提督 ss 辞める。 【艦これ】提督「提督辞めようとした結果www」 : アニメSSまとめ

#35 ロリコン(濡れ衣)提督、提督辞めるってよ

腹が減っては戦はできぬ!わははは!うん?あれは・・・」 曙「!」 曙「こっち見んな!クソ提督!」 提督「(また似たような奴が・・・まあ腹が減っている俺はそれどころではない。 俺も個人に色々言いたいことがあるからな... いやあのクソウサギもダメだ。 疲れちゃったんだ... )」ブルッ 提督「(いやでも落ち着け。 」 天龍「あ、ああそうだぜ! 一三が胸中で、(さすが四水戦旗艦。 私たちにできることは固定砲台として、敵が来たら叩き潰すまで。 私から逃げるわけね」 霞「ふふふ、可愛い」ウットリ 霞「あんたが私から逃げられるわけないじゃない」ニヤ 霞「アンタはワタシのモノ。 そして今週末、いよいよ契約期間が切れる。

Next

提督「…辞めて欲しい?」

さっき出て行った第五遊撃部隊の顔を見たか?」 陸奥「吹雪ちゃん達のところね。 日本語?って思う誤字があるかもしれません。 荒れ狂う大海原を駆ける一陣の疾風。 ソロリソロリ... 誰だ・・・」ノゾキ 提督「むっ!い、いまのは・・・赤城・・・。 何でしょうか提督さん」 キーボードから手を離して、パソコンのディスプレイから視線を一三に向ける由良。

Next

【卯月SS】提督「艦娘に冷たくした結果www」【艦これ】

戦争の初期、通常兵器並びに核弾頭すら効果の無い深海棲艦の脅威に人類は絶望へと追い込まれる。 別に嫌いになったとかそういう理由ではないんだ、本当に」タジタジ 時雨「なんだ、そういうことなら良かった」 時雨「でもそんなに大変なら秘書艦でもつけたらどうだい?みんな提督のためなら一生懸命やると思うけど」 時雨「ボクなら毎日でもいいよ?ボクは提督と一緒にいるだけで全てが満たされるんだ」ジ- 提督「そ、そっか・・・」ビクビク 提督「でも秘書艦か・・・考えたこともなかったな、検討してみるか。 キィィィ... あんたも分かってるんでしょ?」 霞「今回の事は誰にも言わないわ。 223•。 加賀と最も仲がいい艦娘だ、なにか吹きこまれてるに違いない」 提督「・・・ええい次だ!」ノゾキ トコトコトコ 提督「いまのは・・・卯月・・・。 いるべき場所はここではないし、なにより提督には何よりも守らればならない存在がいる。 「そうではなくて!」 対して由良は立ち上がり、机をバンっ! と叩く。

Next

【艦これSS】提督「敵の襲撃ついでに俺が死んだことにする?」【長門】

でもな、終わったんだよ。 キィィィ... でもその冗談はひどくつまらないわよ、提督」 鈴谷「さすがの鈴谷相手でもその冗談はきついって」 提督「す、すまん」アセッ 熊野「・・・」 鈴谷「・・・」 提督「・・・(うう、なんとか誤魔化せたものの空気が悪くなった・・・)」 鈴谷「ま、とりあえず飲もうよ」ゴクゴク 提督「あ、ああ。 提督「まず加賀と霞に出会うのは絶対にまずい。 転職したい! ガチャバタン...... それでも良い方は優しい目で見てください。 万人が神々しいと感じよう光景に、艦娘達の視線は青年の背中をただただジッと向けられていた。 むしろ提督が部屋に来てくれるなんて大歓迎さ」ニコッ 提督「そ、そうか嬉しいな(天使だ・・・これが大天使時雨か・・・)」 時雨「ところで提督」 提督「うん?どうした?」 時雨「うん!じゃあボク布団ひいてくるよ」 夕立「嬉しいっぽい!提督さんと寝れるなんて夕立これ以上の幸せはないっぽいよ!」キラキラ 提督「はっはっは!夕立は大げさだなぁ」 提督「(いまの時間は15時・・・まあ1時間後くらいに目覚ましをつけておくとするか)」腕時計チラッ 提督「(一眠りしたあとはどうするか... 島風「・・・・・・」 島風「・・・」グスッ 島風「(どうしてこうなっちゃったんだろ・・・)」 島風「(私は提督が好きで構ってほしかっただけなんだけどな... 121• それでは行きましょう鈴谷」 鈴谷「ま、そういうことだから、じゃんねー提督」チュ 提督「なっ!?」 バタン ふふふ、しかしあのお方もチョロいですわね。

Next

[B!] 提督「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【安価】 : あやめ速報

そのかわりいい?あんたはこれからもここで提督を続けていく、分かった?」 霞「分かったのなら返事をなさい」 提督「(こ、怖い... そして故意か無意識なのか。 そう信じたい。 分かってはいたいつもりだけど... 電か」 電「え、えっと... 明石「この部屋で……魚雷の爆発と思われるモノで……そしてご覧の状態です」 ……私が帰って来るまで、無事でいるって……司令官……。 好奇心旺盛で、大人の女性とは程遠い。 」 D提督「今はドイツのハンブルク港の鎮守府に着任してる」 提督「そうか、で? 面倒なことになりかねない。 「イタタッ! 由良さん! ギブ、ギブ!」 その言葉に由良はハッとなり、手を離して一三から身を離す。 既に新しい提督も決まったそうだ。

Next

[艦これ]提督は転職したいらしい

」 提督「はじめの挨拶が勇ましいのは結構なことだが・・・」 提督「せめてドアの影から出てきてくれないか? 提督「よし、廊下の人通りが多くかつ誰も使っていない部屋に入ることができた」 提督「ここからドアスコープを覗いて安全そうな艦娘を見つけて弁当を買ってきてもらおう」 提督「フハハハハ、天才的な作戦ワロツァwww」 カツカツカツ 提督「むっ、さっそく誰かが通りそうだ。 睦月は戻ってくるときに弾の補充ありったけ頼む。 何か言いたい事ある?」 駆姫『ク……ミンナ……!』 川内「お、仲間が大事だった? でも残念、喧嘩を売ったからには仕方ない。 DMMゲームズのアカウントが未登録の場合、を行う。 正確には165日ぶりでーす」キャピ 提督「本当かそれ?ずいぶんと正確に覚えてるんだな」 鈴谷「ほんとだよ。 艦娘の怖さを生身で感じた俺は軍とは一切関わりを絶ち手紙で大本営に辞めるという旨だけ伝えた。

Next

【艦これSS】提督「敵の襲撃ついでに俺が死んだことにする?」【長門】

敵の、戦艦棲姫を討ち取ったぞ……鬼どもも、皆が倒してくれた』 提督「ご苦労さん、一旦引いて体を休めてくれていいぞ」 長門『心配ない、と言いたいところだが難しいな。 深夜とはいえ霞や加賀が執務室で待ち構えているかもしれない・・・!ここは慎重に・・・」スッ スッスッ... ええ、私は大丈夫。 3 アーカイブ• しかし、言い換えれば本戦力のための使い捨てだ。 頭が、少し、痛いけれど」 瑞鶴「……大丈夫な奴がいたら頭イカれてるわよ。 ストーブはどこいった? 」 提督「そのなのですとか... 読まないでも大丈夫ですが少しだけ分からない描写があるかもしれません。 仲直りして明日からは普通に接するとしよう、また疲れる日々が始まるがしょうがない」 提督「そういえば時雨が秘書艦がどうとか言ってたな・・・」 提督「・・・・・・」 提督「まあいい、とりあえずは書類を終わらせてから「・・・」ジ- 提督「!?」クルッ シ-ン...... 125• ガチャッ 武蔵「提督、今回の遠征について話したいことが・・・」 提督「あっ」 武蔵「あっ」 提督「・・・」メソラシ 武蔵「広辞苑第二巻スパーキングショット!! せっかく人が気持ちよく歩いていたというのに・・・」スタッ 提督「クソッ、天気がいいからと外を散歩していてもロクなことがない」 提督「さっさと飯を食べて執務室にひきこもってしまおう」スタスタ 提督「しかしどうにかしてあいつのようなやかましい艦娘達を黙らせる方法はないものか・・・」ブツブツ 提督「このままでは疲れてノイローゼに・・・うん?」 曙「!」 曙「な、なに見てるのよ」 提督「(なんだ、こいつか・・・。 怒り狂ってたり意気消沈してたり、色々みたいね」 長門「『網』の方は?」 陸奥「そっちは順調よ。

Next

[B!] 提督「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【安価】 : あやめ速報

けれど本当の事を話しては……せめて深海棲艦が動きを見せるまでは) 鳳翔「では各自、全力を尽くすように! 私は間宮さん達と炊き出しの準備をしますから、何かあれば運動場へ来てくださいね」 鳳翔「……あら、朝潮さん。 勝負ならいつでも受けて立つ覚悟です。 あんたも分かってるんでしょ?」 霞「今回の事は誰にも言わないわ。 」 提督「俺に媚を売る必要はもうないんだ」 電「... 愛宕もパンパカ言わへんし、隼鷹も酒飲む気にならなへんっちゅーし。 バタン 提督「・・・・・・」 提督「うう、心が痛い」 提督「だが分かってくれ、づほたん・・・俺がここで提督を続けていくためなんだ・・・」 提督「しかし瑞鳳の泣き顔・・・嗜虐心をくすぐられたというか・・・少し興奮したぞ、グヘヘwww」 提督「はっ!?いかんいかん、こんな邪な考えを持っては!これは俺の仕事を和らげるためにしてることだからな・・・うん」 提督「・・・・・・」 提督「ま、この調子で冷たく接してれば俺に話しかけてくる艦娘も減るだろう。

Next