八幡 ss アンチ葉山。 雪乃「お願い…んっ出して!?」 平塚「はぁはぁ…八幡…私にも…」【俺ガイルss/アニメss】

[B!] 【鬱・NTR注意】葉山「比企谷を奉仕部から追い出せた」 : あやめ速報

」 「すみませんでした。 「なぁ。 報告書にも書いた通り海老名さんに告白をしたいが絶対に成功させて欲しいのでバックアップして欲しいとの依頼でした。 ストレートはかなり速い。 服部でさえも。 姫菜達が待ってるし」 「うん、じゃあまた明日。

Next

八幡「は?浮気?してねぇよ…」

57 ID:lQDWVvW2o 三日後 昼休み 雪乃「戸塚くんが腕を捻ったようだから保健室に行ってくるわ。 特に俺の責任にするだろうな。 由比ヶ浜にしろ葉山にしろ本当に告白を絶対に成功させるのは可能なのか?可能だとすればどうすれば可能となるのか?由比ヶ浜は答えて貰いたい。 なんでいきなりこんな話をしてるかって? なんか政府が、1人の男につき複数人の女性と結婚していいって案を可決したからだよ。 ただ由比ヶ浜は基本聞き手だからな。

Next

SSまとめ : 八幡「俺に明日試合の助っ人に来いと?」葉山「ああ」

お前が持ってくる相談事なんてろくな事が無い。 今日は面白いことがあったんだ!」 小町「なに? また人間を使ってゲームでもしたの?」 八幡「違う。 ただ傷ついて苦しんでる姿を見るのは楽しいです」 雪乃「あなた、クズね……」 八幡「初対面でクズ呼ばわりとは酷いだろ。 それに隼人がいないと不穏な空気で話掛けづらくて……』 八幡『なるほどな』 大和『それに職場見学のグループ分けもあっていつもよりギスギスしてるし……』 八幡『お前、見かけによらずメンタル弱いな』 大和『うっ』 八幡『てか何で俺に相談を?』 大和『比企谷って戸部と仲良いじゃないか。 」 「分かりました。

Next

葉山隼人は比企谷八幡に告げる

……料理に挑戦するとしたら家族、もしくは友達を頼るのが妥当だろ」 雪乃「あの子も実は友達がいないということかしら?」 八幡「あの子もって……。 巨乳が好きなんだ……。 しゃあない。 …でも、それにしては空気がおかしくない? 「…2回?私はいつ2回目に騙されたというの?」 「は…陽乃さん…とりあえずその辺にしておかないかい?」 「え?なんで隼人が焦っているの?全部許してもらえたって言ってなかった?」 「そ…それは…っ。 だから、美しい涙というものはフィクションだと思っていた。 部屋には、放心した1人の男と、八幡の名前を呼びながら泣き崩れる2人の女子がいた。 俺はそういうのが面倒でぼっちの道を選んだんだ」 雪ノ下「どうしてかしら、どう考えても社会不適合者の台詞なのに凄く胸に響く言葉だわ……」 95: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

Next

SSまとめ : 八幡「俺に明日試合の助っ人に来いと?」葉山「ああ」

」 八幡「まあ、依頼人がそう言ってるしなー。 」 「…ぐっ……!」 「ま、今となってはもうどうでもいいけどな。 よろしくね」 桜「わぁ、二人とも美人さんだね~、ね?」 八幡「俺に振るなよ.. 由比ヶ浜「あやちゃん、またね~」 桜「う、うん。 」 陽乃さんと海老名さんがそれぞれ肯定してくれた。 例えば優秀な姉にコンプレックスを持っているとかな」 雪乃「……っ!?」 八幡「これもあくまで推測だ。 。 えっと、恩人の人にお礼に手作りクッキーを作りたいんだけど……」 雪乃「なるほど。

Next

【俺ガイル】八幡「葉山がウザい」|エレファント速報:SSまとめブログ

二球目もど真ん中の直球、これを服部は見逃す。 このクラスの女子が全員腐るのはもはや時間の問題だなあ…• 勿論だとも絶対に出来る筈さ。 あの留学生、イケメンで運動できて勉強まで出来るとか、もう俺が勝てるところねえじゃねえか。 side out [newpage] 陽乃side 総武高校の卒業式の日。 サボった実行委員は謹慎処分になった。 由比ヶ浜さんを退部勧告が妥当の処分だと思います。 それで比企谷くんはテニス部の帰りかしら?」 八幡「まあな、今日はちょっと早めに終わらせて友達と買い物行ってきた帰りだ」 雪ノ下「友達……ね。

Next

八幡「は?浮気?してねぇよ…」

で、大丈夫なのか?」 八幡「ああ。 1度は言ってみたかったセリフだな。 比企谷君。 それと俺を轢いた車に乗っていた女子もだ」 小町「へえ、車に同級生も乗ってたんだ。 」 「…姉さん。

Next

八幡「は?浮気?してねぇよ…」

面倒くさくてな」 雪乃「はぁ。 」 「2については俺から説明する。 …ところで、比企谷君もらっていい?」 「言いたい事は言ったので大丈夫ですよ。 おはよう。 」 「ああ。 一度も挑戦していないのにいきなり人の手を借りるというのは甘えすぎだろ」 雪乃「……そうね。 」 「……どうでもいいって…どういうこと…かしら…?」 「それはね…「すみません、待ちましたか?陽乃さん。

Next