シャドバ 自然 ネクロ。 【シャドウバース】機械ネクロのローテーション最新デッキレシピ【シャドバ】

【シャドバ】ハデス冥府ネクロのローテーションデッキレシピ【シャドウバース】

アドバンテージを取りながら盤面を返すことができるので、2枚目以降のはこのカードのプレイまで温存しておきたいです。 も加えてライフプッシュをかける。 状況に応じてキープ カード 詳細 後手では進化フォロワーとしてキープしていきます。 ネクロマンスは使わない ネクロマンスを消費するカードは、の効果起動後にプレイすることで、PP回復するカードとして運用するのが基本だ。 アディショナル前は、ラストワード稼ぎと盤面の両立が難しい場面が多かった自然ネクロですが、新カードの追加でかなり強化されており、新環境で注目したいデッキタイプです。 生まれるは場持ちが良いので、と噛み合いが良いです。 4ターン目のプレイで盤面維持を狙っていきます。

Next

【シャドバ】自然ネクロで24連勝のデッキレシピ!アディショナルの新カードで大幅に強化された自然ネクロが強すぎる?!デッキコードあり!

2コストではフォロワーの枚数が多く取られており、や悪意の憑依の枚数が抑えられています。 勝率が最も高い• その他の構築 【】採用型 生成コスト デッキコード シャドウバース主要記事. ヘリオ3積み を使う理由を作ったカード。 804• ネクロマンス4の条件を満たせばどちらも起動することができるので、それを狙ってプレイします。 ナテラの大樹(ニュートラル、関連カード) ナテラの大樹(ニュートラル) ブロンズ アミュレット(自然) 1コスト 【ファンファーレ】自分の場に他のナテラの大樹があるなら、ランダムに1つを破壊する。 しかし、単体性能の低いカードではあるため、1枚減らして憑依、母なる君、カムラなどに代えてもいいかもしれない。

Next

【シャドバ】ハデス冥府ネクロのローテーションデッキレシピ【シャドウバース】

ナテラを抱える プレイ後にを連打するため、を手札に温存しておきましょう。 ただ、コープスドッグはナテラ複数枚と合わせて使うべき場面がもちろんあることは留意しておく。 お前らのせいです。 進化する。 やなどで、ドローしながら墓場を増やしていこう。 最近はリーサル速度が遅いデッキが多く、1ターンでも早くトートの条件を満たせればそれだけで有利になる。

Next

【ゆっくり実況】ネクロ一筋が語る!「運命の神々新カード考察」【Shadowverse/シャドウバース/シャドバ】

プロリーグで採用率100% 使用されたリーダー 使用割合 使用数 勝利数 勝率 先攻勝率 後攻勝率 ウィッチ 30. 先攻ではリソースカードとしてキープします。 1139• アグロプランも取れますし、新レジェンドの「」によるリーサルプランも狙えるデッキタイプとなっています。 抜きの自然ネクロの場合でも自分は3枚積む。 ヘリオなどが消滅されるのは痛いが。 【ファンファーレ】ナテラの大樹1枚を手札に加える。 ガブリエルでリーサルを 終盤盤面にフォロワーが残った場合はの強化で畳みかけることができます。

Next

【シャドバ】ローテーションのデッキ相性早見表【5/27更新!】【シャドウバース】

【ファンファーレ】「破壊されたときラストワード能力を持っていた自分のカード」がこのバトル中に10枚以上なら、自分のリーダーは下記の能力を持つ。 以下、一般的な抜きの自然ネクロとの相違点に注目して書き出してみる🖋 3積み自然ネクロの強みと大局観 当たり前の話だが、ラストワードで3コストと1コストのカードが出ることにより、単純に盤面が強くなる。 消滅の無い相手にはフェイス進化していきたい。 攻めている時にしか強く使えないので、盤面を作って攻める側に回りやすくするとが噛んでいる。 0コストのを回収できるカードとしてキープします。 自然ネクロ(24連勝デッキ、ローテーション) <> 保宅氏がローテーション24連勝を達成した自然ネクロのデッキレシピです。 ナテラとルベルはできるだけトート後に使えるように温存しておく ルベル2枚目、ナテラ3枚目からはここで使っても良い。

Next

【シャドウバース】機械ネクロのローテーション最新デッキレシピ【シャドバ】

の起動を助け、起動後にはかなりのダメージを稼ぐことができます。 隠された財宝(ネクロマンサー、関連カード) 隠された財宝(ネクロマンサー) ブロンズ アミュレット 5コスト 自分のフォロワーが破壊されたとき、このアミュレットを破壊する。 【ラストワード】カードを1枚引く。 このデッキは、死の夢の少女や冥界の闘犬・オルトロスの採用がやや珍しいです。 終盤の立ち回り 全てのフォロワー、アミュレットにラストワードを付与 10枚以上ラストワード持ちを破壊させた後、をプレイしていきます。

Next