切手 購入 コンビニ。 切手の販売はコンビニでしてるの?各種類が買える意外な購入体験

切手の購入場所は郵便局やコンビニ以外にも多くある!土日でも切手が買えるところまとめ

先ほど、「コンビニで切手を買うときにクレジットカードや電子マネーを使うことができない」と書きましたが、ひとつだけ例外があります。 セブンイレブン• 「コンビニで扱うのは普通切手のみ」と覚えておきましょうね。 ではなぜ切手類のみ購入をすることができないのでしょうか?いくつか推測ができましたので、あげてみましょう。 そのため、販売店には切手類の買受金額に応じて手数料が支払われます。 レターパックやゆうパケットの販売を行っている店舗さんもあります。 駅構内のキオスク• セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンの店舗に実際に掲載されている、切手の販売に関する情報の掲載物をご紹介いたします。 と言うか、寧ろ、郵便局でキャッシュレスより、コンビニでキャッシュレスで切手が買える方が嬉しかったりしますけれどもね。

Next

コンビニにある切手の種類!ローソンだと更に…

nanacoを使って買う 切手をコンビニで買う場合、通常は現金払いだけですが、セブンイレブンではnanacoで支払いができます。 そのため、今後62円切手がコンビニで販売されるようになれば、62円切手の需要が多くなるでしょう。 nanacoは通常200円で1ポイントのポイント還元がありますが、切手の購入の金額分はポイント還元の対象外です。 nanacoはセブンイレブンのポイントカードも兼ねた電子マネーで セブンイレブン自身によって運営されています。 ローソン• 210円切手• 82円切手は82円払って買受けるのです。

Next

切手をコンビニで買うメリット・デメリットとは?お得な買い方も紹介します

そのため、今後62円切手がコンビニで販売されるようになれば、62円切手の需要が多くなるでしょう。 ・・・と、前振りが少し長くなってしまいましたが、そう。 なのでファミマ以外の店舗へ行く方にも、きっと参考になるはずですよ。 コンビニで切手を買うときのデメリットについても、3つご紹介します。 コンビニ内にポストがあるのは、基本的には郵便局の公式ホームページに紹介されている ローソン・ミニストップのみです。 ただし、手数料をもらうので損にはなりませんが、 それほど大きな収入になるわけでもありません。

Next

切手の購入場所は郵便局やコンビニ以外にも多くある!土日でも切手が買えるところまとめ

コンビニで切手買うときの注意 コンビニで切手を購入する際にはいくつか注意点があります。 なので切手の取り扱いがないと店員さんに言われても、カッとならずに「あ、まあ大変なんだな」と穏やか気持ちで対応していただけると完全にお店側の主張ですが助かります(笑) コンビニで買える切手の種類 コンビニで切手の取り扱いがあるということが分かったのですが、いざ切手を買うときに自分の必要な金額の切手が無かったらあまり意味がないですよね・・・ 切手の取り扱いのあるコンビニで販売のされている切手の種類はいったいどれくらいあるのでしょうか。 通勤途中や外出先で切手が必要になった時にも、電車を待っている間にすぐに購入できるので、便利ですよね。 コンビニ側からの視点での切手販売と、電子マネーの取り扱いについてをご説明します。 もはや、切手とか、別に郵便局じゃなくて、コンビニで買っちゃう人の方が多いのでは…と。

Next

コンビニでは「切手類」は電子マネーでは買えない?!

調べ nanacoのチャージをクレジットカードでおこなうことによって、通常クレジットカードで支払いできない切手をnanacoを経由して購入することでクレジットカードのポイントを獲得することができます。 でも実際には 「〒」マークのないコンビニもあったりしますね。 ただし、これらすべての額面の切手がいつでも取り扱われているとは限りません。 利用手数料を払ってでも、電子マネーを使えるようにしているのには理由があります。 金券ショップ 先ほどご紹介した「金券ショップ」では、切手が実際の額面よりも安く販売されています。 簡単な見分け方もありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。 「この大きさの封筒には、いくらの切手ですか?」はNGという事。

Next

切手をコンビニで買うメリット・デメリットとは?お得な買い方も紹介します

まとめ 結局、コンビニで取り扱っている 切手の種類も、郵便物の重さを測って もらえるのかについても、正確な答えを 出すのは難しいかと思います。 現地調査を行い、いくつかの店舗で実際に販売している種類を調べた結果の他、 目次• 切手はレジで店員さんに注文をする!という事を覚えておけば、あとは 切手をレジで購入するだけです。 ローソン・スリーエフ• ごく一般的な ハガキを送るのに必要な切手の額面は63円です。 例えば、『』では、市政情報コーナーで切手やはがきの取り扱いがあることをホームページで紹介していますよ。 コンビニでもし定形外の4kg以内の金額分切手が欲しいとなった場合は難しいかもしれません。 63円切手を買ってハガキに貼れば送ることができます。 ちなみに、切手がいくら売れても、あまり利益につながらないようですが、売れた金額に応じた販売手数料が、日本郵便から支払われる形になっているようです。

Next

コンビニでも切手は買える?切手をお得に購入する方法も紹介

窓口で必要な切手の額面を伝えればすぐに購入できます。 ではコンビニエンスストア店舗に入って店員さんに「切手はありますか?」と聞く以外に何か切手が売っている・売っていないの見分け方はあるのでしょうか。 いくつかコンビニを回ってみると、手に入るかもしれません。 そこでまずは、どこのコンビニで切手が販売されているのか、そして、コンビニでの切手の購入方法をしっかり確認していきましょう。 このように電子マネーを利用すればポイントが貯まりますね。

Next

切手の販売はコンビニでしてるの?各種類が買える意外な購入体験

コンビニで切手が買えるのならば 重さも測ってくれるかと思いきや、 こちらも取り扱い切手同様、 「店による」としか答えられません。 今回はこの記事で、切手が売っている・売っていないコンビニの見分け方やコンビニでの切手の取り扱い種類、購入方法をご紹介いたします。 なので事前に必要な切手が分かっている場合には やはり郵便局で切手を購入しておくのが良いと思います。 切手をまとめて シートで の購入も可能 コンビニで切手を購入する際、1枚からの販売をおこなっていますが まとめて複数枚切手を買うこともできます。 切手を買うときも便利に使えるコンビニですが、デメリットがないわけではありません。 敷地のすぐ前に設置されていることはあるので、 ポストの近くの店舗を利用すれば便利 現地調査や経験談を元に取り扱いの多そうな切手についてお話いしてきましたが、いかがでしたでしょうか。 楽天ペイを使っている人は、状況に応じてコンビニで切手を買うか、郵便局に行って買うかを決めましょう!. また、電子マネーというシステムの管理というコストが電子マネー会社には発生しています。

Next