スバル xv リコール。 スバルXVにはこんな不具合やリコールが!?その対応方法とは?

インプレッサに不具合?リコールにアイドリングストップやエアバッグ

しかし冬場に雪道や凍結する可能性が高い道路には凍結防止剤がまかれています。 ブレーキホースについては、ブレーキ圧に対する耐久性評価が不十分なため、ホース接続金具加締め部のシール性が不足しているものがある。 なお、最大トルクの数値は196N・m(20.。 もちろん、 リコールが出ていない車種でも変な音や臭いとか、なんかいつもと違う感じがあったらディーラーに持っていかないとダメですよ。 既存グレードの改良内容として、アイサイトには「後退時自動ブレーキシステム」を採用(「1. そのため、接続部の破損により燃焼室にエンジンオイルが浸入し燃焼、マフラーから多量の白煙が発生して、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

Next

スバル、エンジンのバルブスプリング不具合でのリコールがヤバい4つの理由

ボディカラーは「ダークグレー・メタリック」を「マグネタイトグレー・メタリック」に入れ替えた。 燃料電池は完全にその罠にハマって 自滅してしまいましたし、 エンジンも同じ文脈で敬遠されつつあります。 口コミを詳細に確認しましたが、 この苦情は新型の発売間もない頃に多く、最近では見かけませんでした。 リコールの対象になっているXVは以下の通りですので、ご自身のXVが該当しているか確認しておきましょう。 しかし冬場に雪道や凍結する可能性が高い道路には凍結防止剤がまかれています。

Next

[mixi]故障・トラブル・修理・リコール総合トピ

残り2件については電気装置系と保安灯火とがそれぞれ1件となります。 新型フィットの販売まで待てるのであれば、2月まで待ちです。 subaru. リコールの対象になっているXVは以下の通りですので、ご自身のXVが該当しているか確認しておきましょう。 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大10社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。 11月のリコール情報 11月1日に発表された情報によると、 内部の設計にミスがあったようです。

Next

スバル インプレッサ/XV、28万台をリコール 走行中エンジン停止のおそれも

5iと2. リコールの内容によっては、車検を更新できない可能性がある リコールのお知らせが来たら、 す ぐ にスバルに持っていけば、不具合をちゃんと直してくれるので安心して使っていけますね。 同時に、画像・主な仕様を公表。 リコールの内容によっては、車検を更新できない可能性がある リコールのお知らせが来たら、 す ぐ にスバルに持っていけば、不具合をちゃんと直してくれるので安心して使っていけますね。 対象となるのは、2016年10月3日から2018年5月29日に製造された8万3227台。 中古車を購入したときは、最寄りのディーラーで過去のリコール情報を調べてもらい、未実施のものがあれば対応してもらって、今後の連絡先を伝えるのが良いかもしれません。 そろそろディーゼル廃止にして息の根止めようぜ」みたいなことが起こり得るのです。

Next

トヨタのライズ、スバルのXV、2月に発売されると言われてるホンダの新型フィッ...

販売価格は各販売店が独自に決めていますので、それぞれにお問い合わせください。 フロントセンタートレイにはUSB電源を2基備えたほか、タッチ操作可能のセンターディスプレイを搭載したSDカーナビゲーションをオプション設定した。 対象になるインプレッサは4万7千台で、スバルは対象車に対して、 無償でスプリングの交換をしてくれるみたいです。 日本国内では先代同様、ニュースリリース等では「インプレッサXV」を名乗るが、カタログ等では「インプレッサ」の表記を使わず、単に「スバル・XV」を名乗る。 また、リコールの時はテレビや新聞、インターネットニュースなどで告知されるとともに、メーカーのホームページで対象車種などが掲載されるので、上記のような場合は、日頃からニュースをよく見て、リコールとか改善対策という言葉に気を付けるようにしましょう。 0L 水平対向4気筒 デュアルAVCS 駆動方式 MA1型 3相交流同期 (XV HYBRIDのみ) (リニアトロニック) 前: 後: 全長 4,450mm 全幅 1,780mm 全高 1,550mm 2,640mm 車両重量 1,380 - 1,390kg(XV) 1,500 - 1,510kg(XV HYBRID) 先代 スバル・インプレッサXV 2012年9月25日、販売終了から約7か月間のブランクを経てフルモデルチェンジ(10月5日販売開始)。 2018年9月11日 2018年10月に発表予定の改良モデルにe-BOXER搭載グレード「Advance」を追加する、と発表。

Next

スバル 新たな不正 リコール内容と5万円キャッシュバックについて

ガソリン車は17インチアルミホイールも新デザインに変更。 エンジンオイルの交換時期は3,000~5,000km走行ごとに1回、または6ヶ月以内に1回といわれますが、それはあくまでも目安ですので、定期的にエンジンオイルの状態は自分でも確認しなければいけません。 引用: 自動車は様々な部品を組み立てて塗装をして出荷されますが、出荷の前にはちゃんと安全に走れるのか細かく検査されます。 ダイハツ工業は、「ムーヴ」「タント」など157万5379台をリコール。 なお、ハイブリッドモデルの「スバルXV HYBRID」は、2代目への移行で一旦廃止されていたが、2018年10月の改良時に、e-BOXER搭載グレード「Advance」として復活した。

Next