ぷにバケーラ。 マトラ・シムカ・バゲーラ

ビンビサーラ

Pinolino ピノリーノ• アムロは最期の出撃の直前に妊娠のことを知らされ父親としての自覚を得て、宿敵シャア・アズナブルとの決戦に向け決意を改めるのだったが、その後生まれてくる子供の顔を見ることなく行方不明になってしまう。 ここでは12月16日 月 より開催されている「妖怪ウォッチぷにぷに」のイベント 「 映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか 」連動イベントで追加された新キャラクターの入手方法を一覧で紹介します。 変化系• 一説にはの王(第5世)であるが疑問視する声が強い。 補助系• 若き彗星の肖像』14巻、78~79ページより。 ケークラでは、他サイトのようにログインや男性とのメールのやりとりによる女性へのポイントバックを一切行っておりません。 その時にチェーンを静止しようとしたアストナージは機体から弾き出され出撃カタパルトに敵の攻撃が直撃して戦死した。 シャアの陽動作戦に参加した際、ラー・カイラムの対空砲火に乗機を撃墜され死亡する。

Next

【ぷにぷに】リトルコマンダーの評価と入手方法|ゲームエイト

同時にさぼり効果を付与できるのも魅力。 軍人としては部下に厳格な面を見せる。 参考文献 [ ]• Cath Kidston キャスキッドソン• メスタ・メスア(の本作での氏名) アムロとベルトーチカの子供 妊娠3か月未満の であり、まだ名前は授かっていない。 ニュータイプ研究所の長も務める。 小説『ベルトーチカ・チルドレン』によれば、本妻は家を出て宇宙移民となっており現在は音信不通とされ 、クェスからは愛人がアデナウアーから実母を奪ったと思われていることが描写されている。 切れ者のエリートだがな一面もあり 、多感な性格。 クェスはシャアが掲げる思想や自分と同じような孤独感に共感し 、同時に彼に対する独占欲を抱くが 、しかしシャア自身はクェスのことを持て余し、優しく振る舞いつつも彼女を戦争の道具として扱うだけであった。

Next

妖怪ウォッチぷにぷに攻略Wiki|ゲームエイト

ボス 13の バケーラを倒す• 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』276ページ8行目。 STOY ストイ• ハイ・ストリーマーにのみ登場する人物 [ ] 地球連邦軍 [ ] マシアス・テスタ ラー・ザイムの艦長。 , pp. ジョー・セイ ラー・ザイムのジェダ4番機パイロット。 、152-153頁。 当初のデザインは決定稿とはまったく異なっており、富野からの指示を受けて全体の雰囲気や髪型、輪郭、目元などを幾度も修正したという。 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア パンフレット』5ページより• クェスはベルトーチカ自身が気がつくより先にその妊娠を言い当てており、このことはクェスにアムロに対する興味を失わせる動機にもなった。

Next

「妖怪ウォッチ」新シリーズ『妖怪学園Y〜Nとの遭遇〜』12・27スタート

(チェーンがアムロに憧れていたこともあり)クェスにとっては嫌な女に映っていたようで、彼女がネオ・ジオンへと走る一因となる。 Disney ディズニー• 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』373ページ。 0084年以降は連邦軍のニュータイプ施設の優良研修生となった。 映画本編、撃墜される直前にクェスがチェーンに対して発した台詞による。 アムロを保証人としてロンデニオンに移住しアムロと一夜を明かす(添い寝をしただけである)。 地球がなくなれば人は誰もがニュータイプとなって分かり合えるというシャアの思想を信じ 、地球連邦軍を相手に戦い続ける。

Next

ビンビサーラ

彼は釈迦に対しを寄進した。 胎児であるが、意識ははっきりあるようであり、劇中ではベルトーチカの事をママ、マミー、中国語の『お母さん』に似た音で呼んでおり、ベルトーチカ以外にもアムロ、クェス、グラーブはその声 意思 を戦場で聞いている。 と共にへ投降している。 『機動戦士ガンダムUC 虹に乗れなかった男』では、ハサウェイはシャアの反乱後一ヶ月経った後も口を聞ける状態ではない、ラー・カイラムクルーが意図的にハサウェイの戦闘記録を抹消した、ハサウェイの搭乗したジェガンは元々電装系が故障しておりフライト・レコーダーも作動していなかったなど複数の要因が重なり、ブライトを査問委員会に招集した連邦上層部でさえ実態を掴んでおらず、チェーンとクェスの死の真相は明らかになっていない。 代わりにアムロのパートナーはチェーンに変更された。 アイテムデータ• 階級は中佐。

Next

ケークラについて|【公式】ケークラ

ケーラ・スゥ [ ] Kayra Su 声 - MSパイロット、階級はで部隊隊長。 そして、YSPクラブに下った妖怪史上最大の謎解明ミッション。 ハサウェイの遺書を受け取った。 ニュータイプ研究所で心理的な刷り込み や訓練を受け、を使いこなすなど非凡な才能を見せ、やの性能を発揮していく。 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア中編』149ページ• 小説およびOVA『』にも登場しており、ラー・カイラムの副艦長を続けている様子が描かれている。 種族別ぷに一覧• 、221頁。

Next

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアの登場人物

愛してくれると言う約束を残したまま帰ってこないアムロの冷たさに涙を止められずにいた(アムロはシャアと戦闘中であった)。 『』誌 [ ]より。 地球生まれの地球育ちだが、誰もがニュータイプになれれば人は分かり合えるという考えを持ち 、かつて不和を抱える家からをして のクリスティーナという女性のもとでニュータイプになるための修行をしていた経験を持つ。 の際のコロニー潰しによりサイド4の両親を失いそれっきり外宇宙 アウト・オービト 暮らしだった。 ギュネイの強化の程度を懸念している。

Next