)現代語訳

心寄せ=名詞、期待を寄せること、あてにすること けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 この稚児が、期待をして聞いていた。 (一人の)僧が(稚児に対して)、「もしもし、目をお覚ましなさい。 『枕草子』は中宮定子に仕えていた女房・清少納言が書いたとされる日本最古の女流随筆文学(エッセイ文学)で、清少納言の自然や生活、人間関係、文化様式に対する繊細で鋭い観察眼・発想力が反映された作品になっています。 そばにいた坊さんたちが、日も暮れて退屈してるときに「さあて、ぼたもちを作ろう。 現代かなづかい・歴史的かなづかいの両方に対応。

Next

宇治拾遺物語「児のそら寝」「絵仏師良秀」原文・現代語訳・意味解説|全文|高校古典テスト問題も

今は昔=今となっては昔の事だが、 あり=ラ変動詞「あり」の連用形、直後に接続が連用形の助動詞「けり」が来ているため連用形となっている。 幼き人は寝入り たまひ に けり。 幼い方はぐっすり 寝ておられる」 と言うのが聞こえました。 」と言ったのを期待してきいていた。 もう出来上がった様子で、わいわい騒ぎあっている。

Next