イコール 歌詞。 イコール

イコール

やがて子どもは大きくなります。 僕が結果を出したり何かをすることで、いろんな人たちが喜んでくれる。 改めて「苦悩」がダイレクトに伝わってきますね。 その時にチームメートがいるからこそ進めた道があると言っています。 毎日新しいことが増えていくのです。 そしてあなたと一緒に生きることで、愛を増やして、悲しいことは二人で二分すればとても幸せになれるのです。 やっぱりチームであるから進める道というのがある。

Next

イコール sumika 歌詞情報

マイリッチサマーブルース 5. GReeeeNの歌をゆずが歌っているようなそんな感じに聞こえてきます。 出典: GReeeeNっぽさはカタカナ表記のところですかね? あとメロディもよく聞けばGReeeeNっぽい部分もあります。 幾度の困難を乗り越えたチームはあなただけのかけがえのない家族になるのです。 この二人はたとえ結婚したって、衝突するのです。 ほんの少しでも「= おなじ 」があるのなら、きっといつかは人と人を結ぶ「= イコール 」になってくれると切に願いたい。 Danger!! そうなれる人と巡り会うことに努力することが、人生を大きく変えるきっかけになるのではないでしょうか。 CM考察 CMのイチロー選手の言葉がとても良いです。

Next

イコール 歌詞「sumika」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

フィクション 3. あなたとつなぐ、あしたを、つくる。 二人になることは想像以上にプラスのことが多いです。 新しいことにチャレンジすることを何歳になっても忘れてはいけないと言っているのです。 光り在る街の空気は波打つ 鼓膜に合図を送って 木漏れ日に舞う粒子達が 世界を一つ創り出した 透明な迷路を超えて イコールで繋ぐ 重なる声と リアリズムに乗って 生ける日々が 弾け飛んでいた 朝焼けに逢った 数えきれぬ程 生かされているんだ 花火の様に 光り射す星に 生まれては消えた 幾つの犠牲を残して 木漏れ日に舞う粒子達の 世界に祈りを添えて あらゆる色の生命を イコールで繋ぐ 高まる声の 瞬間に合図して 生ける日々が 弾け飛んでいた 光ある街の空気は波打つ 鼓膜に合図を密やかに贈る 奇跡というなら それは直ぐそこに 浮かんでいるだろう 無数に 木漏れ日に舞う粒子達が 世界を一つ創り出した 透明な迷路を超えて イコールで繋ぐ 重なる声と リアリズムに乗って 生ける日々が 弾け飛んでいた 今、イコールで繋いで 今、イコールの世界へ 刻む今日と 果てを包んで. もしそんなことができるとしたらあなたは神様かもしれません。 だからこそ歌詞では、相対する意を踏みつぶす描写がおもむろに描かれている。 描 えがいた 理想 りそうの 自分 じぶんとは かけ 離 はなれた 現在 いまと にらめっこして 笑 わらっている ごまかし 隠 かくす 春 はるの 日 ひに 南風 みなみかぜで 髪 かみがなびく あの 子 この 横顔 よこがおに 苦笑 にがわらいやめ 誓 ちかってやる 今年 ことしの 夏 なつの 日 ひは 音 おとより 光 ひかりより 真 まっ 直 すぐに 早 はやく 届 とどけと 願 ねがう 気持 きもちがあるなら 笑 わらってごまかしていないで 自分 じぶんの 心 こころに 手当 てあててみるんだ Stand By Me そばにいて 今 いまタッチしよう 止 とまらない 鼓動 こどう 抱 いだいていた 感情 かんじょうごと 抱 だきしめよう Stand By Me そばにいて 今 いまミックスしよう 素直 すなおと 理想 りそうを 抱 だいていた 感情 かんじょうごと キスをして 痛 いたい 痛 いたいのは 飛 とんでゆかない 幼 おさなきまやかしさ 痛 いたい 痛 いたいがちゃんと 解 わかってから また 一 ひとつ 始 はじまるね 傷 きずつき 悲 かなしみ 真 まっ 当 とうに 泣 ないて 喜 よろこんでみたい その 時 とき 傍 かたわらで なびかせた 髪 かみの 香 かおり 纏 まとった 笑顔 えがおに ふさわしく 在 ありたい Stand By Me そばにいて ディスプレイ 越 ごしの 温度 おんどじゃ 足 たりないよ 抱 だいていた 感情 かんじょうごと マッチして Stand By Me そばにいて スクロールしよう 僕 ぼくらの 一瞬 いっしゅんを 抱 いだいていたい 感情 かんじょう 全部 ぜんぶ 持 もってゆこう 夏 なつの 大空 おおぞらに 降 ふり 出 だした 雨 あめと 強 つよい 風 かぜ 傘 かさを 守 まもるように 身 みを 丸 まるめていた 守 まもるべきものは 傘 かさではないから 捨 すててその 芽 めを 開 ひらけばいい 雨 あめを 飲 のめ 風 かぜに 乗 のれ Stand By Me そばにいて 雨 あめのち 晴 はれのち 雨 あめだって 抱 いだいていた 感情 かんじょう 全部 ぜんぶ 持 もってゆこう Stand By Me そばにいて 一切合切 いっさいがっさいを 繕 つくろわないよ 抱 いだいていた 感情 かんじょう バレたっていいよ 欲張 よくばって 言 いうよ 描 えがいた 理想 りそうと 現在 いまを 繋 つなぐよ イコールで 描 ega いた ita 理想 risou の no 自分 jibun とは toha かけ kake 離 hana れた reta 現在 ima と to にらめっこして niramekkoshite 笑 wara っている tteiru ごまかし gomakashi 隠 kaku す su 春 haru の no 日 hi に ni 南風 minamikaze で de 髪 kami がなびく ganabiku あの ano 子 ko の no 横顔 yokogao に ni 苦笑 nigawara いやめ iyame 誓 chika ってやる tteyaru 今年 kotoshi の no 夏 natsu の no 日 hi は ha 音 oto より yori 光 hikari より yori 真 ma っ xtu 直 su ぐに guni 早 haya く ku 届 todo けと keto 願 nega う u 気持 kimo ちがあるなら chigaarunara 笑 wara ってごまかしていないで ttegomakashiteinaide 自分 jibun の no 心 kokoro に ni 手当 tea ててみるんだ tetemirunda Stand By Me そばにいて sobaniite 今 ima タッチ tatchi しよう shiyou 止 to まらない maranai 鼓動 kodou 抱 ida いていた iteita 感情 kanjou ごと goto 抱 da きしめよう kishimeyou Stand By Me そばにいて sobaniite 今 ima ミックス mikkusu しよう shiyou 素直 sunao と to 理想 risou を wo 抱 da いていた iteita 感情 kanjou ごと goto キス kisu をして woshite 痛 ita い i 痛 ita いのは inoha 飛 to んでゆかない ndeyukanai 幼 osana きまやかしさ kimayakashisa 痛 ita い i 痛 ita いがちゃんと igachanto 解 waka ってから ttekara また mata 一 hito つ tsu 始 haji まるね marune 傷 kizu つき tsuki 悲 kana しみ shimi 真 ma っ xtu 当 tou に ni 泣 na いて ite 喜 yoroko んでみたい ndemitai その sono 時 toki 傍 katawa らで rade なびかせた nabikaseta 髪 kami の no 香 kao り ri 纏 mato った tta 笑顔 egao に ni ふさわしく fusawashiku 在 a りたい ritai Stand By Me そばにいて sobaniite ディスプレイ disupurei 越 go しの shino 温度 ondo じゃ ja 足 ta りないよ rinaiyo 抱 da いていた iteita 感情 kanjou ごと goto マッチ matchi して shite Stand By Me そばにいて sobaniite スクロ sukuroー ル ru しよう shiyou 僕 boku らの rano 一瞬 issyun を wo 抱 ida いていたい iteitai 感情 kanjou 全部 zenbu 持 mo ってゆこう tteyukou 夏 natsu の no 大空 oozora に ni 降 fu り ri 出 da した shita 雨 ame と to 強 tsuyo い i 風 kaze 傘 kasa を wo 守 mamo るように ruyouni 身 mi を wo 丸 maru めていた meteita 守 mamo るべきものは rubekimonoha 傘 kasa ではないから dehanaikara 捨 su ててその tetesono 芽 me を wo 開 hira けばいい kebaii 雨 ame を wo 飲 no め me 風 kaze に ni 乗 no れ re Stand By Me そばにいて sobaniite 雨 ame のち nochi 晴 ha れのち renochi 雨 ame だって datte 抱 ida いていた iteita 感情 kanjou 全部 zenbu 持 mo ってゆこう tteyukou Stand By Me そばにいて sobaniite 一切合切 issaigassai を wo 繕 tsukuro わないよ wanaiyo 抱 ida いていた iteita 感情 kanjou バレ bare たっていいよ tatteiiyo 欲張 yokuba って tte 言 i うよ uyo 描 ega いた ita 理想 risou と to 現在 ima を wo 繋 tsuna ぐよ guyo イコ ikoー ル ru で de. だけど同じように朝を迎えたり、夜を迎えたりする。

Next

sumika / イコール【Music Video】

Danger!! 町工場や農家、着付け、授業などを通信の力で変革し続け、支えていきたいと言っているのではないでしょうか。 また、ゆずとGReeeeNって接点あったんだととても驚きました。 。 本当に大事なことはどんなことがあっても話し合って、乗り越えていくことではないでしょうか。 Risky!! 描いた理想の自分とは かけ離れた現在 いま と にらめっこして笑っている ごまかし隠す 春の日に 南風で 髪がなびく あの子の横顔に 苦笑いやめ誓ってやる 今年の夏の日は 音より光より 真っ直ぐに早く届けと願う 気持ちがあるなら 笑ってごまかしていないで 自分の心に手当ててみるんだ Stand By Me そばにいて 今タッチしよう 止まらない鼓動 抱いていた感情ごと 抱きしめよう Stand By Me そばにいて 今ミックスしよう 素直と理想を 抱いていた感情ごと キスをして 痛い痛いのは飛んでゆかない 幼きまやかしさ 痛い痛いがちゃんと解ってから また一つ始まるね 傷つき悲しみ 真っ当に泣いて喜んでみたい その時傍らで なびかせた髪の香り纏った笑顔に ふさわしく在りたい Stand By Me そばにいて ディスプレイ越しの 温度じゃ足りないよ 抱いていた感情ごと マッチして Stand By Me そばにいて スクロールしよう 僕らの一瞬を 抱いていたい感情 全部持ってゆこう 夏の大空に 降り出した 雨と強い風 傘を守るように 身を丸めていた 守るべきものは 傘ではないから 捨ててその芽を開けばいい 雨を飲め 風に乗れ Stand By Me そばにいて 雨のち晴れのち雨だって 抱いていた感情 全部持ってゆこう Stand By Me そばにいて 一切合切を繕わないよ 抱いていた感情 バレたっていいよ 欲張って言うよ 描いた理想と 現在 いま を繋ぐよ イコールで. 変えることを諦めることなく、進化し続けることが大切なのかもしれません。 Danger!? 2番~サビ2 現実それはいつだって対立し合う定め 見知らぬ誰かを蹴落とす事でしか 自分の価値は見出せない 「君を守る事」「僕を守る事」 なぜかいつも2つに1つだ どんな罵声を浴びようとも 止むを得ないなら全て踏み潰す事 例え誰かの人生を狂わしても それは「正義」と言い聞かせた メッセージ性は1番と類似しています。 過去に「イロトリドリ」「タッタ」などでGReeeeNプロデューサー・JIN氏との共作はあったが、グループとしての共作は今回が初めてとなる。

Next

イコール

ライバルがいるからこそ、自分の限界を超えていけるのではないでしょうか。 ラストサビ どんな時代が訪れても 世界中の人の笑顔は見られない だから大切な出会ってきた人とは 何があっても最後は「=」で繋がりたい いつか悲劇が起ころうとも 誰の夜にも朝は訪れるだろう 例え涙が流れても幸せは その手の中にいつか来るんだろう それだけは地球の何処でも 「= おなじ 」なんだろう 痛いほどの苦悩から捻出された、 主人公の 温かい願望が心に染みる。 人間は誰しもが分かり合えるわけではない。 だからそれはこれからも変わらないし、でもやっぱり新しいことにはチャレンジして行きたい。 自分なりの限界を超えることを日々続けてきたことが自分の自信。

Next

イコール フランケン・リースリング(谷山紀章) 歌詞情報

すぐに怒ってしまって、離婚するような関係はとても悲しいです。 フランケン・リースリング 谷山紀章 さん『イコール』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 GReeeeNとの合作 「イコール」はGReeeeNとの合作だそうです。 そんな日々でどんなことがあっても二人で乗り越えていきたいのです。 ひらりと降った! 制作の始まりは、以前に北川悠仁が知人を通じてGReeeeNのメンバーと出会い、音楽談義で意気投合。 だからあなたもできれば、そばにいてほしいのです。

Next

イコール sumika 歌詞情報

NTT東日本」 と言っています。 結果その現状には満足しない。 皆様と一緒に、たくさんの笑顔をつくり、社会をより豊かにしていきたい。 yusukeetoh. だからいろんなことを変えていく。 こういった形のコラボがこれから増えていけばとても面白い化学反応がたくさん生まれるのではないかと思います。 なぜかいつも2つに1つだ と投げやりに叫ぶ情景から 2つが同じだったらいいのに! という願望が垣間見えるのではないでしょうか。 「イコール」が収録されている、ゆずのニューアルバム「BIG YELL」は4月4日にリリースされました。

Next