パガニーニ大練習曲第6番。 パガニーニによる大練習曲

主題と変奏 (リスト)

1828年3月、 45才の時からウィーン公演(全14回)を皮切りに、海外公演を始めました。 また後半部分で、主題を和音の両手交差による大跳躍を組み込みながら繰り返しているため、曲自体が少し長くなっている。 若くして演奏家として名を挙げたリストは、しかし、いったん華やかな社交界を辞してスイスへ移り住み、自らの音楽性を探求する日々を送る。 最後のほうの広域和音は、自分は右手を参加させてるけど、テンポが落ちてグダグダになりがち。 1838年版と1851年版の何が違うかといいますと、「ラ・カンパネッラ」が大きく変更されただけで、後の5曲はまったく同じです。 107. 実はこの曲集は、1838年版と1851年版があって、1838年版は「パガニーニによる超絶技巧練習曲」、1851年版を「パガニーニによる大練習曲」と呼んでいます。 110. 第3:ひきやすい。

Next

フランツ・リスト「パガニーニ大練習曲第6番」 初心者にもわかりやすく解説

101. すべて• だから今あなたがやっている楽譜の読み方が正しいとか間違いとか、そういう事ではなく、他にも読み方はあるということを知っておきましょう。 第3番は『』を参照のこと。 それ以外、驚異的なテクニックをほとんど独学で身につけました。 シューベルトは家財を売り,友人の分の代金まで払ってパガニーニの演奏を聴きに来た。 すべて• ビッグバンド(パート)• 初版を録音したピアニスト [ ]• パガニーニは自分の技が盗まれないよう極度に警戒していました。 136. ピアノでトリル(隣同士の音を交互に弾く)やトレモロ(音程が離れた音を交互に弾く)を弾くのは、ちょっと厄介な奏法... その後の8年間でリストは、ヴィルトゥオーゾとしてヨーロッパ全土に熱狂を巻き起こした。 しかしリスト本人は、もしかしたら最終形と同じテンポと切れで弾ききって、とてつもない効果を上げていたのかもしれません。

Next

主題と変奏 (リスト)

その他• リストが「ラ・カンパネッラ」を扱った作品は4曲ありますが、その中でも「パガニーニによる大練習曲」第3番は、リストの名作の中でも最もよく知られている作品の一つです。 他には、当時の大バイオリストA.ロッラ(1757~1841)に半年間だけ教えを受けました。 リストの「パガニーニによる大練習曲」は、最高のヴァイオリニストと謳われるN. すべて• 父親に猛特訓を受けるパガニーニ そんな生活が続くこと10年以上。 今日もっとも頻繁に演奏されているのはこの第3稿である。 イ短調の主音ラの和音(主和音)から始まって5度上の属音ミ(属和音)。 ヴァイオリンであればどのように弾くだろうか?ボーイングはどのようになるだろうか?ということをよく考えるのが大切です。 「ねえ、ニコロ貴方もギターを弾きなさい」。

Next

パガニーニによる超絶技巧練習曲集 S.140 R.3a/Études d'exécution transcendante d'après Paganini S.140

ピアニスティックな効果を求めてリストが書き加えたアルペジオが、この主題の演奏難度を飛躍的に高めています。 第3曲嬰ト短調「ラ・カンパネラ」だけは原曲がヴァイオリン協奏曲第2番、やはり十分にリスト的な曲とは思えないのですが、有名になるのはよく分かります。 ありがちです。 1838年稿の難易度を下げたという以上に、原曲のヴァイオリン独奏曲に近づける方向での改訂がなされています。 左手の柔らかさが必要ということです。 私が弾けないのはパガニーニですがいつか弾こうと思っています。

Next

リスト「パガニーニ大練習曲第6番」で考えるピアノで表現するための効果的な楽譜の読み方

バリエーション2 半音ばかりで、モヤモヤした印象の変奏ですが、弾き方までモヤモヤさせてしまうと何を弾いているのかわからなくなってしまいます。 また鍵盤作品にも《超絶技巧練習曲》、ピアノ・ソナタロ短調などがある。 その他• 144. 指を速く動かして鋭い音で弾くと弾きやすくなっていきます。 決して好きな曲ではないのですが、パガニーニ練習曲を延々と聞いた後だと、「やっとリスト本来の世界に戻ってきた、」とほっとします。 他にもオペラ「」や「」の主題を変奏曲にした独奏ヴァイオリンと管弦楽による作品がある。 今回は、この名曲をクラリネットアンサンブルの編成で、編曲しました。 バイオリンをだけを弾くのとは違う視点で、より豊かな広がりのある音楽を作りました。

Next

パガニーニによる大練習曲第6番《主題と変奏》

ノスタルジアに収録されたら,えんえんグリッサンドが続く事うけあい。 私は9度がギリギリなのですが、指使いや左右の公差などを考えれば、 なんとかなるかなと思いますがこの曲は体力も必要ですよね。 アンサンブル• 本人はハンガリー語を母国語として解さずその文化も異質なものであったが、自らの血統を強く意識していた。 パガニーニによる大練習曲第6番イ短調 19. ピアノのレッスンをしていると、多くの学習者さん達がお悩みの奏法にアルペジオがあることが目立ちます。 ある日、彼女はパガニーニにいいます。 これが《旅人のアルバム》、《巡礼の年報》に実を結んだ。

Next

超難易度!リスト「パガニーニによる大練習曲第6番」弾き方と攻略!(主題と変奏)

リストの初版では、和音を一度に押さえられないほど広い音程で弾かせることで、ヴァイオリンの重音程の取り難さをピアノに翻訳しようとしている。 1782年10月27日、イタリアの北西部ジェノバに生まれたパガニーニは、7歳の時から、父親よりバイオリンの手ほどきを受けました。 「ラ・カンパネラ」の部分も大分違います。 そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。 聴く分には最終形の方がいいでしょう。 バリエーション6 再び荒々しい変奏が登場しました。 前後に第5番の前奏(楽譜では「前奏曲」と表記されている)と後奏が加えられた。

Next

第48巻:パガニーニ練習曲全稿

水銀治療の悪影響が出たとも言われています。 しかし、このことがパガニーニが バイオリニストとしての道を着実に歩むことの源となったことは間違い無いところでしょう。 バイオリンはストラディバリウスで5億円するとか。 弾ける人はそうそういない。 享年57才。 パガニーニの女性関係では、少なくとも3人が知られています。

Next