インテリア コーディネーター 独学。 ユーキャンのインテリアコーディネーター資格取得講座|相性診断

素人が短期間でインテリアコーディネーター試験に合格した勉強方法

インテリアコーディネーターとインテリアプランナーはどっちがおすすめ? インテリアのコーディネートを専門に行いたいという人にはインテリアコーディネーター、 「個人住宅だけでなく、もっと幅広い分野のインテリアに取り組みたい」「建築設計段階からプロジェクトに参加したい」とう場合は、インテリアプランナーを目指すことになるでしょう。 無くても円は描けますが、図面が綺麗に仕上がるので、ある方が良いでしょう。 今のところ割と高確率で一年分、2時間以内に出来ています。 テーマを見た瞬間にもらった!と思って、こんな提案!あんな提案、と書き連ねていましたが、まてよ、、 『配慮すべき』だよな、、、と我に返りました。 独学で受かるための勉強時間の目安 インテリアコーディネーターの勉強時間は、実務経験や関連資格の取得の有無によって大きく異なります。

Next

素人が短期間でインテリアコーディネーター試験に合格した勉強方法

不動産、家具やインテリア関係の仕事で働きたい方はもちろん、設計事務所、デザイン業界など、幅広い分野で知識やスキルを活かすことができます。 インテリアの歴史• 一次試験はマークシート形式での選択試験、二次試験は論文とプレゼンテーションでの試験になります。 マークシート形式ですので、とりあえず単語や流れを大まかに把握出来れば得点は可能です。 お届け先を入力 通信講座• 10月:1次試験を受験。 【きつい】インテリアコーディネーターは合格基準が公表されていない 困ったことに、合格基準は発表されません。 2018年度の試験結果は次のように発表されています。

Next

インテリアコーディネーターに独学で一発合格!私が受かった勉強方法教えます!

まだまだ私も勉強しないといけないことは沢山ありますが、わからないことがあればお気軽にご相談ください、一緒に頑張りましょう。 JP』では様々な資格講座のオンライン学習が可能です。 実際には、インテリアコーディネーターが、さらなるステップアップを目指してインテリアプランナーの資格を取得したり、転職したりすることが多いようです。 プレゼンテーションの作図課題は、専門学校や通信教育の単発講座を受講するのがおすすめです。 また製図道具を全て購入しないといけない方にはそれなりのコストがかかることも頭に入れておきましょう。

Next

インテリアコーディネーター試験は独学で合格できる?

ちなみに、 製図を練習する際に何を練習帳にしようか迷いました。 私が苦手だった環境工学は苦手な方が多いようでしたので、その分野の理解を深めることはライバルより点数が取りやすいことになります。 問題範囲が 広くて浅い。 私が購入したテキストです。 他にも、ホームセンターに材料を身に行く。

Next

[ インテリアコーディネーター ]

そんな中で、一番重視したいのが使用するテキスト・過去問が最新版かどうかです。 この記事で紹介したインテリアコーディネーターの独学のコツは、 に詳しくまとめてます。 ノートにまとめるアウトプットも効果的だと思いますが、仕事をしながらの勉強の場合、すべての科目でそこまでやると続きにくいです。 ですから、1次試験まで1ヵ月半くらいあれば何とかなるかと思います。 但しテキストは繰り返し何度も読み過去問を解きましょう。

Next

インテリアコーディネーターの独学勉強法【テキスト紹介・勉強時間など】

お金はかかりますが、 大事なポイントが重複するので、自然と記憶されていきます。 Q3:公式ハンドブックと合格教本、勉強するならどっちを使うべき? A4:1次試験を合格するだけなら合格教本ですが、2次試験の論文対策で公式ハンドブックは必須になるため、私としては公式ハンドブックをおすすめします。 【合格率が低い理由】試験が年に1回しかない 試験が年に1回しかないのも、合格率が低い理由の1つ。 個人の技量やセンスにもよりますが,忍耐力が必要になってきます。 【資材店】 教科書とにらめっこするのに疲れたら、気晴らししならが勉強ですね。 試験の6ヶ月前 4月 から毎日1時間は勉強してください。 もし独学では難しいと感じたら、通信講座の利用なども視野に入れてみてください。

Next

インテリアコーディネーターの勉強方法、合格のコツ

また、一問一答は試験前の最終確認で使用。 勉強方法• インテリアコーディネーター試験の難易度 インテリアコーディネーター試験の受験を考えているなら、難易度が気になる方も多いと思います。 必要な勉強時間は個人差があるかと思いますので、次に説明するスケジュールの立て方を参考に自分で計画を立ててみましょう。 ユーキャンの「インテリアコーディネーター」講座では、過去の試験問題を徹底的に分析し、ポイントを絞って構成されたテキストを使用。 3週間かけて過去問を解き進める(1週目) 2週間かけてもう1周(2週目) 2週間かけてハズレの肢を読み込む(3周目) 2週間かけてハズレの肢を理解できていなかったら不正解扱い(4周目) 2週間で2周する(5~6周目) 大体の流れはこういう風にしたいと思います。

Next