艦これ ss 提督死亡。 【艦これSS】提督「敵の襲撃ついでに俺が死んだことにする?」【長門】

【艦これ・白露】提督「えっ俺死ぬの?」【安価SS】

アイオワ、ビスマルク、伊勢、ローマは護衛艦とともに包囲を維持したまま扶桑の穴を埋めるよう時計回りに移動!」 長門「提督! ここは任せた! 長門、抜錨する!」 大淀「後方にいる艦娘達への装備換装、抜錨も完了しました。 」 目の前で人が死んだ。 数は確認されただけで40!」 長門『了解した。 」 提督「今日の秘書艦は…」 大淀「島風ちゃんですね」 明石「出番もはっやーい」• 確か今日は……180回目の出撃でちね」 加賀「いや、ホント、お疲れ様です!!」 伊58「気にしないでくれち。 vip2ch. vip2ch. その白露を潰せば解決だ」 提督「……それは出来ない」 妖精「なんで」 提督「憲兵は確かに俺にホモセックスを申し出た。 提督が死んだという噂を流して相手の出方を見る、というのはいかがでしょうか」 提督「それは……良いのか?」 大淀「混乱による誤報であれば、叱責程度で済むかと」 提督「それを受けるのは俺だろう……まあ、いいさ。 幸いというか、こっちは湾だもの。

Next

元帥「提督君には死んでもらうから」

どれだけ好かれているか、自覚が薄いんですから) 鳳翔(本当に通信が傍受されているのなら、敵の動きも早いでしょう。 ありがとうございました。 提督さん!! が異動で来たの。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 さらに、イクとが着任した際に、達にだけという姿の訳を聞かれて、が「はがないほいなって」と発言、さらにが大破している。 でも、仕事はするわ」 吹雪「は、はい。

Next

提督「私が戦死したドッキリ」

121• はのやり手の・崎。 他鎮守府と合同で巡回船を出し物資搬入ルートを確保していた。 私は執務室に入った 提督「…」 天津風「…あなた? 秘書艦の執務机に提督の分の半分くらいの書類の山が出来ていた 天津風「じゃあ、始めるわね」 提督 ごめん…ごめんな ______ 天津風「…あなた。 」 青葉「司令官への好感度が高い艦娘ほど指示を聞いてくれますよね? カテゴリー• 3 アーカイブ• どうしてもという艦娘がいたので、一人だけ今お会いしていただけますか?」 大淀「なにぶん一番練度の高い艦娘ですから……カッコカリとはいえ、奥さんの怒りは旦那様が解いてあげてくださいね」 大淀「それでは失礼します。 牽制弾で押し戻してはいますが、どうしますか?』 提督「破れかぶれの突撃はありそうか?」 神通『今のところその兆候はありませんが、この状態が続けばおそらく打って出るでしょう。 メタ情報• 前述の通りの前で戦友を喪っているのためかを倒す手段を渇望しており、それたちへの接し方に悩む一も。

Next

提督「艦娘の目の前で死ね。と?」

もう少し足が速ければな」 大和「仕方ないわ。 DMMゲームズストアのアプリをダウンロードします。 」 提督「メリットは? 」 提督「ハハッ…そんな訳…マジ? でのは。 のとは違い、階級はからまで。 艤装を積んだ補給船も手配し大規模作戦ならば工作艦も同行させる。

Next

【北上SS・艦これ】提督「大井に好かれたい」

こっちまで気が滅入るわ」 扶桑「そうね。 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 つむじ風の少女 第七艦隊のであるにを当てる模様。 音的には・アドル) とはいえ、あまり性はなく、艦隊旗艦を務めたが「」「官」呼びだったり ・・・など 逆に旗艦経験がないでも「」呼びだったりするもある ・・など なお、山やなど、複数のがとを勘違いするがあることから、説が存在する 実際後述のにはも存在する 前述の通りの外見が存在しないため、絵に書かれる場合は「に即した中年・壮年の」「頭部がTの形になっている(通称)」「やなどの」などによって様々。 司令官に会えなくなる方がずっと嫌……ごめんなさい。 危ない!」 シアーハートアタック「コッチヲミロ…」ギロッ 二人「え」 ドカァァァァアン!! vip2ch. 龍田「あ、ぁ……あぁぁ………」 海上に伏せ、這い蹲って涙を零す龍田。

Next

【艦これ】色んな鎮守府の日常【SS】

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 【艦これ】艦娘「提督が寝てる……」 : あやめ速報-SSまとめ-はてなブックマーク - 【艦これ】艦娘「提督が寝てる……」 : あやめ速報-SSまとめ- プレビュー 【艦これ】艦娘「提督が寝てる……」 : あやめ速報-SSまとめ- 007:55 【】「が寝てる……」 1 : 以下... 邪魔なので帰ってください』とか……」 北上「……………」 提督「極め付けに、この前俺が装備について明石と話してた時あいつなんて言ったと思う?」 提督「『提督、随分楽しそうにお話してますね。 軍学校をギリギリの成績で卒業した落ちこぼれ軍人、明原 あきはら 楓 かえで。 当たり前の反撃だもん」 川内「じゃ、おやすみ」 駆姫『ガ……ッ! ア、アア……あ、ああ……月が、きれい……』 川内「お、夜戦の良さがわかってるじゃん。 こんなのはどうかな」ピラッ 提督「んー?」 曙「…診断書?」 大井「余命一週間…って」 元帥「あ、いや、勿論フェイクね!」 大井 ホッ 曙 ホッ 提督「それをどうするんですか?」 元帥「いやだなぁ、分かってるくせに…いいかい?ゴニョゴニョ」 ー執務室ー 提督「すまない山城。 この警官… 夕立「提督…さん? 私の決断が本当に正しかったのか。 誰がどう見ても左遷であるのは明白であった。

Next