トール ケーニヒ。 トール

【174】トール・ケーニヒ

このかつらの他にもウなどの名だたる宝を作ったドグ・ァルディの子らの名は広く知れ渡る。 アサギ、マユラと共にM1が実戦配備される前からテストパイロットを務めていた。 2017-09-18• 詳細は「」を参照 フレドリック・アデス [ ] Fredric Ades 声 - ザフトのクルーゼ隊に所属する黒服(副官級)で、同隊の母艦・ナスカ級DDMH(高速戦闘艦) の艦長を務める。 Scramble Commanderシリーズ [ ] 単独作品 [ ] 味方母艦として登場。 フラッシュ効果は、アークエンジェルから発進し、ストライクを換装させる一連のシーケンスを、召喚時/破壊時効果は、上述のストライクを援護する描写を再現している。 アニメ本篇では第30話から登場。

Next

機動戦士ガンダムSEEDの登場人物

ボズマン隊 [ ] ストライクとイージスが共倒れた直後の第31話で、アークエンジェルを追撃するため現地に急行したAMF-101ディン2機のパイロット達が所属していた隊(および隊長の名前 )。 シーゲル・クラインとほぼ同義の台詞「命は生まれ出ずるもの」「作り出すものではない」を述べ、コーディネイター研究に没頭する夫を激しく非難した。 ロミナ・アマルフィ [ ] 声 - ユーリの妻でありニコルの母。 ラクスによるフリーダム強奪事件 の際には、状況証拠から政敵の謀略と断定したパトリックの指示によりされ、逃亡したが間もなくザラ派の特殊部隊に潜伏先を発見されたことで一斉射撃を受けて殺害された。 『SEED DESTINY』には登場していない。

Next

トール・ケーニヒ

なお、この事実が世間に露見するとプラント・地球連合両陣営による熾烈な争奪戦が起こることが容易に予想されるため、ロウ達自身の身の安全を確保する意味でも厳重に秘匿されており、ジャンク屋チーム以外には全く知られていない。 なお、終盤にロウ・ギュールと再会する話が描かれる予定だったが、ジュリが本篇で戦死してしまったため描かれることはなかった。 種サーチトップページ• にかつて存在していたには、トール、、の3神の像があり、トールの像は最も大きく、真ん中に置かれていたとされている。 陽電子破城砲「ローエングリン」 両艦首に1門ずつ装備されている陽電子砲。 「紅海の鯱(シャチ)」の異名を持つ。 評議会の中では穏健派に属しており、ヤヌアリウス市長も務める。

Next

トール・ケーニヒ

達の2期先輩にあたるクルーゼ隊緑服ザフト兵の一人。 詳細は「」を参照 ウズミ・ナラ・アスハ [ ] Uzumi Narah Athha 声 - オーブ連合首長国前代表首長及び五大氏族アスハ首長家当主で、カガリの養父。 明けの砂漠 [ ] サイーブ・アシュマン [ ] 声 - 『SEED』『SEED DESTINY』(FINAL PLUS)などに登場する、北アフリカのレジスタンス「」のリーダー。 第5章においてトールは、ログ湖(現在の・)のほとりの ()にあるをから与えられた。 その後、マリュー・ラミアスとアンドリュー・バルトフェルドが暮らしていたアスハ家別邸に移ったが、今度はラクスを狙った暗殺者の夜襲を受ける。 しかし、激情家であるトールはロキの悪戯に対して真っ先に怒りを見せることも多く、『スノッリのエッダ』第二部『』の伝えるところでは、トールの妻のの自慢の金髪をロキに切られて丸坊主にされた時、トールは怒りのままに彼を追い回した。

Next

機動戦士ガンダムSEEDの登場人物

【お勧め急上昇ガンダム動画!】 『機動戦士ガンダムNT』予告 【ガンダムW】ゼクス・マーキス。 その他、理工学の分野でも若くして様々な業績を挙げ、世界中から万能の天才として注目される。 ピンクちゃんは、鍵がかかっている扉をすぐ開けてしまう。 前者は 『SEED』 時、後者は 『SEED DESTINY』 時の配役。 2019-06-13• オーブ連合首長国近海における初陣ではストライクガンダムを援護し、ブリッツガンダムを牽制するなどして活躍した。

Next

【ガンダムseed】トール・ケーニヒ。SEEDで最も悲惨な末路!?しかし実は・・・【考察・まとめ・モビルスーツ】 【ガンダム解説】

ザフト用のソナーをアークエンジェルで使用可能に改造するなど電子工学のスペシャリストでもある。 ホテルス()と対決したトールはミョルニルで応戦するが、彼の持つ魔剣の前にミョルニルを柄から真っ二つにされる。 その混乱に乗じてアークエンジェルは逃走した。 停戦後は、再選の形で評議会議員に就任している。 さらにノルダルは、『ギュルヴィたぶらかし』でのアース神族は鍛冶屋の正体が巨人と判明したためトールを呼び、トールが巨人を殺害しているが、『巫女の予言』では神々は相手を巨人と知った上で約束を交わし、その上でトールが巨人を殺しただろうと推定している。 『詩語法』は続いてゲイルロズとその一族をトールが滅ぼした経過を語る。

Next