スイミー 読書感想文。 読書感想文例「スイミー」を読んで(小学生低学年)

読書感想文/小学1年生におすすめの本10選!選び方・書き方も紹介

みんなで意見を言い合って答えを見つけていくところなんだから、まちがっても全然はずかしくないんだよ」と教えてあげたいです。 ある日、兄弟たちと泳いでいると大きな マグロが スイミーたちを襲いました。 極めて頭の悪い頭取です。 クラスに転校生がくる子や、毎年のように転校生がくるような地域の子にもおすすめ。 原稿用紙に清書! さあ、いよいよラストです!! あとは、下書きを見ながら原稿用紙に書くだけです。 *読書感想文に書くなら? レジ袋がなぜ有料になるのか。 「わ~、これ面白いね」• そんなことを思いあぐねているうちに、考えても仕方がないから、こんなんでいいかなと、ヤッツケで書いてしまったりする。

Next

読書感想文/小学1年生におすすめの本10選!選び方・書き方も紹介

ぼくも学校では目のような存在だけれど、それでも上級生をやっつけることなんて出来ないし、人生スイミーみたいにうまくいくわけがない。 また、「そらいろのたね」は、有名な絵本である「 ぐりとぐら」を書いた、中川李枝子さんと大村百合子さんの絵本です。 日本はどうしても「空気を読む」「周りに合わせる」といった風潮が強いので、(そして周りに合わせようと努力すること自体は、決して悪いものではないと思うので)、こうしたストーリーは良い意味でのカルチャーショックで、 日本と外国の考え方の違いを強く印象づけられました。 市長賞• スイミーは、小さな赤い魚のむれの中で生活している、ただ一ぴきの黒い魚だ。 薦めてあげる 親御さんが協力する事ですよね。

Next

読書感想文コンクール(平成30年度)|八王子市図書館

季節のごちそうとして食べられているハチ。 感じたことを拾い集める・メモを取る 感想文なので、本を読んでどんなふうに感じたかを書く必要があります。 だから私は3年生になってから授業中に手をあげた事は1度もありません。 『スイミー』は大人になっても楽しめる絵本です。 内田康夫、推理作家の作品に「砂迷宮」があります。 赤い 魚たちの中で スイミーは目になって、みんなで力を合わせて 大きな魚を追い払いました。 (私は、よくなってました) Sponsored Link 【小学校低学年】読書感想文の書き方 まとめ 小学校低学年の読書感想文の書き方について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?ここで、もう一度ポイントをまとめておきたいと思います。

Next

スイミー

そして、同じように「まちがうのがこわくて手をあげれない」という友達には「教室はまちがうところなんだよ。 殆どのお子さんは英語や世界史を学ぶより先に絵本に親しむので、絵本に親しむことで海外ならでは発想に自然についていくことが出来るのは、正直羨ましい限りです。 それといっしょですよ。 【本のテーマを確認】 次に「この本で1番大切だと言っているのはどこかな?どんな事が大事なのかな?」と問いかけて、「本のテーマ」を確認し、ノートにメモさせます。 話が短い 読書して感じたことをメモ(質問して引きだしてあげる)• わたしにも他の友だちとちがうところがあるけれど、ちがうということはダメなことではないのだと、この本のおかげで気づくことができた。 といった感じです。 私も簡潔にするのは下手くそですが、簡潔にするなら『スイミーという魚が仲間たちと大きな魚をやっつけるお話しです。

Next

小学生(低学年)の読書感想文におすすめの本14選 | トレンドインフォメーション

最初は 「スイミーすっげえ!」 というひとことの感想だったのですが、 「すっげえところはどこ?どんな場面?どうして?」 と何度も話し合ってるうちに ・泳ぎが速いこと ・頭がよくてみんなを助けられたこと に絞り込みました。 読書感想文の練習のために、高学年の男の子にスイミーを読んでもらいました。 スイミーが1人になって見つけた素晴らしいもの 仲間がマグロに食べられてしまって、ひとりぼっちになってしまったスイミー。 異文化についても学べます。 なぜこの本をぼくが選んだかというと、ぼくは海とお魚がだいすきだからです。 Monthly Post 月別の記事• 他の赤いお魚たちが食べられてしまったときはとても悲しかっただろうなと思います。

Next

読書感想文/小学1年生におすすめの本10選!選び方・書き方も紹介

一ぴき一ぴきの赤 あか いさかなたちの考 かんが えや思 おも いというものを、生 い かすことができるだろうか。 授業中に手をあげて答えが正解だったら良いのですが、もし間違った答えを言ってしまったらとても恥ずかしいからです。 スイミーは自分がほかの魚とちがうことをダメだと考えていない。 自分なら神さまにどんなお願いをしたいか、 辛いことに直面したときどう乗り越えていくのかを考えてみるといいかもしれませんね。 書名:がっこうだって どきどきしてる• 本を読みましょう! できたら、声を出して2~3回読むと、内容が入ってきて理解度も深まります。 スイミーは赤い魚の兄弟達と一緒に楽しく暮らしていましたが、ある日おなかをすかせた大きな魚がやってきて、兄弟たちは1匹残らず食べられてしまいました。

Next