モーダス 120。 アイアンシャフトをモーダス105にすると良いゴルファーは

ダイナミックゴールド95/105/120比較!軽量スチールシャフトの選び方

カーボンからスチールに移行された方が必ず感じる事が、スチールシャフトの粘りです。 日本シャフトのスチールシャフト『 MODUS3 TOUR120』をレビューしたいと思います。 気に入ってるのですが、確実にもう一段軽いというかスペックダウンしたいと思ってます。 他のmodus3シリーズとの比較 MODUS3シリーズは、現在4種類が発売されていますが、剛性分布を見れば一目瞭然なように、4本ともかなり正確の異なるシャフトだということが分かります。 ただ実際その二種類は重さやシャフトの特徴に差がかなりありました。

Next

日本シャフト NSプロ モーダス3 ツアー120の試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ|GDO ゴルフギア情報

でもあれはいいシャフトだったなー。 そのため、全体のしなりは感じやすいです。 以外と、デビューは新しく、95、105と115の3種類の重量帯は、それぞれRとSの2フレックスでラインナップされている。 アーカイブ アーカイブ. 4番UTにも、4番アイアンと同じモーダス120Xを挿して飛距離の微調整をするそうだ。 みなさまいかがお過ごしでしょうか、、、 この夏は水害に悩まされた日本列島ですが、 いよいよ絶好のゴルフシーズン到来ですね!! 今回もアイアンのリシャフトとなりました。 KBSに比べると、シャフト重量相応に感じる重量差、距離が欲しい時に、KBS以上に分厚いインパクトでしっかり振れるのが大きな違いだろう。 また、他のMODUS3シリーズとの違いやMODUS3 TOUR120をアイアンに使用した際のウェッジシャフト選びについても触れたいと思います。

Next

ダイナミックゴールド95/105/120比較!軽量スチールシャフトの選び方

なお、徹底比較したシャフトは以下の3本。 なぜか 「DG120」よりもこちらの方がDGらしさを感じる。 X100が使えるゴルファーにどってはS200より飛距離も出せるし、パワフルなショットが打てるシャフトだ。 女性にも軽量スチールシャフトは十分に使えると思いますので、スチール独特の打感を感じてみてはいかがでしょうか。 アイアンの中調子シャフトは中間をかなりしならせないと使い辛いのだろうか? そんな疑問も杞憂に終わるのが、モーダス105と他のラインナップの登場だった。 ちなみに、現在MODUS3 TOUR120のXフレックスをエポン AF-302に挿して使用していますので、僕は結構好きなシャフトです。 もちろん、AMTにもツアーイシューがあり、こちらのシルクプリントもカッコ良い! おそらく、AMT R300、S200、S300、S400、X100の現行モデルについては、レッド、ブラック、ツアーホワイトにバトンタッチされるのだろう? ・DG XP他 XPは、アイアンでは珍しい先中調子のシャフト。

Next

やっぱりDGツアーイシューが勝った!アイアンスチールシャフトを比較考察 : 極上の「快打」を求めて…ある企画マンの奮闘記

。 これがインパクトの粘り感につながるのですが、モーダス105は軽量スチールの為ヘッドスピードがアップする効果も見込めます。 [スポンサードリンク] ダイナミックゴールドS200とモーダス120Sの違い ダイナミックゴールドS200からModus120Sにリシャフトして、15gほど軽くなりました。 クラブが重いと手では振れないので、体の回転でクラブを振ることになります。 日本シャフト独自の技術「 肉厚調整加工」が、狙える強さと飛ばせる軽さを実現したモーダス3シリーズをご紹介してきた。 モデル名だけ見ると間違えやすいです。 その特徴は、重量バランスとコントロール性が優れ、楽に打てることです。

Next

ダイナミックゴールと比較して日本シャフト MODUS3 tour120をレビューしてみる

120TXと125Sは2gほど重さ違いますが、振った感じは別物でしょうか? どちらのシャフトがやさしく感じるでしょうか? お忙しい中申し訳ありませんが、アドバイスお願いいたします。 ウルトラクラブスではクラブ全体のしなり戻りを穏やかにフローさせるため、番手別設計のシャフトをそのままの番手に挿して"はい!出来上がり。 その間を埋めるように登場したのがモーダス3ツアー120です。 少し左に行きやすい事と軽さが最初気になりましたが、弾道は2番手ほど高くなり好印象です。 PRO 950GH の2択の時代が長く続いたが、モーダス3が選択肢に入ってきて、あっという間に赤いロゴマークのスチールシャフトが多く見られるようになった。 手元がしなって、ボールにコンタクトしやすい。

Next

ガルシア使用で話題のシャフト「モーダス3」を打ってみた!

ダイナミックゴールド隆盛の頃、実は中調子のアイアンシャフトは殆ど見掛けなかった。 また、S200シャフトは重い為、それなりにスイングにパワーが必要となります。 モーダス120はダイナミックゴールドと比べ少しだけ軽量なシャフトですので、モーダス105は一段上のシャフト剛性を持つ軽量シャフトであるという事が言えます。 ダイナミックゴールドのトゥルーテンパー社では、キャロウェイに供給しているメンフィス10というシャフトが唯一の中調子だったのだが、このシャフトはSでもSRに感じるほど中間が柔らかい。 その一方で、ダイナミックゴールドに慣れたゴルファーにとっては物足りないものでした。 Sフレックス 全体的にかなりしなるシャフトです。

Next

DG S

また、同じような振り心地にKBSシャフトがあり、甲乙付け難いが重量の割りにKBSの方が持ち重り感が無い。 DGとは違った中間の柔らかいしなりを感じたと同時に、キックポイントの違いをはっきりと認識出来たのが、皮肉にも加齢によるスペックダウンの選択肢がDGには少なかったからではないだろうか? それから時が経ちモーダスが誕生、アイアンシャフトの調子と120gを中心とする重量へのこだわりが加速して来た。 ・モーダス130 ツアーAD クアトロテックに似た弾き系の先調子で先端だけがシャープにしなる。 参考までに試打結果を飛び系に950の場合160ヤード、スピン量5800、DG S200は152ヤード、7200、モーダスは156ヤード、6800でした(全て7番の平均、後2種は同ロフト)。 力強い球で目標に向かって突っ切っていきます。 「体の回転で打つといううのはそういうことですよ。

Next

モーダス120Sの評価|ダイナミックゴールドから乗り換えて

それは、弾道を操る操作性、飛距離のコントロール性、点で攻める正確性です。 ターゲット:海外ゴルファー|モーダス130、105 こう考える理由も含めて、以下、それぞれのモデルのスペック、特徴をお話して行こう。 NEWダイナミックゴールドシリーズについて、以下に簡単にまとめておく。 振動数: 294cpm• 同重量帯の軽量シャフトDG95との振動数の差は何と30cpmもあるではないか。 関連記事 トゥルーテンパー社の反撃 そこでトゥルーテンパーが、 「MODUS3 TOUR120」と「MODUS3 TOUR105」と「N. 日本シャフト MODUS3 TOUR120 MODUS3 TOUR120は、日本シャフトの新シリーズMODUS3シリーズの第一弾として、2011年に発売されました。 冬場ながら170ヤードのショートホールで 5Iで距離ピッタリ、ピン左2mに付きました。

Next