生き恥 黒死牟。 『鬼滅の刃』 176話 侍 感想 : 継国厳勝がなりたかったもの

『鬼滅の刃』第176話【お前になりたかった。】時を超えて伝わる心。

単行本20巻のカバー裏イラストでは、凧糸が絡まってしまった縁壱とそれを笑顔でとってやる巌勝という、子供の頃の2人の微笑ましい様子が描かれている。 勝は気が気でなかった。 無惨への崇拝に近い態度は、抑々鬼狩りに対し強い意欲を持っていなかったこと、痣の寿命や弟への感情から解放してくれたという感謝の気持ちから来ていると思われる。 攻撃範囲拡張 斬撃を衝撃波として飛ばすほか、剣の軌跡に付随する自立した三日月状の細かな斬撃を発生させる。 縁はが聞こえないのかいつまでたっても言葉を話さず、を見るといつも左にしが、一緒に遊んであげても少笑わないだった。

Next

《鬼滅の刃》ネタバレ176話感想考察!生き恥

注目されている記事 過去24H• 再生した瞬間,二人の柱の剣がかわされたことから判断して,もはやその剣が届くとも思えない。 本当になりたかったもの 縁壱 お前になりたかったのだ という言葉とともに崩れ落ちた瞬間,その「生き恥」を悔いて負けを認めることができた。 個としての無一郎・玄弥はもはや助からないかもしれない。 その問いかけに反応するように、時透の日輪刀が刺さっていたところから、体が崩れ落ち始めた。 子供のころから痣を発現させている縁壱は特別な才能を持っていたと考えられます。 再生した醜い姿 実弥は黒死牟が頭部を再生したことに驚きとともに、怒声をあげる。

Next

《鬼滅の刃》ネタバレ176話感想考察!生き恥

忽然と縁壱が姿を消したことで跡継ぎ問題は解決し、彼の中にある縁壱への憎悪や嫉妬は一旦は治まった様に見え、十数年ほど緩やかな時間が流れる中で妻を娶り、子供を設けている。 青年期以降 縁は寺にはついておらず、消息がつない期間が続き、縁は死んだことになった。 醜く歪んだいくつもの触手。 そんな運命に抗うために鬼となる選択をしたものの,いつしか「この国で一番強い侍」から 抜け落ちてしまったもの。 しかし、そうまでして勝利を求める己の姿を、目の当たりにした黒死牟は、その執着に疑問を抱きます。

Next

【鬼滅の刃】176話ネタバレと感想!ついに訪れる黒死牟の死!!

無惨は呼吸の剣士に興味を持ち、痣により寿命がわずかとなったに「鬼になればいい」と声をかけた。 以バレを含みます。 (生き恥) 自分は何のための何百年も生きてきたのか、と、黒死牟は、不死川と悲鳴嶋の攻撃を受け続けながら、考えます。 俺はこの国で二番目に強い侍(さむらい)になります。 こんな惨めな姿になってまで、死にたくなかったのかと、その全ての問いを否定する。

Next

【鬼滅の刃 178話感想】黒死牟の回想、ここまでくると可哀想に思えてきた・・・

格を落とさないまま、わずかに残された「人間性」を見せつけつつ退場、という、 「敵」として理想的な引き際になりました。 兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか? 俺も兄上のようになりたいです この国で2番目に強い侍になります 幼き日の姿を思い出していた。 その後の関係は不明だが獪岳を鬼にしたのは、何か思うところがあったと推察される。 ただし、黒死牟の一部を食べ、鬼化という特別な状態であるのは間違いないので、 ほんの少しだけ生存の可能性があるかもしれません。 しかしその後、縁は二度勝の前に現れた。 『神緒ゆいは髪を結い』椎橋 寛• また十二鬼月の中でも元から武人肌で貪欲に強さを求め続け「参」まで昇ってきた猗窩座には同じ武人としてそれなりに期待もしていたようで、「 俺は必ずお前を殺す」と宣言してきた猗窩座に対しても、反感や不快の意を向けるでもなく淡々と「 そうか… 励む…ことだ…」と応じ、無限城決戦で彼が&炭治郎組に敗死した事を知った際は「 私に… 勝つのでは… なかったか…」と落胆の言葉を零していた。 ある日の事。

Next

【鬼滅の刃177話】上弦の壱、黒死牟の過去。嫉妬に狂う縁壱との関係は?

「もう敗北できない」という強い意志の下,黒死牟さんはついに頸の切断からの死を克服する。 縁壱が剣技の才能に優れていることが周囲に知られ、継国家の跡継ぎは弟に、寺にやられるのは巌勝になるのではと考えられたが母の死後、縁壱は忌み子の自分と兄の処遇を考え、独り出奔する。 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 「お前が笑うとき気味が悪くて仕方がなかった」 かつて後継がいないと話した時も、楽観的になり突然に笑い出した縁壱。 こんなことのために長く生きてきたのか、負けたくなかったのか、強くなりたかったのかと。 憤怒で猛り狂う意識の果てに、全身から刃と斬撃を突き出すというこれまでの剣士としての矜持を捨てるかのような雑把な反撃で玄弥、無一郎の身体を切り裂くも、それをも躱した悲鳴嶼達によって遂にその頚を刎ね落とされる。 これを見た行冥と実弥は、ここぞとばかりに攻撃の手を止めずに畳み掛ける。

Next

《鬼滅の刃》ネタバレ176話感想考察!生き恥

妻子との生活は退屈だが穏やかなものだったという。 そしてそのまま技を喰らう。 黒死牟の思考は現在に戻る。 しかし、次の一が来ることはなかった。 週刊少年ジャンプ連載中の漫画一覧• 人一倍,弟・玄弥の人として幸せを願っていた実弥です。

Next