かんぽ生命 記者会見。 最悪だった会見はかんぽ生命の不適切販売 2019年の注目された不祥事会見おさらい(石川慶子)

詐欺そのものの悪質手口を黙認する組織体質~かんぽ・日本郵便、業務停止命令へ

今回の事案を教訓に、改めてお客さま本位の販売体制を構築してまいりたいと考えております。 先ほど申し上げましたように、まだクッションがあります。 世間を納得させる為、イザというときに責任を取る為に高い報酬を受け取っている事を思い出してほしいと感じる会見でした。 その他リターンは高いのですが、商品としては流動性が少ない、俗に言うオルタナティブインベストメントも3年前にスタートしました。 これは全く100%不適正と言い得るのかという趣意で申し上げています。 これら貴重なご意見、ご質問等を謙虚に受けとめ、お客さまの利便性向上、株主の皆さまへの利益還元に十分配慮しつつ、私どもの企業価値向上に努めてまいる旨、私からも申し上げた次第です。

Next

かんぽ不正、調査範囲を拡大へ 増田新社長が改善案 [かんぽ不正]:朝日新聞デジタル

当局ともお話をしています。 2018年に発覚したスルガ銀行のシェアハウスローン融資問題についての第三者委員会報告書では、経営陣の責任を厳しく明記していました。 5兆円程度に持っていくという内容を発表いたしました。 【社長】 不適切の定義によりますけれども、これから後のかんぽ生命からの説明にあるように、しっかりお客さまのサインをいただいている案件ばかりです。 この時、記者会見場を立ち去る際に社長が発した言葉は「私は寝ていないんだ」。

Next

【かんぽ生命 記者会見】かんぽ不適切販売問題で記者会見

株主さまからは、当社グループを応援する声をいただく一方、低迷する株価や配当、成長戦略やデジタル化、IT化等、ご質問を広く、多数頂戴したところです。 それをもって、適正だったというでしょうか。 経営責任についても「最終報告書が出た段階で明らかにする」と模範的な回答。 【記者】 社長は、かんぽ生命のいわゆる契約乗換の件について、どのように報告を受け、どういうご認識でいらっしゃるのか、伺えませんでしょうか。 かんぽ生命によると、不適切な契約は9万件。 一時、CLOに関する報道がありましたけれども、私どもの200兆円を超える資産の中で、CLO保有額は1兆円強です。

Next

かんぽ不正販売の戦犯、日本郵政3社社長に謝罪の意思なし…不正認識しつつ株売却の疑惑

日本郵政グループ内のガバナンス体制への懸念が強まった。 いまおっしゃられたように、高齢者が狙われているというのは、典型的なやり口なのだと思います。 それに対して長門社長は、「最初に調査委員会から2時間説明した。 役務取引等利益は、昨年度初めて1,000億円を超えましたので、少し資金利益等のウェイトが落ちました。 声のスピードやトーンに誠実さが表れていました。 本当に承認を両方とっているのか等の精査をしました。 それと比較するとあまりにも見劣りがします。

Next

最悪だった会見はかんぽ生命の不適切販売 2019年の注目された不祥事会見おさらい(石川慶子)

ゆうちょ銀行、かんぽ生命をめぐる外部環境上の問題点としては、日本の低金利が非常に長く継続していることが挙げられると思っています。 「回答になっていない!」と言われてもそれを無視するかのような態度に不快感を持った人は多いのではないでしょうか。 記者の質問が集中した長門氏の進退や、焦点となっているかんぽ商品の営業再開時期について長門氏ら経営陣は明言を避け続けた。 だが、政府が保有する日本郵政株の売却時期は「時間軸は話せない。 森田)来年(2020年)3月を目処に、追加の報告書も提出するということですが、1万2800件以上の違反疑いのうち、顧客に嘘の説明をするといった法令違反が48件、家族を同席させずに高齢者と契約するといった社内規定違反が622件あったということです。 6月24日、親会社・ 日本郵政の定例記者会見で長門正貢社長は「顧客からしっかりサインを頂いている。

Next

【かんぽ生命 記者会見】かんぽ不適切販売問題で記者会見

【記者】 ゆうちょ銀行の外国証券運用について改めてお伺いします。 関係資料の精査の他、3社の役職員や募集人および経験者を対象としたヒアリング調査や、募集人・支社長などへのアンケート調査、専用の情報提供窓口を利用した情報提供者からの情報、デジタル・フォレンジック調査が行われた。 【社長】 ゆうちょ銀行の報道について申し上げます。 令和元年と刻印されている新しい時代の記念になるはがきは、現在のところ、これだけになります。 不適切販売の発覚などで1800円程度まで下がっており、多くの投資家に影響が出たとみられる。

Next

「かんぽ生命保険」のニュース一覧: 日本経済新聞

声のスピードやトーンに誠実さが表れていました。 これで私が思い出したのは、2000年に関西地域の子供たち1万人以上が集団食中毒になった記者会見。 その株価が大きく落ちてきています。 かんぽ生命では「違反疑い事案」に関与した募集人4213人について募集人調査を行い、法令違反ないし社内規則違反の有無を判定した結果、12月15日現在で法令違反と認められた事案(不祥事件)が48件、社内規則違反と認められた事案が622件となった。 具体的改善策については、募集状況の可視化(録音録画)や新規契約の獲得に偏った手当・人事評価体系の見直しなどを挙げ、委員長で弁護士の伊藤鉄男氏は「改善策は郵政グループ各社で早急に具体化し、約3年間ですべてを完了させることをめどに実施する」と述べた。

Next