浄土真宗 仏壇。 浄土真宗本願寺派と真宗大谷派の仏壇を解説!飾り方と価格

浄土真宗本願寺派(西)のお仏壇の祀り方/仏具の選び方・並べ方

しかし、永代供養墓には個別墓と合祀墓があり、後者は他人のご遺骨と一緒に1つのお墓にまとめて埋葬します。 周りの方やお寺などとご相談の上、お決めいただければと思います。 まとめ いかがでしたか? 浄土真宗の金仏壇は極楽浄土を表すものです。 金仏壇とは、檜・松・欅・杉などの白木に漆を塗り、金箔を施されたものです。 日本で最大の規模を誇る仏教宗旨です。

Next

浄土真宗本願寺派(西本願寺)仏具の飾り方 日常編

特に唐木仏壇の場合、上述した「仏壇の価格を決める要素」が深く関わってきます。 何よりお寺様の都合をお聞きし2,3候補日を考えてから相談するとスムーズです。 宮殿は二重瓦屋根で、高欄(こうらん)は朱塗りとなっており、擬宝珠(ぎぼし)は金箔、外柱の飾りは金箔と黒漆塗りと豪華絢爛な造りです。 そもそも日本の仏教は、 出家主義から始まる古代仏教と、儒教の思想に基づく先祖祭祀が混在しています。 まとめ ここまで、浄土真宗とは、お西とお東の違い、浄土真宗で使う仏壇、仏具の特徴や費用、他の宗派が使う仏壇などについてみてきました。 浄土真宗といえば、金仏壇を思い浮かべる方も多いでしょう。

Next

お仏壇の本尊や位牌への魂入れは「開眼供養」とも言い特に浄土真宗では作法が違います

粗大ゴミとしてだす• 御仏壇の中で最も精巧に作られています。 〇月〇日 本日 の法要宜しくお願い致します。 ご本尊様を仏像にし、脇侍を掛け軸にする際には、掛け軸がご本尊様よりも高くならないようにご注意ください。 三具足は左から花立、香炉、燭台の順に配します。 その家系の人々の名前(法名でなく普通の俗名)• なるべく早めに手次寺や仏壇店に相談し、依頼を行うことをおすすめします。 聖人や蓮如上人の御影は、お仏壇の外の両側にお掛けするのがよいでしょう。

Next

浄土真宗の仏壇は位牌を置かない?処分方法や過去帳の使い方は?|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

そのようなものは、玄関や柱にもはらないようにします。 命日の前よりも後のほうがゆったりと故人を偲ぶことができるならその日にしましょう。 以降は、本願寺派(西本願寺)をお西、真宗大谷派(東本願寺)をお東と、正式名ではなく、通称名で呼びようにします。 遅くしたからといって迷ったり怒ったりバチを当てるような先祖はあるはずもありません。 しかし、 現代では自分の宗教を自分で選択出来る自由があるので、無宗教であっても問題ありません。

Next

法名軸とは?過去帳の置き方や浄土真宗に位牌がない理由を紹介

そのため、そこから先の作業は完全に「普通の粗大ごみを出すのと同じ」になるのです。 お焚きあげ(お寺で焼却)できる地域のお寺だったら引き受けてくれるかもしれませんが、今は環境への配慮から お寺でお焚きあげでき ないところも多くなっています。 浄土真宗では金仏壇を使うのが一般的です 浄土真宗のお仏壇として、まず金仏壇を真っ先に思い浮かべる方は多いでしょう。 宮殿は一重破風(ひとえはふ)屋根で、外柱全体が金箔で覆われているのが特徴です。 両脇の掛軸が名号 人物ではなくて文字 の場合はそこにはお供えせず、御本尊の前だけでけっこうです。 三角内敷(うちしき) 法事などでは三角形の「内敷」と呼ばれる敷きものを飾り、仏壇を華やかにします。 また、戒名ではなく法名をもらうことで帰依するなど他の宗派とは大きく異なる点がいくつかあります。

Next

浄土真宗本願寺派(西)のお仏壇の祀り方/仏具の選び方・並べ方

浄土真宗でも唐木仏壇やモダン仏壇をお使いになれます 浄土真宗としてはやはり金仏壇を基本としているのですが、最近は唐木仏壇やモダン仏壇(家具調仏壇)を使われる方が増えています。 必ず精進料理じゃないとダメというわけではありませんが、慶事で出されるような鯛やエビなどは避ける傾向にあります。 こちらのページで紹介している内容は基本的なお祀り方法です。 上置き仏壇とは異なり、ある程度のスペースが必要となります。 人間にも慈悲の心はあります。 念珠を手に持ちます。

Next

浄土真宗の仏壇の処分方法と流れを僧侶が徹底解説。魂抜きやお性根抜きはどうするの?

もし、自分の家がどちらなのかよくわからないときは、付き合いがあるお寺の僧侶に相談をして、確認してから仏壇店にいくようにしてくださいね。 蓮如上人は、 誰の人も、はやく後生の一大事を心にかけて、 阿弥陀仏を深くたのみまいらすべきものなり。 1%の比率となっています。 また、ご先祖様の位牌が既にある場合、ご先祖様のお位牌よりも小さくなるようにしましょう。 飲食店に行かずに仕出しのお弁当を取りおうちで会食することもあります。

Next